魔女の宅急便・キキが働いたパン屋さん!?豪タスマニアの「ロス・ビレッジ・ベーカリー」を訪ねよう!

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

魔女の宅急便・キキが働いたパン屋さん!?豪タスマニアの「ロス・ビレッジ・ベーカリー」を訪ねよう!

魔女の宅急便・キキが働いたパン屋さん!?豪タスマニアの「ロス・ビレッジ・ベーカリー」を訪ねよう!

更新日:2017/02/07 16:52

さかた のぞみのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター さかた のぞみ 旅ブロガー、トラベルライター、1人女子旅応援サポーター

ジブリ映画の代表作の一つとして、今でも根強い人気を誇る「魔女の宅急便」。主人公のキキが住み込みで働くかわいらしいパン屋さんが登場しますが、それにはモデルがあったのをご存知でしょうか?
それがオーストラリアのタスマニア島にある「ロス・ビレッジ・ベーカリー(The Ross Village Bakery)」。映画を見たことがあれば一度は訪れてみたいスポットです!今日はその魅力をたっぷりとご紹介します!

タスマニアの小さな街ロスに佇むベーカリー

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ロスはタスマニア島のほぼ中心部に位置する小さな街。タスマニアの州都であるホバートからは車で約1時間半ほどの距離にあります。電車などの公共交通機関はないので、タクシーかレンタカーで向かいましょう!

街の端から端まで歩いて散策できてしまうような、本当にこじんまりとした街であるロス。お店と呼べるようなお店も数軒しかありませんが、その中の一つが存在感のあるこちらの「ロス・ビレッジ・ベーカリー」です。

写真:さかた のぞみ

地図を見る

店先ではかわいらしいコックさんがお出迎え!外にはパラソル付のテラス席も用意されており、地元民や日本人をはじめとする多くの観光客でにぎわいます。

かわいらしい「ロス・ビレッジ・ベーカリー」店内を覗いてみよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

店内に一歩踏み入れると、すぐ目の前にこじんまりとしたかわいらしいカウンターがあります。映画の中でも印象的に描かれている、キキが店頭のカウンターで物思いにふけるシーン。まさにそのモデルとなったカウンターがこちらです!実際に映画と比べると、かなり近代的できれいな印象を受けることでしょう。

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ショーケースの中には所狭しと様々なメニューが並んでいます。中でも名物として知られているのが「バニラ・スライス」と呼ばれるお菓子。さくっとしたパイのような生地にカスタードクリームをたっぷりと挟んだ一品は、クセになること間違えなしです!ぜひ記念に試してみてはいかがでしょうか?

店内に飾られたキキグッズの数々

写真:さかた のぞみ

地図を見る

そんな店内を見渡すと、映画やキキにまつわるグッズが数多く見られます。カウンターのすぐ横には大きなタスマニアの地図が貼ってあり、そのうえにはキキのイラストも!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

さらにその脇には現地の新聞の記事が貼られており、「魔女の宅急便」のモデルとして現地新聞社から取材を受けた際の記事を読むことができます。

ファンにはたまらないこうしたグッズの数々。他にも多くの関連グッズを見ることができますので、ぜひゆっくりと店内を回ってみましょう!

さらに裏庭でもゆっくりと!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

店頭のテラスも素敵ですが、映画の雰囲気を味わいたい方はぜひ店の裏手にあるお庭でゆっくりと過ごしましょう!晴れた日には青空の下、とても気持ちいい食事を味わえることでしょう。

写真:さかた のぞみ

地図を見る

さらに奥のほうに進んだところにもテーブル席が用意されています。こちらはほぼ店の裏側になるのですが、ファンの方にはたまらない場所です。

写真:さかた のぞみ

地図を見る

そう、この奥にある扉こそが、映画の中でキキが住み込みで暮らしていた小さな屋根裏部屋。外から覗くとお店の私物などが置いてあり、多少ゴチャゴチャした印象は受けますが、それも映画同様かもしれませんね。映画の雰囲気を味わいたい方はぜひ裏庭まで足を運んでみましょう!

「ロス・ビレッジ・ベーカリー・イン」に宿泊しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

もっと映画の世界観を味わいたいという方は、ぜひ「ロス・ベーカリー・イン」に泊まってみてはいかがでしょうか?「ロス・ビレッジ・ベーカリー」のすぐ隣には簡素な宿が備わっており、映画の中でキキが住んでいた部屋のモデルとなった部屋に、実際に宿泊することもできます!

もちろんキキの部屋は一部屋しかないので事前の予約は必須!多いときには数ヶ月先まで満室なんてこともあるそうなので、予定が決まった際には早めに予約しましょう!

「魔女の宅急便」を肌で感じよう!

いかがでしたでしょうか?映画の中の世界を、まるで現実のように味わえてしまう「ロス・ビレッジ・ベーカリー(The Ross Village Bakery)」。ファンはもちろん、日本人なら誰もが一度は訪れたい、とても素敵なパン屋さんです。

ぜひあなたも「ロス・ビレッジ・ベーカリー」で魔女の宅急便の世界を肌で感じてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/10 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ