マヤ文化にアート、グルメまで!メキシコ・サンクリストバルは素敵すぎる観光地

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

マヤ文化にアート、グルメまで!メキシコ・サンクリストバルは素敵すぎる観光地

マヤ文化にアート、グルメまで!メキシコ・サンクリストバルは素敵すぎる観光地

更新日:2017/03/14 12:29

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 トラベルライター

メキシコの「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」(以下、サンクリ)という町は、とっても華やかなところ。その暮らしぶりも独特で、趣のあるコロニアル建築が立ち並ぶなかに、マヤの末裔たちの民族色の強い文化で彩られています。でも日本ではあまり有名ではないですよね。そこで今回では、メキシコこの町の魅力をご紹介。メキシコ観光をする際には、ぜひとも予定にいただきたい、そんな町ですよ。

- PR -

「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」とは?

「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」とは?

写真:中川 康雄

地図を見る

メキシコの南部にあるこの「サンクリ」という町は、標高2100mのところにある、高地の山に囲まれた盆地に位置しています。町の名前の「サンクリストバル」とは、スペインからここにやってきたコロンブスのことなのだそう。その後、コンキスタドールの残忍な侵略行為に異議を唱えたスペイン人の司祭バルトロメ・デ・ラス・カサスの名前がそこにドッキングして出来た名前なのだとか。征服者と告発者の名前がドッキングしているなんて、なんだか不思議ですよね。

この地域には、数千年も前からマヤ族の人びとが暮らしていました。そして今も、その末裔たちの日常生活が、ここで営まれているのです。

なんとも言えない可愛らしい町並み

なんとも言えない可愛らしい町並み

写真:中川 康雄

地図を見る

この町は、コロニアル建築を基調としながら、それがマヤの民族の文化で彩られているという独特の場所です。石畳が敷き詰められたコロニアル調の街並みはとても美しく、荘厳な装飾が施されたサントドミンゴ寺院などの見ごたえのある建築物があったりと見所も満載。

なんとも言えない可愛らしい町並み

写真:中川 康雄

地図を見る

さらには、建物のいたるところにウォールアートなどが施されていて、ただ歩いているだけでも楽しい町となっています。とくに観光スポットを数多く訪れなくても、この町歩きだけでもきっと来てよかったと思えるような、そんな素敵な町なのです。

メキシコのグルメ巡りも捗る!

メキシコのグルメ巡りも捗る!

写真:中川 康雄

地図を見る

もちろん、この町はメキシコにあるので、美味しいメキシコ料理を食べることができます。タコスやトルタスなどの地元の味を、至るところで楽しむことが可能。ぜひ町を探索しながら、お気に入りのお店を探してみてください。もちろん、テキーラなどのお酒を楽しめるバーやレストランも、選びたい放題です。

メキシコのグルメ巡りも捗る!

写真:中川 康雄

地図を見る

また、可愛いカフェもたくさんあるので、カフェ巡りでもしながらのんびりするのにも最適な町でもあります。

織物や民芸品があまりに可愛すぎる!

織物や民芸品があまりに可愛すぎる!

写真:中川 康雄

地図を見る

そしてこの「サンクリ」の町の魅力として特筆すべき点は、織物や雑貨などがあまりに可愛いこと。この町を訪れると思わずお土産ものを買いすぎて、予想以上に荷物が多くなってしまった、なんてことになったりもします。メキシコ名物の骸骨や動物の人形など、あまりに可愛すぎるもので溢れかえっています。

織物や民芸品があまりに可愛すぎる!

写真:中川 康雄

地図を見る

買う場所としては、ツーリストエリアだと質の良いものがそれなりの値段で売っているのですが、サントドミンゴ教会周辺で行われてる白いテントのマーケットでは、クオリティのレベルは玉石混交といったところなのですが、ツーリストエリアよりもお買い得になっています。

織物や民芸品があまりに可愛すぎる!

写真:中川 康雄

地図を見る

掘り出し物や自分だけの一点ものを探したい時には、こちらのマーケットのほうがおすすめ。また、とくに買わなくてもただ見て歩くだけでも楽しいマーケットとなっていますよ。さらに良いのは、このあたりではあまり値段を高くふっかけられないということ。最初から適正な価格を提示してくれることが多いので、値段の交渉などをあまりしたくない人にも嬉しいですね。

おわりに

いかがでしたか?町並みもお土産も、そしてメキシコのグルメまで楽しめる「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」。この町は、多くの旅行者がメキシコ観光をする際に一押しするほどの観光名所です。エスニックな文化が好きな人や可愛い織物や雑貨に目がない人なら、ぜひ行ってみてください。一度でも訪れたなら、きっとこの町の魅力にはまってしまうと思いますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/03−2017/03/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ