浅草のとっておき!本当は教えたくない裏道カフェ5選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

浅草のとっておき!本当は教えたくない裏道カフェ5選

浅草のとっておき!本当は教えたくない裏道カフェ5選

更新日:2017/03/14 11:38

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ エアライン勤務

巷で人気の「カフェ」。観光客で大賑わいの東京・浅草にも、カフェ文化はしっかり根付いています。今回は、世のカフェ好きがこぞって訪れたいと思うような個性派カフェを5つご紹介。いずれも観光エリアから外れた路地裏にひそむ名店ばかり、教えるのがもったいないくらいです。今度の浅草は、裏道カフェ巡りといきましょう!

- PR -

セーヌ川(?)が見えるリバーカフェ「カフェムルソー」

セーヌ川(?)が見えるリバーカフェ「カフェムルソー」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

浅草で落ち着けるカフェを考えた時、まず一番に思い浮かべるのが「カフェ・ムルソー」です。南北に走る目抜き通り、江戸通りから一本入った裏道に、樹木に縁どられるように建つ洋風の建物。場所は浅草のはずなのに、なぜかここだけ国籍不明な風情を漂わせています。

セーヌ川(?)が見えるリバーカフェ「カフェムルソー」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

2階へ上ると、そこがカフェの入口。室内に7テーブル、屋外テラスに3テーブル、さらに3階にも同等のスペースがあります。窓の外には隅田川、何より景色がご馳走のリバービューカフェ。川風の心地よいテラス席に陣取れば、対岸の東京スカイツリーやアサヒビール本社を遮るものなしに眺めることができます。お店の雰囲気のせいでしょうか、だんだん目の前の川がセーヌ川のような気がしてくるから不思議です。

セーヌ川(?)が見えるリバーカフェ「カフェムルソー」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

ここでのおすすめメニューは、1階の工房で作られているケーキの数々。常に16種類以上ある豊富なバリエーションの中で、人気は定番のショートケーキやチーズケーキ、そして季節限定もの。3月〜4月は春限定のいちごのミルクレープの登場です。

土日の11時〜16時なら、ブランチセット(写真)を頼むのもいいでしょう。メイン、サラダ、スープ、ドリンクに、6種類から選べるケーキがついてくる贅沢さ! セーヌ川(?)を眺めながらの週末のひとときはもう最高です。そして夜なら、ライトアップされた東京スカイツリーを眺めながらの優雅なカクテル&ディナー。昼と夜、2つ違ったお楽しみの待つ「カフェムルソー」です。

浅草にもあった、大人カッコいいカフェ!「イリヤカフェプラス@カスタム倉庫」

浅草にもあった、大人カッコいいカフェ!「イリヤカフェプラス@カスタム倉庫」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

浅草らしい雰囲気を期待して行くと100%裏切ってくれるのがこのお店、しかもいい意味で。2012年10月にオープンしたこの「イリヤカフェプラス@カスタム倉庫」は、以前から入谷で営業している「イリヤプラスカフェ」の2号店。1号店が古民家を改装した和テイストなカフェなのに対して、こちらは名前の通り、倉庫をリフォームした洋の店構えです。

とはいえ、ここはよくあるコンクリート打ちっぱなしの倉庫とは違います。高い天井や壁はすべて木製の板張り。ぶら下がるさまざまな形のランプや、これも1つ1つデザインの違う家具類は、すべてオーナーがアメリカ・ポートランドで買い付けてきたアンティーク。大人っぽくてスタイリッシュなのにぬくもりを感じさせる内装には、オーナーのセンスとこだわりが詰まっています。

浅草にもあった、大人カッコいいカフェ!「イリヤカフェプラス@カスタム倉庫」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

写真はイチオシメニューの「フレンチトースト」です。ホイップクリーム、アイスクリーム、べイクトバナナなど6種類あるバリエーションの1つ、アイスクリームバージョン。厚切りバゲットを使用した本格的なフレンチトーストは、中がふわふわで舌がとろけそうです! そして、カップになみなみと注がれたコーヒーは、自慢の高性能エスプレッソマシーンで入れたもの。豊かなコクを味わうには、ぜひブラックでお試しあれ。

メニューはこの他、8種類のパニーニを始め、パスタ各種、ブリオッシュ、ケーキなどなど。ビールやワインもあるので、バー使いもできる大人のお店です。平日にはお得なランチメニューも。

観光エリアや大通りから離れているにもかかわらず、どこからともなく1人また1人とお客さんが集まってきて、いつの間にか一杯になってしまう「イリヤカフェプラス@カスタム倉庫」。抑えめの照明と広いスペースが演出する居心地のよさに、一度座ったら最後、いつまでもい続けてしまいそうです。

昭和を体験できる喫茶「珈琲アロマ」

昭和を体験できる喫茶「珈琲アロマ」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

創業が昭和39年(1964年)というから、もう老舗中の老舗。浅草のランドマーク「浅草ROX」から近い路地裏にある「珈琲アロマ」は、マスターが1人で切り回している小さなお店です。座席はカウンター席のみ、メニューもシンプルで、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、トースト、サンドイッチなど、いわゆる喫茶店の定番メニュー。でも、一度訪れるとなぜかまた行ってみたくなる不思議なお店です。さて、その理由は何でしょうか?

理由その1、コーヒー。店名に「珈琲」とうたっているだけあり、一杯ずつ丁寧に入れてくれるブレンドコーヒーのおいしいこと! マイルドでバランスの整った風味をたった350円で味わえる、コスパのいいお店です。もちろん、ストレートコーヒーもありますよ。

昭和を体験できる喫茶「珈琲アロマ」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

理由その2、食べ物。ここで出されるトーストやサンドイッチは、もちもち感でファンの多い、あの「ペリカン」のパンを使用していて、すでに美味しさは保証つき。その中でも注目したいのが「オニオントースト」(写真)です。ピクルスと生たまねぎを挟んだだけのシンプルなトーストサンドなのに、マスタードの味が絶妙で一度食べたら病みつきに。

理由その3、レトロ感たっぷりな店構え。「珈琲アロマ」は、昭和の空気を今に残すレアなお店です。店頭の看板、壁にかかるメニューボード、厚手の白いカップ&ソーサー、はてはサンドイッチに添えられたお絞りにいたるまで、とにかくレトロな昭和が健在。今どきなかなかお目にかかれない懐かしい喫茶店です。

常連客で混みあうことの多い「珈琲アロマ」。初めての人はちょっと気後れしそうですが、ここは臆せず入ってしまいましょう。仲見世からもそう遠くないので気軽に立ち寄れます。

裏浅草に隠れ家カフェあり!「cafe michikusa」

裏浅草に隠れ家カフェあり!「cafe michikusa」

提供元:cafe michikusa

http://cafemichikusa.jp/地図を見る

2011年8月にオープンした「cafe michikusa」は、最近話題の「裏浅草」、「裏観音」と呼ばれる住宅街にあるお店。土地柄、観光客はやや少なめ、子供連れなど近隣の人々に愛されるスポットになっています。

白を基調とするナチュラルな内装の店内には、窓に面してカウンター席が並び、フロアにはさらに5つのテーブル。お店のコンセプト「ゆるやかに楽しむ・つながる(=みちくさ)」を体現するような、こじんまりしてアットホームな空間です。そして、料理やデザートはすべて手作り、コーヒーは一杯ずつ丁寧にドリップ。オーナー夫妻のもてなしの心がそこここに表れています。

裏浅草に隠れ家カフェあり!「cafe michikusa」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

数あるメニューの中でも注目したいのは、各種バリエーションを揃えたパンケーキ、スコーン、ワッフルなどの温かいスイーツ類。個人経営でこれだけの種類を揃えているお店は珍しく、特に浅草近辺では貴重です。写真は、その中から選んだ「クラシック・パンケーキWベリー」。ホイップ、バニラアイス、ベリーソースが添えられた厚手のパンケーキ2枚は、ランチにしても十分なくらいボリュームたっぷりです。

お店ではランチも毎日3種類提供しています。「半熟卵のオムライス デミグラスソース」は、ネーミングだけで食欲がわいてきそうな定番メニュー。これもぜひ味わってみてください。

コーヒー好きならぜひここへ。新オープンの「FUJICAFE」

コーヒー好きならぜひここへ。新オープンの「FUJICAFE」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

「FUJICAFE」は、2016年12月にオープンしたばかりの新顔カフェ。長年合羽橋にあるカフェで働いていたオーナーが独立して始めたお店です。古い木造家屋の一部分を改装した店内は、高いむき出し天井に「かっぱ橋モダン」な家具類と、軽快でスタイリッシュ。間口が全面ガラス戸のため、とても明るく開放感にあふれています。

コーヒーにこだわりのある「FUJICAFE]では、ペーパードリップで入れたさまざまなコーヒーを出しています。ブレンドコーヒーひとつをとってもソフト、マイルド、ストロングの3種類があったり、8時間かけて抽出した水出しコーヒーがあったり。ストレートコーヒーももちろん各種あります。

コーヒー好きならぜひここへ。新オープンの「FUJICAFE」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

そして、コーヒーと言えばケーキ。このお店のケーキもすべて自家製です。「苺のタルト」、「フルーツタルト」、「バナナのパウンドケーキ」、「レアチーズ」など、数種がメニューに並びます。写真は裏メニューの「ベイクトチーズケーキ」。塩味がアクセントになった大人の味で、ブラックコーヒーとの相性が抜群です。

うれしのはオープンが8時と早く、10時半までならブレンドコーヒーがモーニング価格で330円と割安なこと。併せて何か食べたいなら、「トーストセット」(500円)、ちょっと異色の「鮭せいろご飯」(ドリンク付き700円)の2つから選びましょう。

観光エリアからやや離れた千束地区にある「FUJICAFE」は、静かなコーヒータイムを求める人にぴったりな穴場カフェ。夜9時までオープンしているので、夜立ち寄ってお酒を楽しむこともできます。願わくば、お客さんが殺到して「穴場」でなくなりませんように!

路地裏で、新しい浅草発掘を。

浅草の裏道にあるユニークなカフェを厳選してご紹介しました。すでにクチコミで人気を呼んでいるお店、まだほとんど知名度のないお店、長く続いている店、新しい店と、それこそ色とりどり、どれも甲乙つけがたい厳選カフェの面々です。裏道には普段気づかない珍しい発見があるもの。裏道カフェを訪れて、新しい浅草の魅力に触れてみてください。

※ 表示の価格はすべて2016年2月現在のものです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/14−2017/02/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ