「どろぶた」を食べにランチョ・エルパソへ!帯広地ビールもご一緒に

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「どろぶた」を食べにランチョ・エルパソへ!帯広地ビールもご一緒に

「どろぶた」を食べにランチョ・エルパソへ!帯広地ビールもご一緒に

更新日:2017/01/25 17:48

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり モニターブロガー

豚の飼育、その食肉加工、そしてそれらをレストランで提供するという、一連の流れを一社で担っているこだわりのお店「ランチョ・エルパソ」。そんなランチョ・エルパソで、十勝の大自然の中で育てられた放牧豚「どろぶた」を味わってみませんか。他にも帯広唯一の地ビールがあったり、中庭菜園で育てられた無農薬野菜を楽しめたり。中世ヨーロッパのお屋敷のような雰囲気のお店に、帯広の美味しいを楽しみに行ってみましょう!

- PR -

臭みの少ない放牧豚「どろぶた」

臭みの少ない放牧豚「どろぶた」

写真:野村 みのり

地図を見る

ランチョ・エルパソのメニューに並ぶ「どろぶた」の文字。これは、広々とした北海道十勝の森でのびのびと放牧飼育された、エルパソ豚牧場のオリジナル豚のブランド名です。どろんこ遊びが大好きなどろぶたは、自然の土に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養分をたくさん取り込み、豚特有の臭みを大幅におさえてくれています。写真はどろぶたの挽肉を使ったタコライス。スパイシーさがどろぶたの旨味をさらに引き立ててくれる一品です。どろぶたを使って作られた、帯広名物の豚丼「どろぶた豚丼」もオススメです。

中世ヨーロッパの雰囲気の中で帯広地ビールを!

中世ヨーロッパの雰囲気の中で帯広地ビールを!

写真:野村 みのり

地図を見る

店内は、中世ヨーロッパの片田舎にある屋敷のような佇まい。吹き抜けになった2階もあり、座席は1階2階合わせて120席と本当に大きなお屋敷のよう。そんな開放的な昼間の明るい店内もいいですが、ディナータイムの薄暗い店内もまた雰囲気がありステキです。そんな雰囲気の中にいるとアルコールもすすむのではないでしょうか。ランチョ・エルパソには、地元でとれたメークインや木苺を使ったビールがあります。唯一の帯広の地ビール「帯広ビール」です。是非どろぶたの美味しい食事とともに、帯広地ビールもお楽しみくださいね。

併設工場と中庭菜園

併設工場と中庭菜園

写真:野村 みのり

地図を見る

レストランの裏には、ピンクがかった色の壁の工場があります。見た目はカートゥーンチックで、どこかのテーマパークに来ているかのようなワクワク感が押し寄せます。しかし建物内は正真正銘の工場。帯広ビールのブルワリーとなっています。また、タコライスにも添えられていたソーセージなども併設の工場で作られています。さらに中庭菜園では野菜が無農薬栽培されており、旬の野菜が料理に彩を添えてくれます。お肉も野菜もビールも、すぐそこから届けられえているという安心感がありますね。

「どろぶた」は、お土産も充実の品ぞろえ

「どろぶた」は、お土産も充実の品ぞろえ

写真:野村 みのり

地図を見る

ランチョ・エルパソでどろぶたの美味しさの虜となってしまった方に朗報です!店内には、どろぶたを使ったソーセージやハム、ベーコンなどの販売もなされています。他にも長期保存できそうなジャーキー、チョリソー、レトルトカレーなど様々な商品がありますので、自宅に帰ってから再度楽しむ用に、そして美味しさをシェアしたい人へのお土産になど買って帰られるのはいかがでしょうか。

運気向上してくれる!?かわいい豚さん

運気向上してくれる!?かわいい豚さん

写真:野村 みのり

地図を見る

帯広駅から車で10分弱のところにあるランチョ・エルパソ。お店の入り口では笑顔の豚さんが出迎えてくれます。でもこの豚、ただの番犬ならぬ「番豚」ではないのです。実はこのかわいい豚さん、運気向上のパワーを秘めているとか。この豚さんの鼻に触ると、トントン拍子に運がつくと言われているのです。お店に訪れたらどろぶたや地ビールを楽しむだけでなく、忘れずに豚さんのお鼻をなでなでしてきてくださいね。

ランチョ・エルパソで帯広の美味しいを味わう!

帯広で育まれた食材を中心に調理されたランチョ・エルパソの料理たち。地ビールを楽しむなら、やはり雰囲気のあるディナータイムがオススメですが、どろぶたはランチでもディナーでも美味しくいただけること間違いなし!そして不定期に開催される食べ放題のランチバイキングも人気です。どろぶたや菜園野菜をおなかいっぱい食べることができ、デザートまで食べ放題で、笑顔になれることこれまた間違いなし!ぜひホームページで開催日をご確認の上訪れてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/05−2016/07/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ