気軽に王侯貴族気分?小倉に華麗な迎賓館「ホテルニュータガワ」バイキングはオーダー式

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

気軽に王侯貴族気分?小倉に華麗な迎賓館「ホテルニュータガワ」バイキングはオーダー式

気軽に王侯貴族気分?小倉に華麗な迎賓館「ホテルニュータガワ」バイキングはオーダー式

更新日:2017/01/19 16:57

水津 陽子のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

福岡県小倉市にヨーロピアンエレガンスをコンセプトとする華麗なる迎賓館「ホテルニュータガワKOKURA」があります。小倉の中心部にありながら池泉回遊式の日本庭園を有し、欧風の客室はとってもゴージャスな設えをしています。庭園を囲むレストランでは席に座ったまま、和洋中のお好みのメニューを注文できる優雅なオーダー式バイキングが大人気。しかも料金は予想外にリーズナブルで気軽に王侯貴族気分が味わえます。

全室趣きの異なるヨーロピアンエレガンスな邸宅風の客室!

写真:水津 陽子

地図を見る

ホテルニュータガワKOKURAの魅力はなんといってもこのヨーロピアンエレガンスをコンセプトとする優雅な客室です。ファブリックから調度まで全室趣きが異なる邸宅風のインテリアは優雅さ満点、ラグジュアリー感にあふれています。

座り心地良いイスやソファはヨーロッパで製作したもの。お揃いのカーテンとベッドカバーは花柄だったり、ストライプだったり。上質でゆったりとしたこのかまぼこ型の枕、シーツや枕カバーの素材や質感などにもこだわっています。

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらツインのお部屋には窓際に中庭を眺められるテーブルと椅子のほか、こちらの広めのデスクもあり、ビジネスユースの方はお仕事もできます。

こんなに素敵な客室なのに料金は意外とリーズナブルなので、ツインのシングルユースをしても利用しやすい価格です。

写真:水津 陽子

地図を見る

調度の1つ1つが上質で、鏡一つにしても美術品のような美しさ。ついつい見とれてしまう部屋です。

バスルームにはガラス戸を使用!

写真:水津 陽子

地図を見る

アメニティはホテルオリジナル、全室にバスローブを完備し、洗面室が曇ることがないようバスルームはガラス戸を使用しています。

120年前炭紘王が手掛けた700坪にわたる池泉廻遊式の日本庭園

写真:水津 陽子

地図を見る

ホテルニュータガワの中庭は、120年前炭紘王が手掛けた700坪にわたる池泉廻遊式の日本庭園。ヨーロピアンテイストのホテルなのに庭は和の佇まいという和洋折衷です。

夜はこのようにライトアップされます。

写真:水津 陽子

地図を見る

ホテルニュータガワは結婚式場としても人気で、こちらの中庭では結婚式が行われることもあります。中庭に面した部屋や一階のラウンジなどからは素敵なセレモニーを目にして感激することも。

人気のオーダー式バイキング!優雅な飲み放題、食べ放題

写真:水津 陽子

地図を見る

ホテルニュータガワのレストラン「和美食 雫」ではランチ、ディナータイムにバイキングが楽しめます。中でもディナータイムはフリードリンク付きのバイキングが大人気。しかもテーブルについたら席を立たず、メニューからお好みのものを注文するオーダー式のバイキングです。

美食鍋は沖すき、牛すき、ふぐなど4種から選べ、フグ刺しや鰻、ステーキのほか、和洋中の充実したメニューが用意されています。ドリンクは日本酒、ワイン、焼酎などのほか、各種カクテルも用意されています。

またバイキング以外にも3000円台から各種会席膳もあります。ホテルにはこの他にフレンチや鉄板焼きなどのレストランもあります。

写真:水津 陽子

地図を見る

尚、スイーツと珈琲はお好みで。こちらは注文制ではなく、各コーナーでセレクトします。スイーツコーナーにはケーキなど10種が用意されています。

スイーツも充実していますので、オーダー式バイキングで食べ過ぎて、デザートが入らない!とならないよう是非ご注意を。

※バイキングのメニューや料金は記事末尾の【関連MEMO】にある「雫」のホームページをご覧ください。

朝食は美しい中庭を眺めながら、ゆったりと優雅に

写真:水津 陽子

地図を見る

朝食は美しい中庭を眺めながら優雅なアメリカンブレックファーストを楽しみましょう。

小倉城もすぐそこ、朝夕の散策も楽しみたい!

ホテルニュータガワは小倉の中心部にあり、小倉駅から徒歩8分、小倉駅直結のモノレール旦過駅より徒歩1分という好立地にあり、小倉城もすぐそばにあります。朝夕の散策はもちろん、冬季は小倉イルミネーションが美しく、夜の散策も楽しみです。

※ホテルや小倉の観光、イルミネーションの情報は記事末尾の【関連MEMO】を参考にしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/17−2016/12/18 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ