春夏におすすめ!ロンドンっ子に人気のお花に囲まれたカフェ&パブ

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

春夏におすすめ!ロンドンっ子に人気のお花に囲まれたカフェ&パブ

春夏におすすめ!ロンドンっ子に人気のお花に囲まれたカフェ&パブ

更新日:2017/04/25 13:24

馬場 ゆうこのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 馬場 ゆうこ 香港ブロガー

春夏のロンドンはイングリッシュガーデンやローズガーデンなど、美しい花と香りが楽しめる季節。ガーデニングが盛んなイギリスではこの季節、どの家の庭や、大都会ロンドンのストリート沿いの窓辺も、美しい花々で溢れています。

花に囲まれたイギリス人の暮らしを垣間見られる、ロンドン旅行中に立ち寄ってほしいお花に囲まれたカフェやパブをご紹介します。

圧巻!お花だらけの名物パブ

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

The Churchill Arms(ザチャーチルアームズ)は、1750年にオープンした歴史のあるパブ。1800年代にはウィンストン・チャーチルの祖父母がこのパブの常連だったとか。

ここはなんといっても建物全体を埋め尽くしたお花が有名!!その美しい外観からロンドンの人気スポットになっています。コンテナとハンギングバスケットの数と花のボリュームは見事で、道を歩く誰もが目を奪われます。

パブの中はどうなっているかというと、壁にはウィンストン・チャーチルの写真やグッズが飾られており、バーカウンターの天井が隠れるほどのランプ・鍋・アンティークグッズが吊るされていて、パブの歴史の長さが一目でわかる店内です。

数あるパブの中でも外観のインパクトはロンドンNo.1です!

毎週日曜日だけ開催のコロンビアフラワーマーケット

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

ロンドン東部にあるコロンビアロードで毎週日曜日に開催されるコロンビアフラワーマーケットは、休日に生花や苗を探しに幅広い年齢層の人々が集まってくるので活気にあふれています。

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

コロンビアフラワーマーケットでは、店主自ら栽培した植物や世界中から輸入した花が、日本と比べて驚くほどの安さで販売されています。
花を抱えて家に帰る人々の幸せそうな姿を見るうちに花が欲しくなれば、花を選んで近くの雑貨屋さんで花瓶を探し、ホテルに戻って部屋に飾ってみるのもおすすめです。

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

フラワーマーケットの通りには、アンティークショップ、ヴィンテージショップ、カフェなどが並び、少し路地に入ると蚤の市が開催されていたりと、日曜日のコロンビアロードはお花だけではなく楽しみも色々。

イギリス旅行の思い出にティーカップやお皿を買ってみたい方は、可愛いヴィンテージのテーブルウェアを集めたVintage Heaven(ヴィンテージヘブン)でお気に入りのものが見つかるかもしれません。

高級住宅街にあるセレブ御用達のガーデンセンター

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

Petersham Nurseries(ピーターシャムナーサリーズ)は、ロンドン西部のリッチモンドにある人気のガーデンセンター。広大なリッチモンドパークのすぐそばで自然豊かな場所にあります。

植物が販売されているほか、敷地内にはいくつか温室があります。
その温室の中には・・

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

雑貨を販売している温室は、ガーデングッズから食器まで上質なものがセンス良くディスプレイされていて、雑誌の1ページのような空間。

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

実はお店の奥にはイングリッシュガーデンがあり、普段は見学できませんが、オープンガーデンの日には秘密のお庭に入れるのです。
滅多に公開されませんので、オープンガーデンの日はHPで事前にご確認下さい。

どちらも大人気!温室レストランとカフェ

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

敷地内には温室レストランとカフェがあり、ミシュランの星を獲得したこともあるPetersham Nurseries Cafe(レストラン)は予約必須です。

写真:馬場 ゆうこ

地図を見る

こちらのTea Houseは予約不要で、セルフサービスでカジュアルなカフェ。紅茶やケーキ、サラダなどの軽食がいただけます。

温室にはやわらかい太陽の光が降り注ぎ、まわりには犬と一緒に訪れてリラックスするリッチモンドの住人がいっぱい。スローフードをいただきながらゆっくりと時間が流れていきます。

自然を愛し花に囲まれたイギリスの暮らし

王立植物園、チャールズ皇太子の庭ハイグローブ、王立園芸協会など、王室と関わりのある庭や団体の多さからも、自然を愛するイギリスの国と人々の暮らしが見えてきます。
暮らしにうまく自然を取り入れて、自然からエネルギーをチャージする。そんなイギリスで人気のパブやカフェは人と花の距離が近く、今回ご紹介したスポットを訪れてみると、日々を心豊かに過ごすヒントが見つかるかもしれません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/06/24−2015/03/29 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ