スリランカの天空宮殿!古代都市「シーギリヤ」

| スリランカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スリランカの天空宮殿!古代都市「シーギリヤ」

スリランカの天空宮殿!古代都市「シーギリヤ」

更新日:2017/03/07 14:57

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

ジャングルの中に突然姿を現す高さ195mの巨大な岩山「シーギリヤ・ロック」の上には天空宮殿があります。5世紀頃たった11年間だけですがこのシーギリヤロックの頂上に都をおき、治めていたのは父を殺して王座を奪い取った狂気の王カーシャパ。1400年間の眠りから覚めた古代都市「シーギリヤ」は、空に浮かんでいる天空宮殿そのもの!スリランカの360度パノラマビューの絶景も楽しめ、世界中の人々を虜にしています。

- PR -

これぞ天空都市!360度パノラマビューの絶景

これぞ天空都市!360度パノラマビューの絶景

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

天空宮殿への入口は岩山を上った先のライオンテラスと呼ばれている広場にあり、ここが宮殿への入口です。現在は前足の一部のみしか残っていませんが、かつてはライオンが大きく口を開けて座っているデザインになっていたと考えられており、ライオンに飲み込まれるように宮殿に続いていました。

それはこの「シーギリヤ」の地名から推測されています。シンハラ語でライオンのことを「シンハ」、喉のことを「ギリヤ」と言い、これがこの「シーギリヤ」の地名の由来だと言われています。また、このシーギリヤ・ロックは、遠くからを見るとライオンがうずくまっているようにに見えることから、別名「ライオン・ロック」とも呼ばれています。

これぞ天空都市!360度パノラマビューの絶景

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

頂上まで上るとそこはカーシャパ王が建てた王宮跡。標高370メートルもある岩山の頂上は1.6ヘクタールもの面積があり、王宮の他にも兵舎やダンスステージ、プール、給水設備などの跡が残り、まさに天空都市の光景が広がっています。

周りに広がるのは広大なジャングルであり、この王宮に立った時に聞こえてくるのは風の音のみで、まさに静寂そのもの。1400年前、権力を手に入れたものの何かに怯えるように岩の上に住み、孤独と恐怖の中にいた王カーシャパの胸の内がそのままこの場所に現れているかのようです。

これぞ天空都市!360度パノラマビューの絶景

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

頂上にある王宮跡からは360度のパノラマビューの世界が広がります。ジャングルに囲まれた中から、ダンブッラの石窟寺院にある仏像や、アヌラーダプラにある白いダーガバ(仏塔)が顔を出し、大自然を感じられます。遠くまで360度見渡せる景色はまるで空の上にいるかのよう!天空宮殿からの眺めを思う存分楽しめますよ。

まるで岩の芸術作品!天空宮殿までの道のりも見所がたくさん!

まるで岩の芸術作品!天空宮殿までの道のりも見所がたくさん!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

天空宮殿へと続くライオンテラスの入口までにも見所がたくさんあります。シーギリヤの庭園からシーギリヤ・ロックに入る入口でまず目にするのが、巨大な2つの岩のアーチ。どのようにしてこの岩を重ねたのか謎ですが、岩の芸術作品と言っても過言ではありません。宮殿までの道のりはダイナミックな岩山が迫り、迫力満点!まさにこの地でしか見られない光景です。

まるで岩の芸術作品!天空宮殿までの道のりも見所がたくさん!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

王宮跡と並んで見逃せないのが「シーギリヤ・レディ」と呼ばれる美女たちの壁画。、1400年前に描かれたとは思えない程の色鮮やかで妖艶な美女たちの姿に吸い込まれるよう!

この壁画は狂気の王カーシャパが殺害した父の霊を鎮めるために描かせたもの。この女性たちは天国に住む妖精アップサラで、妖精アップサラに守ってもらうように頂上の宮殿に住んでいたとされています。当時は500人もの美女が描かれていたシーギリヤ・レディですが、現在は18人。現在は撮影禁止で、シーギリヤ博物館にレプリカが展示されています。

まるで岩の芸術作品!天空宮殿までの道のりも見所がたくさん!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

シーギリヤ・レディの先にあるのがミラー・ウォール。一見普通の壁のように見えますが、当時は表面を磨き上げて鏡の役割をしていました。この鏡の壁に使われている秘密のアイテムはなんとハチミツ!樹脂とハチミツを混ぜて下地を作ることにより強度を高めることができ、さらに表面の加工と仕上げにもハチミツを使うことで反射する壁を作ることができるんです。まさに古代の人の知恵ですね。

かつては、このミラー・ウォールの反対側の岩壁にも美女のフレスコ画があり、ミラー・ウォールに反射して映る仕掛けになっていました。

かつての僧院の姿も!ジャングルの中に突如現れる庭園と修行場跡

かつての僧院の姿も!ジャングルの中に突如現れる庭園と修行場跡

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ジャングルの中にあるシーギリヤロックは、その周りには「水の広場」と呼ばれる整備された広場が広がります。もともと古代から仏教僧の修行の地であったシーギリヤ・ロックは、カーシャパ王が亡くなった後は仏教僧に寄進されました。そのため、仏陀の像が残る「石窟寺院」や「説教の岩場」と呼ばれる仏教の教えをわかりやすく人々に伝えるための場所も残っています。もちろんカーシャパ王時代の沐浴場もあり、当時を思い知ることができます。

かつての僧院の姿も!ジャングルの中に突如現れる庭園と修行場跡

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

入口すぐのところにある水の広場には王の沐浴場が残っています。当時カーシャパ王には500人もの側室がいたそうで、彼女たちはここで沐浴をしていたと言われています。

またこのシーギリヤには沐浴場の他に、水路や貯水池など、水を循環させるための施設が整っていて上下水道も完備されています。頂上の宮殿には風車の動力で水を上に汲み上げており、5世紀の技術とは思えない程です!

かつての僧院の姿も!ジャングルの中に突如現れる庭園と修行場跡

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

シーギリヤ・ロックのすぐ近くには僧の修行場と使われていた跡も残ります。説教の岩場(写真)は仏教の教えをわかりやすく人々に伝えるための場所として使われていました。この岩には複数の穴があり、僧が岩場に上る時にレンガを取り付けた穴だと言われています。満月のポーヤ・デーにはこの穴の中に100個のランプが灯されます。

何故この場所に宮殿を!?謎多き「シーギリヤ」の歴史

何故この場所に宮殿を!?謎多き「シーギリヤ」の歴史

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

何故、こんな場所に王宮の建てたのか?その背景には複雑で悲しい歴史があります。

この「シーギリヤ」を建てたのはカーシャパという名の王。カーシャパは前王ダートゥセナ王の長男でしたが、母親が平民の女性であったため、貴族の女性との間に生まれた腹違いの弟に王座を奪われるのを恐れ、父であるダートゥセナ王を殺し強引に王位につきました。

父を殺した後悔や苦しみなのか、弟の復讐を恐れたのか7年の歳月をかけて巨大な岩の上に王宮を建設し、11年間の間このシーギリヤを統治しました。その後、弟との戦いに敗れたカーシャパは自ら命を絶ちました。

何故この場所に宮殿を!?謎多き「シーギリヤ」の歴史

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

シーギリヤ陥落後はしばらく修道院として使われていましたが徐々に衰退し、忘れられた存在となっていました。ジャングルの中に埋もれていたこの宮殿が発見されたのは1875年、カーシャパが亡くなった1400年も経ってからのことです。

シーギリヤが発見されたのは、イギリス植民地時代に望遠鏡でシーギリヤ・ロックを眺めていたイギリス人が、岩山に色鮮やかな絵を見つけたことからです。この色鮮やかな絵とは「シーギリヤ・レディ」。シーギリヤはシーギリヤ・レディの美女たちと共に長い眠りから覚めたのです。

シーギリヤ・ロックに登る注意点

1)登頂は早朝がお勧め!
シーギリヤ・ロックは朝7時から開いてるので朝早くに訪れるのがお勧めです。朝は涼しく、また観光客も少ないのでゆっくりと登れます。頂上は日陰になる場所もなく、昼間は日差しが強いのと強風が吹いているので、できるだけ朝早くに訪れましょう。

2)蜂に注意!
ライオンの足のある宮殿入口の上に大きい蜂の巣があります。蜂が活発になるのは午後で、運が悪ければ宮殿に登れない可能性もあります。

3)トイレは登頂前に!
シーギリヤ・ロックに入ってしまうとトイレはありません!博物館にトイレがあるのでここで済ませていきましょう。

4)お水は必ず!
シーギリヤ・ロックの中には売店等もありませんので、たっぷりの水分を持っていくことをお勧めします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ