フリーダ・カーロが愛したメキシコシティ「コヨアカン」でアート、ショッピング、グルメを満喫

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

フリーダ・カーロが愛したメキシコシティ「コヨアカン」でアート、ショッピング、グルメを満喫

フリーダ・カーロが愛したメキシコシティ「コヨアカン」でアート、ショッピング、グルメを満喫

更新日:2017/03/03 17:17

miyoshi yucaのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター miyoshi yuca

有名なメキシコ人女流画家フリーダ・カーロが住んでいたことでも有名なコヨアカンはメキシコシティ南部に位置する地区。歴史を感じるコロニアルな建物に囲まれ、週末は家族連れやカップルで賑わう地元の人にも親しまれるエリアです。美術館や民芸品市場、おしゃれなカフェや、絶品B級グルメの屋台など何でも揃うコヨアカンでは遊び方もたくさん!

波乱万丈女流画家の世界を覗きに行こう!やっぱり外せない「フリーダ・カーロ美術館」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

メキシコを代表する大物画家と恋に落ち、自らのアートの才能を開花させる中、夫の不倫、事故、そして下半身不随…波乱万丈の人生を送ったフリーダ。今では世界で最も愛されるアーティストの一人です。コヨアカンにはそんな彼女の生家があり、現在美術館として一般公開されています。エネルギッシュな作品の数々はもちろん、フリーダの寝室の再現などもあり、小さいながらも見応えある美術館です。

写真:miyoshi yuca

地図を見る

先住民の言語で「コヨーテのいるところ」という意味のコヨアカンは、植民地時代の建物が姿形を変えずにそのまま残っており、コロニアルな街並みの雰囲気が保存されており、大都会メキシコシティの真ん中にあるとは思えないほど落ち着いています。フリーダ・カーロやディエゴ・リベラらメキシコアート界の寵児や、レオントロツキーなど革命家たちが惹きつけられた不思議なエネルギーを感じながら散歩してみてください。

カラフル天国メキシコの民芸品を買おう!民芸市場でショッピング!

写真:miyoshi yuca

地図を見る

眩しいくらいにカラフルな色使いの民芸品が有名なメキシコ。各地域の民芸品はそれぞれとても特徴があり、見ているだけで心が躍りますよね!コヨアカン地区の中心地にある「メキシコ民芸市場」ではメキシコの民芸品がお手頃な値段で購入できます。

チェックしたいのが目がくらむほどカラフルな「アレブリへ」。メキシコならではの色使いが特徴の民芸品です。幻想的な動物をサイケデリックな色使いで表現した木製の人形はメキシコ土産にも人気です。オアハカ州のものが有名です。

ローカルグルメを堪能!

写真:miyoshi yuca

地図を見る

スペイン語で雪という意味の「ニエベ」と呼ばれるアイスクリームを食べにコヨアカンを訪れるローカルも少なくありません。フレッシュなフルーツをふんだんに使ったナチュラルアイスはどれも絶品!フレーバーは何十種類もあるので迷ってしまいます。イチゴやパパイヤ、パッションフルーツなどトロピカルなフルーツはもちろんちょっと変わり種もあるのであれこれ味見して選んでみましょう!

勇気あるあなたにおすすめしたいのが、「チャモヤーダ」というチリソース(!)がけアイス。ベースとなるのはマンゴーやレモン味のアイスが定番。これにチャモイと呼ばれる甘酸っぱいフルーツソースとチリパウダーをトッピングして、はい出来上がり!メキシコ人も大好きな定番のB級スイーツです。なかなか病みつきになるこのピリ辛スイーツ、ぜひお試しあれ!

写真:miyoshi yuca

地図を見る

コヨアカンを散歩していると無視できないのが香ばしい碾きたてコーヒーの香り。コヨアカンは美味しいコーヒーが飲める場所としても有名で、その香りを頼りに歩いていくと何軒もカフェが。週末は長蛇の列ができるほど地元の人々に愛される老舗カフェや、シングルオリジンコーヒーにこだわったサードウェーブ系のカフェなど、様々なタイプのカフェがあるので、お気に入りを見つけてみてください!

いかがでしたか?

コヨアカンにはご紹介したスポットの他にもまだまだたくさん見所があります。例えばディエゴ・リベラのアトリエやレオントロツキーが住んでいた家など、好奇心をくすぐるスポット満載のコヨアカンは是非1日ゆっくり時間をかけて観光してみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/01−2016/12/15 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ