春を呼ぶチューリップ祭!銀幕の妖精も眠るスイスのモルジュ

| スイス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

春を呼ぶチューリップ祭!銀幕の妖精も眠るスイスのモルジュ

春を呼ぶチューリップ祭!銀幕の妖精も眠るスイスのモルジュ

更新日:2017/03/01 14:09

橘 凛のプロフィール写真 橘 凛 ライター、エッセイスト

スイスにあるモルジュという町をご存知ですか?
レマン湖に面し、年中花が絶えないことから「レマン湖の花」とも呼ばれる愛らしい町です。毎年春になるとモルジュ城の公園ではチューリップ祭が始まります。2017年は4月1日から5月14日までの開催です。また、モルジュ郊外トロシュナは、銀幕の妖精オードリー・ヘップバーンが晩年を過ごし、永遠の眠りについた地でもあります。スイスの美しい町モルジュをご紹介します!

- PR -

12万本、300種類を超えるモルジュのチューリップ祭

12万本、300種類を超えるモルジュのチューリップ祭

写真:橘 凛

地図を見る

モルジュのチューリップ・フェスティバルは、モルジュ城そばにある公園「Parc de l’Independance」で行われる、モルジュの一大恒例イベントです。公園は、眼前にレマン湖とフレンチアルプスを臨み、青々とした湖面や山並みに、様々なチューリップの色合いが映える美しいところです。

「Parc de l’Independance」には、1898年のジュネーブ湖地域の独立記念日を記念としたモニュメントが多くあります。この広い公園の中に植えられたチューリップは12万本以上、その種類は300種類超え!これだけの大ボリュームだというのに、チューリップ祭の入場料は無料です。

12万本、300種類を超えるモルジュのチューリップ祭

写真:橘 凛

地図を見る

このチューリップ・フェスティバルは、1971年からこの地に根付いています。このあたりは、寒冷な気候のスイスのなかでも、比較的暖かい地域なのです。

公式にお祭りになっているため、この4〜5月にかけてのモルジュ城でのチューリップが最も有名となっていますが、6〜7月は郊外のヴュイユラン城でアイリスやエメロカル、8〜10月は湖畔にダリアが咲き乱れるということで、それが「レマン湖の花」という町の愛称の由来というわけです。

12万本、300種類を超えるモルジュのチューリップ祭

写真:橘 凛

地図を見る

チューリップの見ごろは、例年4月中旬から。このあたりから、鑑賞を楽しみにやって来るお客さんも増えてきます。敷地内には軽食や飲み物のお店もあり、週末には、子供向けのイベントなども開催されるので、ファミリーにもおすすめです。

軍事博物館となっているモルジュ城

軍事博物館となっているモルジュ城

写真:橘 凛

地図を見る

チューリップフェスティバル会場からすぐのモルジュ城にも行ってみましょう。このあたりの地域は、過去にイタリアの貴族サヴォイア家の領地だったため、彼らが築いたこのモルジュ城や街並が現代にも残っています。

モルジュ城は、この地方独特の4つの塔がある、可愛らしい見た目ですが、内部は軍事関連の博物館です。また、期間美術展などもやっています。開館時間は不規則で、冬期は休業となっているので、訪れる際は関連メモの公式サイトを事前にご覧ください。

軍事博物館となっているモルジュ城

写真:橘 凛

地図を見る

モルジュ城までは、モルジュ駅から徒歩10分。お城の前は、レマン湖のヨットハーバーとなっていて良い眺めです。空気が美しく自然豊かなレマン湖湖畔は、ウォーキングにとてもおすすめです。

少し足を延ばして、オードリー・ヘップバーンのお墓参りへ

少し足を延ばして、オードリー・ヘップバーンのお墓参りへ

写真:橘 凛

地図を見る

オードリー・ヘプバーンが晩年暮らした村トロシュナ(Tolochenaz)までは2キロ足らず。モルジュ駅からはバス702番で約5分です。ローカル電車では、Prelionne駅が最寄りになります。歩いても25分程度なので、お天気が良く、暖かい日は歩いて行っても良いかも知れません。

トロシュナには、オードリー・へプバーンの住んでいた家、そしてお墓があります。写真は墓地のゲートです。このあたりは住宅地であり、また一般の方のお墓もある小さな墓地ですので、静かに訪れるようにしてください。

少し足を延ばして、オードリー・ヘップバーンのお墓参りへ

写真:橘 凛

地図を見る

オードリー・ヘップバーンのお墓は、墓地を入って比較的すぐ、右手にあります。

あまりにシンプルで素朴なそのお墓に、驚かれるかも知れません。しかしその姿は、超有名ハリウッドスターであっても、華美なものより自然や静かな生活を愛したオードリー・ヘップバーンの人柄を表しているかのようです。お墓はいつも、世界中の誰かしらが訪れ、供えて行ったのであろう美しい花々で囲まれています。

少し足を延ばして、オードリー・ヘップバーンのお墓参りへ

写真:橘 凛

地図を見る

墓地は、トロシュナの丘にあり、ここからはどこまでものどかな風景が広がっています。

華やかな女優生活の影での二度の結婚と離婚、最後のパートナーとの穏やかな人生をここで過ごし、永遠の眠りについたオードリー・ヘップバーン。生前は、モルジュの朝市にもよくショッピングに来ていたそうです。

さわやかな風が吹き抜ける丘の上で、きっと感慨深い気持ちになることでしょう。

モルジュまでのアクセス

「レマン湖の花」モルジュ、いかがでしょうか?いつ訪れても美しい町ですが、やはり春、花の季節に行くのがおすすめです。

最後に、モルジュまでのアクセスについてご紹介します。
近隣で最も大きな街であり、ヨーロッパ各大都市からの直行便が就航しているローザンヌ。そのローザンヌ(Lausanne)駅から、列車で約15分でモルジュ(Morges)駅に到着します。モルジュは小さな町ですので、上記の観光スポットには、比較的容易にたどり着けるはずです。お時間があれば、中世の街並みが残るモルジュの旧市街にも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ