館内にシネコンやショッピングゾーン!千葉「京成ホテルミラマーレ」

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

館内にシネコンやショッピングゾーン!千葉「京成ホテルミラマーレ」

館内にシネコンやショッピングゾーン!千葉「京成ホテルミラマーレ」

更新日:2017/03/23 12:39

水津 陽子のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

千葉市の「京成ホテルミラマーレ」は京成千葉中央駅に直結、館内にシネコンや45の専門店が入るショッピングゾーンがあり、毎週金・土日には1階のカフェレストランでロビーコンサートを開催するなど、カルチャーと融合した都市型ホテルとなっています。また「誰にでも優しいホテル」を合言葉に、施設・サービス両面で全館バリアフリーを心がけています。アクセスもよく東京ディズニーランドなどの観光やビジネスでも使えます。

駅直結!シネコンに充実のグルメ・ショッピングゾーン

写真:水津 陽子

地図を見る

「京成ホテルミラマーレ」の魅力はなんと言っても千葉市中心部にあり、千葉中央駅直結する利便性と同じ建物内に45の専門店などが入る複合商業施設「Mio(ミーオ)」があること。

カフェやレストランなどのグルメはもちろん、ファッションにヘルス&ビューティーなどのショップ、10の映画館が入るシネマコンプレックスなど、実に多彩な施設が入っています。

JR千葉駅にも徒歩8分と近く、羽田空港から京成千葉中央駅へはリムジンバスも多数運行されており、地方からの利用の場合もストレスがありません。

出張から家族旅行まで、用途に合わせて選べる客室!

写真:水津 陽子

地図を見る

京成ホテルミラマーレには14の客室タイプが用意されており、ビジネスでの利用に適したシンプルな客室から、2015年に登場した高層階(15階)のデラックスファミリールームなど実に14の客室タイプを備えています。

東京ディズニーランドなど千葉の観光レジャーを家族で楽しみたい方には、メインベッドが4台入った72平米のこの広めの客室や、シニアの方には和室の客室などもあります。ホテルの名の由来はイタリア語のMira(望む)とMare(海)を組み合わせた造語で、天候のよい日は高層階から東京湾を望むこともできます。

写真はシングルルームの客室です。広めのデスクはビジネスユースの方には嬉しいところ。ベッドはシモンズ社製のポケットコイルベッドを使用しています。

シングルルームでもバスルームは広めの造り

写真:水津 陽子

地図を見る

京成ホテルミラマーレのシングルルームの客室はシンプルな造りですが、バスルームはゆったりしているので足を伸ばすこともできます。

ホテルに3つのレストラン、トワイライトコンサートも人気

写真:水津 陽子

地図を見る

京成ホテルミラマーレ内には中華料理の「景山」のほか、2つのレストランがあります。こちらは朝食バイキング会場にもなる洋食レストラン「ディスカーロ」。

窓から光が差し込む明るい店内では朝は和洋食のバイキング、お昼には平日・休日それぞれのランチセットやウイークエンドランチバイキングが提供されます。

1階のカフェレストラン「ミレフォリア」では毎週金・土曜日の17時にトワイライトコンサートが開催されています。実はここはアマチュアのコンサート出演者も募集しています。吹き抜けの高い天井にグランドピアノが置かれた舞台で演奏や歌などを披露してみませんか。

※アマチュア出演者の募集に関してはホテルのホームページに応募の方法があります。記事末尾の【関連MEMO】にホテルのホームページリンクがありますのでご確認ください。

光が差し込むレストランで朝食バイキングを

写真:水津 陽子

地図を見る

京成ホテルミラマーレの朝食バイキングでは、オムレツや目玉焼きなどの卵料理をシェフがお好みの焼き加減で提供してくれるサービスもあります。

利便性抜群!観光・ビジネス両面で使えるホテル

「京成ホテルミラマーレ」はターミナル駅直結のホテルとあって利便性は抜群。館内や周辺には飲食店などのショップも充実。素泊まりでの利用でも朝夕の食事場所や買い物にも困りません。

また東京ディズニーランドなど、家族で楽しみたい観光目的の利用の際はファミリールームなど多彩な客室から選べます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/18−2017/02/19 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ