海の女神出現!高知足摺ハート形パワースポット「白山洞門」

| 高知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

海の女神出現!高知足摺ハート形パワースポット「白山洞門」

海の女神出現!高知足摺ハート形パワースポット「白山洞門」

更新日:2017/03/02 12:08

林 ぶんこのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 林 ぶんこ 学芸員資格

高知県足摺岬にある日本最大の花崗岩海蝕洞門、白山洞門。太平洋の荒波が轟音と共に岩穴を抜け、打ち寄せる様子は豪快で、それだけでも一見の価値があります。しかし近年はそれだけではなく、「洞門に女神の横顔が現れ、ハート形の洞門を祝福している!」と恋愛成就のパワースポットとしても評判になっています。洞門を一望できる無料の展望足湯に浸かりながら、海の女神に逢える絶景、足摺岬・白山洞門に行ってみませんか?

国内最大級の海蝕洞門、そして浮かぶ女神の横顔

提供元:高知県

高知県南西端の足摺岬から西に少し行った場所に、波の浸食作用で出来た洞門、白山洞門があります。巨大な花崗岩をMの形のように波が削った真ん中の部分、洞門の大きさは高さ16m、幅17m、奥行き15m。国内最大スケールの海蝕銅門で高知県の天然記念物に指定されています。

自然の力を感じられる神秘的なスポットとして人気のある白山洞門ですが、洞門がハート形に見えるということと、洞門の上の岩盤が女性の横顔の様な形に浮き出てきて、それが洞門を祝福しているように見える、とのことから”海の女神が祝福する恋愛成就のパワースポット”としても、近年評判になっています。

提供元:土佐清水市観光協会

http://www.shimizu-kankou.com/

少女の横顔のように見える海の女神。分かりますか?確かに下の洞門にチュッ!としているように見えますよね。

絶景を楽しめる無料の展望足湯「万次郎足湯」

提供元:土佐清水市観光協会

http://www.shimizu-kankou.com/

この女神様のお顔を真正面に拝し、洞門とその後ろに悠々続く太平洋の大パノラマが一望できるのがこちら、無料の展望足湯「万次郎足湯」。

施設内には天然温泉の足湯が数段あり、どこに座っても大きなガラス窓から絶景パノラマが楽しめるようになっています。写真の小さなカップルのように仲良く足湯につかりながら、白山洞門の女神様に祝福されてくださいね。

洞門へと降りる急勾配の急階段

写真:林 ぶんこ

地図を見る

女神様は「万次郎足湯」で見つけられますが、ハート形の洞門は波打ち際まで降りて行かないと分かりづらいです。

「万次郎足湯」からすぐ、あしずりユースホステルの前あたりにある「白山洞門」を示す看板から、遊歩道を行けば洞門まで降りて行くことができます。ですがこの遊歩道、ごらんの通りの急勾配の階段が続き、行きの下りはいいとしても、帰りの登りはなかなかキツイものがあります。飲み物を用意して、足元はスニーカーなどの歩きやすい靴で遊歩道に入るようにしましょう。白山洞門だけでなく足摺岬展望台の方まで、ぐるりと周れるトレッキングに近いハードなウォーキングが出来るようになっています。

波音を轟かせハート形の洞門を通り抜ける太平洋の豪快な荒波

写真:林 ぶんこ

地図を見る

急勾配を降り、洞門に近付く程に波音が大きくなってきます。太平洋の荒波がゴォオーッ、ドドーン!とものすごい音を轟かせながら、洞門内で高さを増して岩に当たり、しぶきを上げて浜辺に打ち寄せるさまは迫力満点です。

豪快な波のショーを堪能しつつ、洞門がハート型に見える場所を探して歩いてみましょう。夕暮れ時に訪れると、洞門の奥にオレンジ色のハートのシルエットがくっきりと浮かび、かなりロマンティックですよ。

写真:林 ぶんこ

地図を見る

ですが、ここは、波の浸食作用で岩に穴が開く、潮の流れが速い荒々しい場所であることを忘れずに。波が高くて風が強い日は大変危険ですので、洞門近くには絶対に近付かないようにしましょう。

岩と海が織りなす神秘的で豪快な眺めを堪能!足摺クルーズ

写真:林 ぶんこ

地図を見る

足摺岬を訪れたら絶対に乗っておきたいのが、白山洞門を海側から見ることができる足摺クルーズ。碧い碧い足摺岬周辺の海を約一時間かけて周り、陸上では見ることができない足摺特有の花崗岩が露出した絶壁などのダイナミックな地形を、海上から眺めることができます。

潮の流れが速い足摺周辺の海は透明度が半端なく、天気がよい日には海の底まではっきり見えます。すぐ下に海底が見えるので浅い海だと思われるかも知れません。が、ぜひ水深を船長さんに聞いてみてください!その深さに驚かれること間違いなしです。

写真:林 ぶんこ

地図を見る

そしてわざわざイタリアまで行かなくても、海のコンディションがよい日には、カプリ島かと見紛うほどの美しい、あしずり青の洞窟に案内してもらえます。

写真:林 ぶんこ

地図を見る

足摺岬灯台の絶壁の下にもこんな海蝕洞窟が開いています。

足摺クルーズのお問合せについては関連MEMO欄をご参照ください。また、足摺地区にある各宿泊施設からも手配できます。

足摺岬には自然が作り出した神秘的なスポットがいっぱい

足摺エリアには、白山洞門の他にも花崗岩の大岩や太古の巨石群、樹齢300年を超すアコウの大木など、地球の神秘が感じられる大自然のパワーに満ちた魅力的なスポットが多々あります。四国のさいはてといわれるだけあって決して行きやすい場所ではありませんが、交通機関を乗り継ぎ遠路はるばる辿り着いた際には、足摺の自然が持つ鮮やかな色と光に目を奪われ、四国というよりもっと遠くの亜熱帯の島に来たような不思議な感覚に包まれることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ