米フォートローダーデールの隠れおすすめスポット!「ボンネットハウスミュージアム&ガーデンズ」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

米フォートローダーデールの隠れおすすめスポット!「ボンネットハウスミュージアム&ガーデンズ」

米フォートローダーデールの隠れおすすめスポット!「ボンネットハウスミュージアム&ガーデンズ」

更新日:2017/02/16 13:09

Mari Itoのプロフィール写真 Mari Ito フロリダ在住ライター

マイアミから車で1時間ほどのところに、フォートローダーデールシティーがあります。こちらの町は、セレブ達の別荘や豪華クルーズ船の寄港地として知られており、別名「アメリカのベニス」とも呼ばれます。今回は、そんなエリアにある隠れスポット、ボンネットハウスミュージアム&ガーデンズを紹介します。こちらのスポットは、フロリダ式のデザイン建築、素晴らしいアートの数々、そして美しい庭園が見どころです。

見学の始まりはココから

写真:Mari Ito

地図を見る

こちらの建物は、入場券購入売り場です。ツアーが1時間毎にあるので、もしツアーガイドさん付きで見学したい場合は、こちらで予約が出来ます。建物の歴史や芸術品の詳細について興味がある人は、こちらのツアーに申し込むことをオススメします。ちなみに、ツアーはすべて英語になります。

100年以上の歴史のある邸宅

写真:Mari Ito

地図を見る

元々こちらの邸宅は、1895年にHugh Taylor Birchが所有していました。1919年に、彼の娘ヘレンが結婚すると同時に、彼女と夫が住めるようにとウェディングギフトとして譲渡されました。彼女の夫は、シカゴ出身のアーティスト、Frederic Clay Bartlett。こちらの邸宅に住み始めて、6年後に突然ヘレンが亡くなります。1953年に彼が亡くなった後は、彼の二番目の妻が別荘として所有していましたが、1983年にフロリダ州へ所有権を渡し、現在は歴史的建造物として一般公開しています。

アートコレクションは面白い!

写真:Mari Ito

地図を見る

彼は画家としてだけでなく、芸術品のコレクターとしても知られており、ギャラリー部分では絵や装飾品はたくさん飾られています。また、妻のヘレンも亡くなるまで優れたアートコレクションを集めるのが好きで、過去には、ピカソの「The Old Guitarist」や、ポール・ゴーギャンの「 Day of the Gods」などを収集していました。

現在、これらの作品は、シカゴ美術館で「Helen Birch Bartlett Memorial Collection」として保管されています。その他にもユニークなアートコレクションが展示されているので、アメリカの芸術に興味がある方は、楽しめるのではないでしょうか。

美しいガーデンも魅力

写真:Mari Ito

地図を見る

アートコレクションだけでなく、敷地内にある美しいガーデンも魅力です。このガーデンが、想像以上にかなり広いです。ここでは、フロリダならではのトロピカルな気候でしか生息しない、レアな植物や花を観賞できます。邸宅を見学した後は、少し周辺を散策してみましょう。旅の思い出として、素敵な写真が撮れると思います。

可愛いオウムやインコ達にも出会えるかも!

写真:Mari Ito

地図を見る

また、敷地内には、オウムやインコ達が飼育されています。訪れる時間帯によって、彼らが可愛らしい芸を見せてくれることがあります。とても人馴れしているので、触っても攻撃されることがないのでご安心を。

また、週末には鳥のエキスパートによるセミナーも行われているので、フロリダ半島に生息する鳥類やバードウォッチングに興味があるようでしたら、参加してみるもいいかもしれません。

トロピカルガーデンやアートコレクションを楽しむだけでなく美しい砂浜ビーチも楽しめる!

今回はボンネットハウスミュージアム & ガーデンズを紹介しましたが、いかがでしたか?こちらのスポットから、ヨットハーバーやビーチまでは近いです。「アメリカのベニス」とも呼ばれる町ですから、こちらのスポットを訪れた後に豪華クルーザーやヨットの見学、美しい砂浜ビーチの散策も一緒に楽しんでみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ