可愛い雑貨天国!フィンランド・マリメッコ本社アウトレット

| フィンランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

可愛い雑貨天国!フィンランド・マリメッコ本社アウトレット

可愛い雑貨天国!フィンランド・マリメッコ本社アウトレット

更新日:2017/02/23 14:40

橘 凛のプロフィール写真 橘 凛 ライター、エッセイスト

近年長らく続く、人気の衰えを知らない北欧ブーム。そのブームを牽引しているのは、創業者を描いた映画や、日本での特別美術展も開催された「マリメッコ(marimekko)」ではないでしょうか?フィンランドのマリメッコの本社とアウトレットは、可愛いテキスタイルと雑貨の天国!ここに訪れたいがためにフィンランドへ行きたいと言わしめるほど、熱狂的なファンを持つマリメッコ、その本社とアウトレットをご紹介します!

マリメッコの本社&アウトレットに行ってみよう

写真:橘 凛

地図を見る

フィンランドを代表するテキスタイルブランド・マリメッコ。もはや説明が要らないほど有名で、特に女性であればほとんどの方に知られているブランドかも知れません。1951年の創業から、革新的なプリント柄のファブリックを次々と生み出し、今や世界各地に店舗を持つマリメッコですが、本社は、フィンランド首都ヘルシンキ郊外にあります。

マリメッコは「マリーちゃんのドレス」という意味ですが、その製品ラインナップは、衣料だけでなく、生地・雑貨・食器などライフスタイル全般の多岐に渡ります。

写真:橘 凛

地図を見る

マリメッコの本社アウトレットへは、ヘルシンキ中央駅(Rautatientori)から、地下鉄で向かいます。Mellunmaki行きの地下鉄に乗って、最寄駅はヘルットニエミ(Herttoniemi)。中央駅からは6駅で、約10分で到着します。郊外にあると言っても、ヘルシンキ中心地から7キロ程度しか離れていません。

写真:橘 凛

地図を見る

ヘルットニエミ(Herttoniemi)駅に着いて、地上に上がってからは、10分程度歩く必要がありますので、前もって携帯などに地図を準備しておいてください。同じくマリメッコ本社を目指す観光客も多く、また、途中からはマリメッコの看板が出ているので、迷うことはないでしょう。写真の建物が、マリメッコ本社です。

アウトレットでお買いもの三昧!

写真:橘 凛

地図を見る

本社ビルに入って左手側が、直営店とアウトレットになります。直営店は、主に最新コレクションなどが置かれており、アウトレット価格にはなっていませんのでご注意を。それでも日本価格に比べると、かなりお手頃です。

奥に入っていくと、広々としたアウトレットになっており、ここからは大幅値下げをした商品がたくさん!アウトレットといえど、きちんときれいに陳列されています。日本未発売商品も多く、掘り出し物が見つかりそうです。型落ちのiPhoneケースなどは、驚くような安価で売られています。

写真:橘 凛

地図を見る

衣料やファッション小物も、ベーシックなボーダー柄から、明るく大胆な花柄まで多数揃っています。

フィンランドの街を歩くと気付くのが、マリメッコの洋服やバッグなどをさりげなく身につけている人が多いということです。邦画「かもめ食堂」でも、マリメッコの衣装が映画の素敵なアクセントとなっていました。あなたも、あなただけの「マリーちゃんのドレス」を手に入れてみませんか?

写真:橘 凛

地図を見る

一番奥にあるのが、マリメッコファン心酔のテキスタイル売り場です。ここには、「ウニッコ」「ミニウニッコ」「プケッティ」など有名な柄はもちろん、常時数百種類の布地が取り揃えられており、破格のお値段となっています!

布地には、撥水ビニール加工をしたものなどのタイプもあり、お好きな長さで購入することができます。お目当てのファブリックがあれば、ぜひスタッフに聞いてみましょう。アウトレット品なので、布地の傷などがないか、しっかり確かめてから購入しましょう。

マリメッコ社員も利用する社員食堂

写真:橘 凛

地図を見る

もし、お昼時であれば、社員食堂である「マリトリ(maritori)」がでランチはいかがですか?マリトリは、本社ビルを入って右側です。ここでは、誰でもランチビュッフェを取ることができるので、マリメッコ社員はもちろん、観光客や地元の人々にも愛される食堂です。

写真:橘 凛

地図を見る

ランチビュッフェは10ユーロ程度ですが、栄養たっぷりのメニューです。メニューは日によって替わりますが、フィンランド料理がベースとなっています。

写真:橘 凛

地図を見る

マリトリで使われている、トレーやお皿、カップ、ナプキンに至るまで、すべてマリメッコ柄です。こんな風にこだわりたっぷりなのが、愛される所以でしょう。ランチは平日のみの14時までです。

マリメッコの世界観をたっぷり味わう

その他、本社ビルの上の階は、オフィスとなっていますが、残念ながら関係者以外は入ることができません。それでも、今までの、そしてこれからのマリメッコを創り続ける本社とアウトレットを訪れることで、マリメッコの世界観を十分に味わえるのではないでしょうか?

会社ということで、日曜日は定休日、普段の営業時間も10時から18時と長くはありませんので、注意しましょう。その他営業日に関しては、関連メモにある公式サイトで事前にチェックしてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/19 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ