部屋風呂で温泉を満喫!台湾「ヴォランドウーライ」はカップルに最適の温泉宿

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

部屋風呂で温泉を満喫!台湾「ヴォランドウーライ」はカップルに最適の温泉宿

部屋風呂で温泉を満喫!台湾「ヴォランドウーライ」はカップルに最適の温泉宿

更新日:2017/03/14 14:17

岸本 よう子のプロフィール写真 岸本 よう子 編集者、翻訳家、PR

温泉大国である台湾には各地に温泉街があります。その中でも特に人気なのが、美しい川と山々の景色が楽しめる烏來(ウーライ)。数々の温泉宿が軒を連ねるウーライの中でも、一番おすすめしたい「ヴォランド ウーライ スプリング スパ アンド リゾート」を今回は紹介します。ゲストのことを考えつくされた素晴らしい温泉ホテルで、心と身体を思いっきり休めましょう。

ホテルに入った瞬間から極上のサービスがあなたのものに

写真:岸本 よう子

地図を見る

賑やかな温泉街から少し離れたところにある「ヴォランド ウーライ」。館内に足を踏み入れると、外の活気が嘘のように落ち着いた空間が広がります。館内の至る箇所ではほのかにアロマの香りが。
チェックインを済ませると川を見渡せるテラス席に案内されて、ウェルカムドリンク&スイーツを楽しむことが出来ます。

写真:岸本 よう子

地図を見る

ロビーにあるドラが本当に素敵。ホテルのコンセプトが「音楽とともに心身を開放する」とあるように、ホテルの至る所に楽器が展示され、私達も自由に触れることができます。また1日の間に何回も大太鼓や、小さなドラを使った音楽のパフォーマンスを鑑賞できるんです。

オシャレでロマンチックな部屋はまさにカップルにピッタリ

写真:岸本 よう子

地図を見る

天蓋つきのベッドはロマンティック度100点。大きな窓からは川と山の景色を楽しめます。ベッドから美しい風景をゆっくり眺め過ごす2人だけの時間。スペシャル感が満載です。

写真:岸本 よう子

地図を見る

写真は「グランドビュー ダブルルーム リバービュー」というお部屋。ベッドと窓との間にはソファーとテーブルが置いてあります。日中は窓から太陽の光が差し込み、とても明るいです。部屋に備え付けられている、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーをここでゆっくり楽しむのがオススメです。

調度品もあたたかい木材を使ったものが、バランス良く配置されていて、まるで自分の部屋かのように落ち着いて過ごせますよ。

写真:岸本 よう子

地図を見る

実は台湾の温泉ホテルの多くは、部屋のお風呂の蛇口から温泉が出てきます!大衆浴場がクローズした後でも自分の部屋でゆっくりとお風呂に入れるのがうれしいですよね。夜に入浴する際はぜひキャンドルサービスを利用しましょう。ろうそくの優しい灯りにつつまれて温泉に浸かれば、日頃の悩みや迷いも吹き飛んでしまいます。

絶景と美味の豪華なコラボレーション!

写真:岸本 よう子

地図を見る

写真はあいにくの雨で、川の水が少し濁っていますが、お天気が良いときはきれいな清流がレストランから見ることが出来ます。
川のすぐ側で食事をするのは、本当に気持ちいいですよ!

夕食は洋食か中華から選ぶことができます。チェックインの際にホテルのスタッフに伝えましょう。

写真:岸本 よう子

地図を見る

驚くのは、なんとこちらのお宿、夜食があるんです!消化に優しいお粥を中心にした中華風メニュー。温泉に入浴すると意外にお腹が空くもの。こんな細やかな気遣いが素晴らしいですね。

日本人には嬉しい珍しい裸で入れる大浴場!

写真:岸本 よう子

地図を見る

台湾の大衆浴場は一般的に水着着用が必須です。でも日本人の私達からすると水着を着たままでは、思う存分羽を伸ばすことが出来ませんよね?しかしこのホテルでは大浴場でもすっぽんぽんで入浴OK!

また川のすぐ側に作られた露天風呂も本当に気持ちがいいです。山と川の美しい風景を楽しみながら、ゆっくり体と心を休めましょう。

写真:岸本 よう子

地図を見る

入浴が終わったら、大浴場のすぐ外にあるレストルームでしっかり休憩しましょう。紅茶、薬草茶、コーヒーから自分の好きなに飲み物を取り、窓際のソファーでクールダウン。思わず寝てしまいそうになるくらいに快適な環境。ゲストのことを考え尽くされたおもてなしに感動ですね。

大人のカップルにピッタリ

「ヴォランド ウーライ」は12歳以下の子供は宿泊することが出来ません。だから館内はしっとりと大人の雰囲気。またホテルのロビーも宿泊客以外は利用できない構造になっているので、非日常の空間を心ゆくまで楽しむことができます。

また泉質もマイルドながら、湯上がり後も湯冷めすることなくポカポカ感が続きます。日本から離れて、海外で浸かる温泉は格別!疲れがいつも以上に溶けていきます。温泉好きのあなたなら一度は泊まって欲しい極上ホテルです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/06−2016/10/07 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ