三崎まぐろ食べ放題!福集めに「マホロバマインズ三浦」へ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

三崎まぐろ食べ放題!福集めに「マホロバマインズ三浦」へ

三崎まぐろ食べ放題!福集めに「マホロバマインズ三浦」へ

更新日:2017/02/24 14:17

野村 みのりのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 野村 みのり モニターブロガー

三浦海岸にあるマホロバマインズ三浦は、全室オーシャンビューのスイートルームになっており、夕食では美味しい三崎まぐろがなんと食べ放題!天気が良ければお部屋から日の出も鑑賞できるステキなホテルです。素晴らしい場所、住みやすい場所、という意味の日本の古語「マホロバ」がしっくりとくるマホロバマインズ三浦では、訪れると福を集めることもできるとか。都心から1時間ほどで行けてしまうというのも魅力のホテルです。

全室スイートルームのマホロバマインズ三浦

写真:野村 みのり

地図を見る

マホロバマインズ三浦は、なんと全室スイートルーム!各部屋にはキッチンがあったり、寝室はリビングダイニングと別にあったりと、まるで新築分譲マンションのモデルルームに泊まりに来たような感覚で宿泊することができます。それもそのはず、もともとは分譲マンションとして作られているため、そのまま家族が住めるような設計になっており、暮らすように落ち着いた旅をすることができるのです。少人数で広々と贅沢に使うもよし、大人数でワイワイ楽しむもよし、なホテルです。

全室オーシャンビューで、日の出が楽しめる!

写真:野村 みのり

地図を見る

部屋から窓の外を眺めると、そこは海。この景色は特別なものではなく、なんと全室オーシャンビューなのです。それでも建物が浜辺すぐにあるわけではないため、目下には木々や民家が少しありつつ、海が見えるのはその向こう。さらに海の先には房総半島があったりと、変化に富んだ景色を楽しむことができるのです。天気がよければ、房総半島の向こうから登る美しい朝日を拝むこともできるでしょう。

夕食バイキングで三崎まぐろ食べ放題!

写真:野村 みのり

地図を見る

夕食はバイキング。その場で切ってくれるローストビーフや、目の前で揚げてくれる天ぷら、にぎりたてのお寿司など、美味しそうなものがたくさんありどれも食べ放題なのですが、中でも注目はお刺身。三崎まぐろまでど〜んと食べ放題なのです!大皿に豪快に盛られていますので、気兼ねなくたくさんいただけます。他にも地元で獲れた魚や野菜など、旬の食材がふんだんに使われた料理が所狭しと並べられている、素材重視で美味しいマホロバマインズ三浦の夕食をおなかいっぱいどうぞ!

マホロバ七福神と一緒に福を呼び寄せよう!

写真:野村 みのり

地図を見る

マホロバマインズ三浦には、マホロバ七福神なる方々がいらっしゃいます。夕食前後の時間帯にロビーで踊りを舞ってくれたり、マホロバオリジナル健康体操「福ヨガ」を教えてくれ一緒に運動したり。さらには「福じゃんけん大会」というものが毎日開催されていて、マホロバ七福神とじゃんけんをして楽しむことができます。そしてじゃんけん勝負で最後まで勝ち残った優勝者1名の方は、なんと当日の宿泊料金が無料になるという特典つき!これはぜひ参加して、福を呼び寄せたいものですね。

三浦海岸の河津桜

写真:野村 みのり

地図を見る

マホロバマインズ三浦では、四季折々の楽しみ方がありますが、特にオススメの時期は2月中旬から3月中旬。菜の花との共演がとても美しい、三浦海岸の河津桜が咲き誇る季節です。マホロバマインズ三浦の目の前にも河津桜が何本かあり、美しい姿を楽しむことができますが、桜祭り会場へも徒歩約10分とお散歩がてら歩いて行ける距離にありますので、ぜひそちらまでも足をのばしてみていただきたいです。

河津桜は花期が1ヶ月ほどと長めですので、訪問予定がたてやすいのも魅力ですね。また、夜間ライトアップしている期間もあるのですが、ソメイヨシノと比べ桃色が濃い河津桜は、夜空にも美しく映え思い出の光景となることでしょう。

マホロバマインズ三浦は、天然温泉も充実!

海を眺められる広いお部屋に、地元の旬な食材の夕食バイキング、七福神に福を分けてもらったりと、嬉しいこと盛りだくさんのマホロバマインズ三浦ですが、もうひとつ忘れてならないのが天然温泉。大浴場や露天風呂、クアパークで、地下1,500メートルから湧き出た自家源泉の天然温泉を堪能することができるのです。浴室は男女入れ替え制ですので、2タイプのお風呂を楽しめることもお忘れなく!

京急久里浜線の三浦海岸駅から徒歩で7分ほどと、公共機関を使っても便利に行ける場所にあるマホロバマインズ三浦。ぜひ一度、遊びに訪れてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/15−2017/02/16 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ