日本が誇る南国アイランド!石垣島で絶景ドライブを楽しもう

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本が誇る南国アイランド!石垣島で絶景ドライブを楽しもう

日本が誇る南国アイランド!石垣島で絶景ドライブを楽しもう

更新日:2017/01/30 12:07

てっぴいのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター てっぴい 旅ブロガー

日本の最南端および最西端に位置する八重山諸島。そんな八重山諸島の中でも約4万8千の人口を抱え、様々な分野で中心的な役割を担う石垣島ですが、多くの方がご存知の通り、南国のイメージがぴったりと当てはまる日本屈指のリゾートアイランドです。底地ビーチや平久保崎など、南の島ならではの景色が広がる石垣島で、今回は車で巡って楽しめる素晴らしい絶景スポットの数々について紹介していきます。

石垣島随一の景勝地!まずは川平湾で最高の海の景色を楽しもう

写真:てっぴい

地図を見る

石垣島の北西にある川平湾(かびらわん)。石垣島の市街地よりおよそ20kmほど車を走らせたトコロにある景勝地ですが、「日本百景」にも選ばれた南の島らしいエメラルドブルーの海の様子が大変美しい絶景スポットになります。

石垣島を紹介している観光ガイドブックは数多くありますが、そんな数多ある観光ガイドブック等にも必ずと言って良いほど石垣島のマストスポットとして掲載されている川平湾。

上の写真がまさにその川平湾の絶景を写したものになりますが、エメラルドグリーンの海の様子をキレイに写真に収めたいのであれば、高台にある川平公園から撮影するのが断然おススメ!湾内に浮かぶ大小さまざまな小島の様子とともに、どこまでも透き通って青く美しく輝く南国の海の光景は、思わず息を呑んでその場で立ち尽くしてしまうほど感動する絶景です。

ちなみに、こちらの川平湾は平成9年(1997年)には島内最高峰である於茂登岳(おもとだけ)とともに国の名勝に指定されましたが、その後、平成19年(2007年)には「西表石垣国立公園」の一部として編入され、さらに直近の平成21年(2009年)には、沖縄から初めてミシュランガイドの3つ星観光地として見事にこちらの川平湾が選ばれました。

写真:てっぴい

地図を見る

川平公園の高台から眺める川平湾の景色も素晴らしいですが、砂浜に降りてもこちらの素晴らしい透明度の海が目の前に広がります!

湾内の潮の流れが早い為、残念ながらこちらのビーチで泳ぐことは出来ませんが、川平湾で観光の定番と言えば湾内の美しいサンゴの海を眺めながら遊覧するグラスボートになります。グラスボートとは船の底が透明なガラスなっている観光用の船のことで、豊かなサンゴの海と国内屈指の透明度を誇る海の両方を持つ沖縄ならではの楽しみ方です。

シュノーケリングやダイビング等と違って、ただ船に乗っているだけで海の底までの景色を楽しむことが出来ますので、小さいお子さん連れのご家族やご高齢の方でも気軽に沖縄の素晴らしいサンゴの海を満喫することが出来ます。湾内に果てしなく続くサンゴ礁の合間には、あのディズニー映画『ファインディング・ニモ』で一躍有名となったカクレクマノミ等が優雅に泳ぎ回る姿なんかも。

また、川平湾は石垣島でも非常にメジャーな観光地の1つですので、川平公園付近には食事処やおみやげ屋が何軒か立ち並び、八重山そば等の沖縄グルメも一緒に味わうことが出来ます。

川平湾で素晴らしい海の絶景を楽しんだ後は、石垣島西端にある御神崎へ!

写真:てっぴい

地図を見る

さて、川平湾で思わずウットリしてしまうような素晴らしいエメラルドブルーの海を満喫した後は、石垣島の西端にある御神崎(うがんざき)へと向かいましょう。

川平湾から県道79号線などを経由しておよそ10q。屋良部半島の西端に位置する御神崎は、その名の通り“神が降りて来る聖地”として謡われた岬です。岬の先端には御神崎灯台があり、晴れていれば西表島の島影をハッキリと確認することが出来ます。

また、島の西端に位置することから夕日が美しいスポットとしても知られています。

写真:てっぴい

地図を見る

突端にある岬の為、やはりこちらも石垣島の素敵な海の風景が大変印象に残る御神崎ですが、それよりも強烈にインパクトに残るのがこちらのダイナミックな岬の光景です!

先程の川平湾のような穏やかな南国の海のイメージとはまるで異なり、岬の周辺はゴツゴツとした巨石や岩礁がいくつも散る荒々しい光景が広がります。駐車場からは灯台へと続く遊歩道が整備されているほかに、岬の周囲は芝地が広がっていますので岬の周辺を自由に散策出来るような格好となっています。

ぜひ、散策がてらお気に入りの撮影スポットを見つけて、こちらの御神崎で迫力ある岬の景色を写真に収めましょう!

石垣島を一望する「エメラルドの海を見る展望台」!

写真:てっぴい

地図を見る

川平湾や御神崎でそれぞれ趣きの異なる素晴らしい絶景を思いっきり楽しんだ後は、最後に石垣島の南部にある「エメラルドの海を見る展望台」へと向かいましょう。

こちらの展望台は、御神崎がある屋良部半島から石垣島の市街地に戻る方向の途中にある展望台で、市街地の北、およそ5kmのトコロにあるバンナ岳の山頂近くにある展望台です。展望台のすぐ下には無料で停められる駐車所があって、こちらも非常にお手軽に石垣島の絶景を楽しむことが出来ます。

「エメラルドの海を見る展望台」という名前の通り、標高約200mの山の上から石垣島の美しいエメラルドブルーの海の様子を見渡すことの出来る展望台ですが、ちょうど真南の方向にある石垣島の市街地も望むことが出来るほか、ほぼ360度の大パノラマを眺めることの出来るおススメの展望台です!

写真の方向は、先程紹介した御神崎がある屋良部半島やヒルギ群落が広がる名蔵アンパル等がある西方向を眺めた景色。このほか石垣市街地の向こうには沖合に浮かぶ竹富島の様子なんかもハッキリと望むことが出来ます。

空港へ降りたらすぐにレンタカーで石垣島の絶景を巡る旅へレッツ・ゴー!

石垣島の素敵な絶景を巡る旅はいかがでしたでしょうか?

今回紹介した3つの絶景スポットの中でも川平湾と石垣市街地、そして、石垣市街地と石垣島の空の玄関口である「南ぬ島石垣空港」間のアクセスは、公共交通機関が割と充実している区間ですが、その他の御神崎、「エメラルドの海を見る展望台」へとアクセスする路線バスはほとんど皆無ですので、島内をいろいろと巡るのであれば断然レンタカーがおススメ。航空券と合わせて事前にレンタカーもあわせて手配しておくと、現地での移動がスムーズになります。

また、せっかくレンタカーを借りるのであれば1日観光となってしまいますが、石垣島を1周がてら島の東部にある玉取崎展望台や平久保崎なんかも回って、そこでの絶景を楽しむのもまた格別ですよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ