マツコ絶賛のずんだシェイクも!仙台空港の食べ歩きグルメまとめ

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

マツコ絶賛のずんだシェイクも!仙台空港の食べ歩きグルメまとめ

マツコ絶賛のずんだシェイクも!仙台空港の食べ歩きグルメまとめ

更新日:2017/05/18 16:36

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

東北の玄関口、仙台国際空港。その2階フロアには東北のお土産品が何でも揃うショッピングゾーンがあります。ここでは仙台名物のグルメがその場で食べられる店舗もあり、中にはマツコ・デラックスが絶賛したという話題の「ずんだシェイク」も!小腹満たしからスイーツまで、短時間で仙台グルメを堪能しちゃいましょう。

東北観光の拠点、仙台空港

写真:bow

地図を見る

東北の中心である仙台と、全国各地のみならず海外とも空で繋がっている仙台国際空港。実際は仙台市内ではなく、仙台市内から直線距離で10km以上ある名取市内郊外に位置しています。

電車でなら仙台駅から約25分。空港周辺にはそれほど観光スポットもないため、仙台市内で時間ギリギリまで楽しんでから空港へ移動する人も多いことでしょう。そんな、出発まで時間のない方や、今から周遊に出かけるという方にも短時間で楽しめるおすすめの仙台空港内食べ歩きグルメをご紹介します。

橋本蒲鉾店のアツアツ「手焼き笹かまぼこ」

写真:bow

地図を見る

仙台名産品の代表格といえばやはり「笹かまぼこ」でしょう。お土産として購入する人も多い笹かまぼこは、なんだかんだで仙台で食べず仕舞いということも多いのではないでしょうか?

本社を塩釜市に置く笹かまぼこの名店、「橋本蒲鉾店」の仙台空港店では手焼き笹かまぼこの実演販売が行われており、その場でアツアツの笹かまぼこが食べられるのです!

写真:bow

地図を見る

笹かまぼこはあらかじめホットショーケースに並んでいるわけではなく、嬉しいことに1本からでもそれを目の前で焼き上げてもらえるのです。どう見ても美味しそうなのではやる気持ちはわかりますが、コンガリと焼き目が付くまでしばらく待機しておきましょう!

写真:bow

地図を見る

昔ながらの技法で、人の手によって成形された笹かまぼこ。手作りであることはその形を見ればよく分かるかと思います。

焼き立てアツアツの笹かまぼこをほおばれば、まずはそのプルプル食感に驚き!そして普通の笹かまぼこが2〜3枚重なっているかのように感じるその分厚さは食べ応え満点!お好みで醤油を付けて食べてもいいのですが、そのまま食べて豊かなお魚の風味を堪能するのがいいかも。お茶まで付いてちょっとお得な「手焼き笹かまぼこ」は小腹満たしにピッタリです。※実演販売は10:00〜18:00まで

マツコ・デラックス絶賛!ずんだ茶寮の「ずんだシェイク」

写真:bow

地図を見る

ずんだ専門店「ずんだ茶寮」はベーシックなずんだ餅以外にも、ずんだロールケーキやずんだまんじゅう、ずんだプリンといったずんだづくしの和菓子やスイーツを提供している有名店。

その中でも「ずんだシェイク」が日本TV系列「月曜から夜ふかし」でマツコ・デラックスさんが絶賛!その後はネットを中心に話題となり、一気に大人気商品となったのです。

写真:bow

地図を見る

マツコ・デラックスが「4杯はいける」といったずんだシェイク。サイズ的にはいわゆるSサイズくらいの大きさです。しかし、この小さなシェイクが今やずんだ茶寮の看板商品!

写真:bow

地図を見る

厳選された牛乳を使ったさっぱりとしたバニラテイストのシェイクに、特製のずんだがブレンドされたずんだシェイク。バニラの中にしっかりと枝豆の味を感じ、なんだか引き込まれてしまう味の激ウマスイーツなのです。また、ストローで吸っていると「ずんだ」のつぶつぶ感も口の中に感じ、普通のシェイクと違った食感も楽しめます!

確かにこれはおかわりが欲しくなる程の逸品。お腹いっぱいの時でもこれだけは外せませんよ!

喜久水庵の「ずんだ餅」

写真:bow

地図を見る

シェイクではなく「やっぱり普通のずんだ餅が食べたいな」という方におすすめしたいのは喜久水庵。手掛けるのは創業が大正9年という老舗「お茶の井ヶ田」で、東北全域のみならず関東にも店舗展開をしている有名店です。

写真:bow

地図を見る

喜久水庵では昔ながらのベーシックなずんだ餅をその場で食べることができます。ちなみにずんだ餅とは宮城県や山形県を中心に昔から食べられてきた伝統的な和菓子。枝豆をすり潰して作ったことから「豆打(ずだ)餅」と呼ばれていたものが、訛って「ずんだ餅」となったのがその名の由来の有力説とされています。

写真:bow

地図を見る

枝豆の風味が豊かに味わえるずんだ餅はお茶にベストマッチ。一緒に提供されるほうじ茶がまた、ほっこり度を倍増してくれます。簡単に食べきれる量ですので、ちょっと甘いものが食べたい時には超オススメです。

UCC カフェッサエクスプレスの「牛たん肉まん」

写真:bow

地図を見る

仙台のグルメといえば牛たん一択ッ!という方もいらっしゃることでしょう。仙台空港の1階では牛たんが食べられるレストランもありますが、そこまで時間がないという方におすすめするのはコーヒーのUCCが直営するカフェ、カフェッサエクスプレスで販売されている「牛たん肉まん」です。

写真:bow

地図を見る

ズッシリとしたこの牛たん肉まん、実は仙台空港1階で牛タンが食べられるレストラン「冠舌屋(かんたんや)」を運営する牛タン専門店の陣中がプロデュースしたもの。いわゆる「ご当地肉まん」の中でも度々メディアに取り上げられたことのある実力派なのです。

写真:bow

地図を見る

中身を覗いてみると、結構ギッシリとミンチ状になった牛タンが・・・!お肉の旨味をしっかり味わえ、随所に牛タンらしい食感もちゃんと味わえるのです。牛タン好きにとっても食べ応え、満足度共に高い逸品ですよ。

仙台グルメは仙台空港で食べ歩こう!

ご紹介した店舗は全て仙台国際空港の出発ロビーである2階にあります。東北は美味しい食べ物がたくさんあるので旅先でもいろんなグルメを堪能して空港に戻ってきていることでしょう。

そこで更にもう一発、保安検査場を通る前にダメ押しがしたい!そんな方にピッタリな名産品グルメを食べ歩き。ここでしか食べられないモノをしっかりお腹に詰め込んで帰路に付きましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/13 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ