癒しの足湯も魅力的!会津東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」おすすめポイント

| 福島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

癒しの足湯も魅力的!会津東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」おすすめポイント

癒しの足湯も魅力的!会津東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」おすすめポイント

更新日:2017/03/05 17:48

池田 みるのプロフィール写真 池田 みる 格安国内旅行ブロガー

会津若松観光の後は、贅沢に温泉に浸かり癒しの時間を味わうなんて旅はいかがですか?会津若松駅からアクセスの良い所に会津東山温泉があります。その中にある数々の旅館の中から、今回は「庄助の宿 瀧の湯」をご紹介します。
温かなサービスをはじめ、こんなのがあったら嬉しいと思える館内設備がたくさん!日常の忙しさを忘れ、ゆったりとした時間を過ごせること間違いなしの「庄助の宿 瀧の湯」の魅力をどうぞご覧ください!

会津若松駅からのアクセスは?

写真:池田 みる

地図を見る

会津若松は、東京からも実はアクセスしやすいって知っていましたか?中でもオススメの交通手段は高速バス!時間は多少かかりますが、とても安く利用できるうえ、乗り換えなしで会津若松駅まで到着するため、楽といえるでしょう。仙台や新潟からも高速バスの運行がありますよ。もちろん、電車や車を利用してアクセスすることも可能です。

そんな会津若松は、歴史を感じさせる観光スポットが盛りだくさん!充分に観光も満喫したのち、会津東山温泉へ足を運んでみましょう。会津若松駅からバス、またはタクシーを利用して15分程度で到着できますよ。

ちなみに、1日1便ですが、会津若松駅から「庄助の宿 瀧の湯」まで無料の送迎バスの運行もあります。利用する場合は、事前に宿への連絡をお忘れなく!

到着してすぐのサービスが嬉しい!

写真:池田 みる

地図を見る

「庄助の宿 瀧の湯」に到着すると、チェックインの合間にこの広々としたロビーに案内されます。ここからの眺めも最高!夜になるとイベントが開催される舞台がそびえたち、その下には川が流れているという「庄助の宿 瀧の湯」ならではの風景を楽しむことができます。

写真:池田 みる

地図を見る

そんな景色を眺めながら、のんびり過ごしていると嬉しいサービスが!実は羊羹と抹茶のサービスがあるんです。思いっきり観光を楽しんだ後の疲れをそっと癒してくれること間違いなし!景色を楽しみながら、抹茶をいただき、この宿でどんな風に過ごそうか、旅行相手と相談するなんて贅沢な時間を過ごして下さいね。

写真:池田 みる

地図を見る

さらに、お酒好きに朗報です!客室に案内されるまでの待ち時間に、利き酒を楽しむことができちゃうんです。数種類あるお酒から好きなものを選んで飲んで下さい。様々なお酒を楽しんで、味比べするなんてお酒好きの方にはたまりませんね。

お風呂のサービスにも驚き!

写真:池田 みる

地図を見る

「庄助の宿 瀧の湯」の魅力のひとつには、もちろん温泉があります。ゆったりできる大浴場や川のせせらぎを聞きながら入ることのできる露天風呂など、何度も足を運びたくなってしまうほど。

そんな大浴場の入り口付近には、シャンプーバーがあります。いつもと同じシャンプーじゃないとイヤ!という方でも安心ですね。また、せっかくなので、気になっていたシャンプーを試してみるなんてのもいいかもしれませんよ。

写真:池田 みる

地図を見る

そして、お風呂で読む本まであるんです。これを持ちこんだら長風呂してしまうこと間違いなし!大きなお風呂、そして贅沢な景色を見ながらのお風呂で、ゆったりと自分だけの世界に入り込むことのできる本があるなんて素敵ですよね。気になる本があれば、是非お風呂に持ちこんで、いつもよりももっと贅沢なお風呂時間を楽しんで下さいね。

素敵な時間を過ごせる足湯がオススメ!

写真:池田 みる

地図を見る

「庄助の宿 瀧の湯」の館内でオススメしたい場所がこの足湯です。ベンチシートになっているので、特にカップルや夫婦にオススメ。川を眺めながら入れる足湯。開放感たっぷりで、いつも以上に会話に花が咲きそうです。もちろんお友達同士でも楽しい時間を過ごせちゃいそうですね。

夜の足湯もいいですが、なんといってもオススメは朝の足湯。川に太陽の光が差し込み
、気持ちがいいんですよ。

館内設備にサービスが充実!

「庄助の宿 瀧の湯」のオススメポイント、いかがでしたでしょうか。「こんな設備があったらいいのにな」と思うようなサービスがたくさんありましたね。旅館で過ごす時間が、いつもよりももっと贅沢なものになること間違いなしですよ。

また、もっと贅沢に自分たちだけの時間を過ごしたいという方は、「はなれ松島閣」もオススメ!同じ建物内にあるため、館内設備は一緒です。こちらを詳しく知りたい方は、関連MEMOをご覧くださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ