ゲルに宿泊!那須「モンゴリアビレッジ テンゲル」で快適なモンゴルライフを送ろう!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ゲルに宿泊!那須「モンゴリアビレッジ テンゲル」で快適なモンゴルライフを送ろう!

ゲルに宿泊!那須「モンゴリアビレッジ テンゲル」で快適なモンゴルライフを送ろう!

更新日:2017/02/14 11:43

モンゴルの遊牧民が使う移動式のテント「ゲル」。なんと栃木県の那須高原にある「モンゴリアビレッジ テンゲル」では、このゲルに宿泊することができるんです!ゲルの中は予想以上に広く、ベッドも4台完備されているためみんなで泊まることができます。さらに天然温泉やバーベキューなども楽しむことができ、かつ財布に優しい料金設定となっています。ここに泊まれば忘れられない体験になること間違いなしのお宿です!

モンゴリアビレッジ テンゲル

地図を見る

たくさんの宿泊施設がある栃木県・那須高原において、唯一無二の個性を放っているのが「モンゴリアビレッジ テンゲル」です。この宿は日本で数カ所しかないモンゴルの「ゲル」に宿泊できる場所。非日常の体験をできるとあって人気の施設となっています。

地図を見る

フロントにはモンゴルに関する展示物が多くあります。また毎日モンゴル伝統の楽器「馬頭琴」の演奏会も行われていたり、民族衣装をレンタルして着られたりするなど、存分にモンゴルを楽しめます。

ゲルが並ぶ世界はまさにモンゴル!

地図を見る

フロントを出て奥に進むと、そこにはたくさんのゲルが立ち並ぶ、日本ではありえない光景が広がっています。モンゴルの大草原にいる感覚になること間違いなしです!

これらのゲルはわざわざモンゴルから直輸入されたもので、レプリカではなく「本物」のゲルとなっています。

地図を見る

ゲル同士の間はかなり広く取られているため、気兼ねなく皆でわいわい楽しむこともできます。夏場は大草原、冬場は雪景色に様変わりするなど、一年を通して美しい風景を見られるのも大きな魅力です。

地図を見る

夜になり鮮やかに浮かび上がるゲルの姿も必見です。また毎晩30分間は敷地内の電気が消え、真っ暗の中満天の星空を眺められる時間が設けられており、より那須の自然が感じられるように工夫されています。

室内は広い!

地図を見る

さて肝心のゲルの内部ですが、とてもゲルの中とは思えない造りとなっています。まず驚くべきはその広さ。ベッドが4台完備されており、布団も出せば最大で6人も泊まれるようになっています。

またエアコンがあるため温度調節も問題なく、さらに冷蔵庫やテレビも設置されているなど、かなり快適に過ごすことができるんです。

トイレなどの水回りは各ゲルにないため、敷地内に3ヵ所あるトイレ棟を使用する形になります。しかしどのトイレもゲルから近い場所あり冷暖房完備のため、全く問題はありませんよ。

地図を見る

敷地内には一般のゲルとは別に10名まで泊まれる大きなゲルが2棟と、アルスランと呼ばれる多目的ゲルが1棟あります。アルスランでは50人規模の会議が行われたり、プロジェクターの使用も可能だったりと、かなり桁違いなゲルとなっています。会議や研修で使えるので、機会があればぜひ利用してみてください!

夜はバーベキュー

地図を見る

夕食は超ボリューム満点のバーベキュー!たっぷりのお肉と野菜を食べられます。プランによってはお肉が食べ放題となるので、食いしん坊の方にはたまらないメニュー。また料理は屋内のレストランで頂けるので、寒い冬場でも安心です。

地図を見る

朝食はこれまたうれしいバイキングスタイル。モンゴル料理も味わえるので、朝からお腹いっぱいになっちゃいます。

なんと天然温泉に入れる

地図を見る

ゲルに泊まって美味しい料理を堪能して終わりでないのが、ここ「モンゴリアビレッジ テンゲル」の凄いところ。なんと敷地内から天然温泉が湧き出ており、温泉も楽しめてしまうんです。

湯船も男女別にそれぞれ桧風呂・岩風呂・露天風呂の3ヵ所あり、かなり広々としたものになっています。美肌成分を多く含んだ温泉は、滞在中何度も入りたくなってしまいます。

お値段も安い!

ゲルに泊まってバーベキューを食べて温泉に浸かる。まさにここでしかできない体験です。これだけ聞くとさぞお高いかと思いきや、なんと2食付きで一人1万円以下で泊まることができるんです!これはコスパ最強と言えるでしょう。あなたも今すぐ、那須にあるモンゴルの世界へ行ってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/07 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ