至極の“モダンカタルーニャ料理”を堪能!スペイン「パイッサ・デル・マス・ポウ」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

至極の“モダンカタルーニャ料理”を堪能!スペイン「パイッサ・デル・マス・ポウ」

至極の“モダンカタルーニャ料理”を堪能!スペイン「パイッサ・デル・マス・ポウ」

更新日:2017/03/09 17:02

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 ライター、ブローカー、ツアーコーディネイター

世界一予約が取りにくいと言われたミシュラン3つ星のレストラン「エル・ブジ」。この店に代表される「モダンカタルーニャ料理」は、繊細かつ洗礼された料理で、食べると感動を受けます。

今回ご紹介するレストラン「パイッサ・デル・マス・ポウ」は、そんな「モダンカタルーニャ料理」が楽しめるレストラン!スペインで人気のリゾート地「コスタ ブラバ」地方にあり、コスパ最高で温かいもてなしが評判です。

- PR -

美味しい料理は地元の新鮮な食材が決めて!

美味しい料理は地元の新鮮な食材が決めて!

提供元:Pahissa del Mas Pou

http://www.pahissadelmaspou.com/en/地図を見る

「パイッサ・デル・マス・ポウ(Pahissa del Mas Pou)」は、スペインのバルセロナから車で約2時間の「パルス(Pals)」という街にあります。

ピレネー山脈と地中海に面するこの地域は、「海の幸」「山の幸」の両方の食材の宝庫。おまけにお隣の国「フランス」までは車で1時間という距離のなので、フランス料理の影響も受けた独創的で美しい「モダンカタルーニャ料理」というジャンルの調理法が発展しました。伝統を重んじるスペインのなかでも、新しいもの好きが多いカタルーニャ地方。そんな風潮が料理にも表れ、斬新な料理がちまたにあふれ、シェフの腕とアイディア次第で定義がないモダンな料理は、日本ではなかなか味わえない逸品揃いです。

美味しい料理は地元の新鮮な食材が決めて!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

レストランの建物は、18世紀に使用されていた農場主の家だったもの。温かみのある石造りの建物は落ち着きがあり、まるでお城の中で食事をしているような気分にさせてくれます。

店主の料理に対する信念は、料理は愛情!地元産の旬の素材を使い、独創的な感性でリピーターを虜にしています。

美味しい料理は地元の新鮮な食材が決めて!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

おススメコースは「テイスティング メニュー」

おススメコースは「テイスティング メニュー」

提供元:Photographer David Martines (Pahissa del…

http://www.pahissadelmaspou.com/en/地図を見る

料理はアラカルトでも注文できますが、初めて頂くのであれば、旬の素材に魔法をかけたような「季節のフルコース(TASTING MENU)」がおススメ!料理が4品でデザートが2品から構成されており、一皿目から斬新な料理に期待感が高まります。

写真のアートのような一皿は、「アミューズ」(前菜の前に出てくる一皿)。お米からできており、風味豊かな海藻パウダーが絶妙なバランスでトッピングされています。

おススメコースは「テイスティング メニュー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

お料理が運ばれてくるときは温かいものの温度が下がらないように、蓋付のお皿で運ばれてくることが多いのもうれしい配慮。手の込んだ料理の種明かしをするため、運ばれるたびに説明もしてくれます。

時にはメインシェフ・ジョルディ ヴァレスピィ(Jordi Vallespi)さん(写真左手前)自らテーブルに料理を運んできてくれることも!彼の人柄に触れることもでき、訪問の良き思い出にもなります。

おススメコースは「テイスティング メニュー」

提供元:Photographer David Martines (Pahissa del…

http://www.pahissadelmaspou.com/en/地図を見る

前菜の「Royal of pumpkin from Rupià, sea urchins, orange and saffron(ルピア産の極上パンプキンスープに旬の雲丹がトッピング)」。スープは2層になっており、パンプキンスープの上にサフランとオレンジ風味のソースが掛けられています。その味わいは、丁寧な仕込みの賜物。口の中に入れると様々な味のマリアージュが楽しめます。

品数が多くても大丈夫!

品数が多くても大丈夫!

提供元:Photographer David Martines (Pahissa del…

http://www.pahissadelmaspou.com/en/地図を見る

メイン料理には魚・肉の両方が提供されます。ボリュームがありそうですが、意外にさっぱりしているので最後まで美味しくいただけます。

品数が多くても大丈夫!

提供元:Photographer David Martines (Pahissa del…

http://www.pahissadelmaspou.com/en/地図を見る

メニューには、メインとなる食材の産地が必ず明記されています。これは素材に絶対の自信がある表れ。美味しくて品質の良い食材があるからこそ、この地方で「モダンカタルーニャ料理」というジャンルが確立したのです。

品数が多くても大丈夫!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

日本の高級レストランでこのようなコースを注文すると、結構な額になりますが、こちらのお店の値段設定はコスパが高く良心的。

せっかくなので、各料理に合わせた飲み物を注文してみませんか?というのもこちらのレストラン、ワインの取り揃えは常に85種類以上。ソムリエが料理に合うワインをその都度チョイスしてくれます。おススメのワインと一緒に頂くと、料理の味わいがより一層高まりますよ!

デザートはなんと二段構え!

デザートはなんと二段構え!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

デザートは「ヌリ産チーズのアイスクリーム・トロエージャ産のリンゴソースに地元のスイーツソーセージ添え(‘Nuri’s recuit’ with apple from Torroella and local sweet sausage)」。

この地域では海の幸に山の幸を合わせる食べ方が一般的ですが、この組み合わせにはドッキリ!スイーツにソーセージは合わないと思うのが日本人の固定概念ですが、食べてみると不思議とマッチしており、もっと食べたくなる美味しさです。

デザートはなんと二段構え!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

最後に、3種類のチョコレートが登場!味・風合い・視覚的にも非の打ち所がない、最高級チョコレートで締めくくりです。

「テイスティングメニュー」は季節ごとに内容が変わります。

情熱・プロ意識と誠実心!

こちらのレストランのオーナーとメインシェフはパートナー同士。温かいもてなしは、家族の絆の深さから来ていました。

オーナーのロサ マリア ペリカイ ファブレガス(Rosa Maria Pericay Fábregas)さんの信念は、「情熱・プロ意識と誠実心」。お客様の笑顔のために込められた愛情は、訪れてみると納得です!

人気のお店なので、利用時は予約をするのがベスト。スペインでは珍しく「英語・スペイン語・フランス語・カタラン語」が通じ、電話でもホームページでも予約ができます。

「パルス(Pals)」は中世の面影が色濃く残る街。お食事と併せて街の観光はいかがですか?詳細は下記Memo「たびねす」記事をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/10 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ