部屋の外は煌めく光の海!沖縄・カヌチャリゾート「スターダストファンタジア」イルミ見るならこの部屋!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

部屋の外は煌めく光の海!沖縄・カヌチャリゾート「スターダストファンタジア」イルミ見るならこの部屋!

部屋の外は煌めく光の海!沖縄・カヌチャリゾート「スターダストファンタジア」イルミ見るならこの部屋!

更新日:2016/12/21 11:33

斎 信夫/いつきのプロフィール写真 斎 信夫/いつき WEBクリエイター、WEBライター、旅行サイト運営会社代表

沖縄というと海のイメージなので、冬は楽しめないのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、冬には冬の楽しみがあります。それはイルミネーション。中でも名護市のカヌチャリゾートで開催される「スターダストファンタジア」は沖縄最大級規模!しかもここではホテルの部屋からもイルミネーションを楽しめます。イルミを見るにはどの部屋に泊まればいいのか?といったノウハウを含め、このイベントの全貌をご紹介します!

約80万坪の広大な敷地に約100万球のイルミネーションが☆彡

写真:斎 信夫/いつき

地図を見る

カヌチャリゾートは、名護市の中心部から車で30分ほどの東海岸に位置。約80万坪の広大な敷地に、ホテルやコンドミニアム、ゴルフ場、ビーチなどが点在する沖縄でも屈指の大型リゾートです。

ここで毎年冬に開催されているのが、約100万球の電飾が彩る沖縄県内最大級規模のイルミネーションイベント「カヌチャリゾート・スターダストファンタジア」。
2016〜2017年は、11月1日から2月14日まで繰り広げられています。沖縄にはクリスマス前後だけ行われるイルミネーションイベントもありますが、沖縄に春が訪れるまではいつでも楽しめる大規模なイルミネーションはカヌチャだけ!

このイルミネーションをホテルの部屋から存分に眺めることができるのも、ここカヌチャならでは。写真のように、ホテルのすぐ前には、このイベントのメインエリアであるガーデンプールがあり、色とりどりのイルミネーションが光を放っています。
ここは是非お泊りして楽しみたいですね!

ガーデンプールエリアには、マザーツリーをはじめ、星の時計台、星の馬車、星の教会、星の桟橋、祝福の天使、オープンハートといった様々な形のイルミネーションがあります。それぞれ願いを込める場所(ウィッシングポイント)となっていて、願い事を書いたメッセージタグを掛けることができます。
なかなかゴールインできないカップルならプール正面にあるオープンハートがオススメ。願い事を書いてお部屋に戻れば、彼氏から思いがけないプロポーズ!...な〜んていうサプライズも期待できるかも。そんな気分にさせてしまうほどカヌチャのイルミネーションは素敵です☆

イルミネーションを見ながらガーデンを散策した後は、お部屋に戻って暖かい部屋で煌めく光を楽しむ・・・。
ビジターでも見学はできますが、こんな贅沢ができるのは宿泊者だけ。
では、どの部屋に泊まればイルミネーションが楽しめるのかといったことを詳しくご案内していきましょう。

イルミネーションをお部屋から楽しめるオススメは「ノースウィング棟」のジュニアスイート☆彡

写真:斎 信夫/いつき

地図を見る

カヌチャリゾートのホテル「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」は、敷地内に8つの宿泊棟があります。お部屋からこのイルミネーションを楽しめるのはガーデンプール前の「ノースウィング棟」しかありません。
「ノースウィング棟」は、ガーデンプール前でイルミネーションを楽しみながらディナーがいただける「カジュアルイタリアン パラディ」や「ファインダイニング ラ・パルムドール」などがあるレストラン棟に近いのもオススメする理由の一つです。

「カヌチャジュニアスイート」なら、写真のようにマザーツリーが目の前のお部屋になることも!
オープンジェットバスに浸かりながら煌めくイルミネーションを楽しむ至福の時間。勿論部屋の中からもイルミネーションがよく見えるので贅沢なひとときを過ごせます。

「スタンダードツイン」だと1階になってしまうこともありますし、「カヌチャスイート」だと上の階になりますので、イルミネーションがより近くに見られるのは「カヌチャジュニアスイート」ですね。なお、この写真は3階の部屋です。予約時に部屋を選ぶことはできませんが、運が良ければツリーの前の部屋に案内されるかもしれませんので、一応希望は伝えておくことをオススメします。
スイートはちょっとお高いですが、大切な人との想い出を作る旅にはオススメですよ。

ちなみに、マザーツリーはクリスマス期間だけではありません。2月末までの「カヌチャリゾート・スターダストファンタジア」期間中はずっとありますよ。クリスマスが過ぎてもこの光景が楽しめます。

「オーキッド棟」なら、新しいイルミネーションエリアのルミナスガーデンが一望☆彡

写真:斎 信夫/いつき

地図を見る

「カヌチャリゾート・スターダストファンタジア」は、2011年まではガーデンプールが中心でしたが、2012年からは新しいエリア「ルミナスガーデン」が加わってさらにスケールアップされています。

「ルミナスガーデン」があるのは海に一番近いビーチサイドゾーン。あたり一面見渡す限り光が続く光景は必見!ガーデンプールとはまた違う静かな雰囲気のなかで落ち着いてイルミネーションを楽しむことができますよ。

この「ルミナスガーデン」をお部屋から楽しめるのが、写真にも少し写っている「オーキッド棟」です。「ノースウィング棟」ほど近くには見えませんが、眼下にイルミネーションが広がっている様子を上から望むことができます。また、海にも一番近いので昼間の眺望も抜群です。

ただ、「オーキッド棟」から「ルミナスガーデン」へは歩いて2、3分ですが、レストランやフロントとは離れていますので少し不便。宿泊プランによっては無料で利用できるレンタルカートか無料の回遊バスの利用をオススメします。

沖縄の海を思わせる青いイルミネーション!15分に一度音楽に合わせてダンス☆彡

写真:斎 信夫/いつき

地図を見る

音と光の舞踏会がコンセプトの「ルミナスガーデン」で一番のオススメが、プールの先にある青い光の海が輝くエリア。沖縄の綺麗な海を思わせる青いイルミネーションが丘の上に広がっている光景には思わずため息が!
ここでは、毎日15分に一度、光の波が音楽に合わせてダンスを繰り広げます。うっとりするほど美しい時間が過ぎると、また静かなイルミネーションに戻ります。海の波ならぬ光の波に癒やされる体験は冬ならでは。

沖縄の冬は本土に比べると暖かとはいえ、夜間は冷え込みます。
プールサイドには期間限定オープンの「ルミナスガーデンカフェ」もありますので、温かい飲み物をいただきながらゆっくりとイルミネーションをお楽しみくださいね。

「ルミナスガーデン」の水に浮かぶ幻想的なツリーも必見☆彡

写真:斎 信夫/いつき

地図を見る

ガーデンプールにある大きくて華やかなツリーもいいですが、「ルミナスガーデン」の水の中に浮かんだように見えるツリーも是非ご覧ください。ツリーの光が水面に映ってゆらゆら輝いている様子はとても幻想的で綺麗です。
眩いばかりに輝く光に包まれる空間にいると、時が経つのも忘れてしまいます。

また、イルミネーションに加え、3月末〜10月末、および12月1日から2月末まで「3Dプロジェクションマッピングシアター」がガーデンプールエリアで行われています。特に、2月14日まではイルミネーションとのコラボレーションが楽しめるのでオススメ。(2016年冬シーズンは、12月:19:00/20:00/21:00、1月以降:20:00/21:00)

「カヌチャリゾート・スターダストファンタジア」は、ガーデンプールと「ルミナスガーデン」が一番華やかですが、広大な敷地全体が会場ですのでここ以外にも至る所にイルミネーションがあります。是非レンタルカートや回遊バスで一周してみましょう。

宿泊しなくても入場チケットを購入すれば見られます!

「カヌチャリゾート・スターダストファンタジア」の期間中は、オープニングセレモニーの「スターダストセレモニア」、沖縄のアーティスト達が音楽を奏でる「ファンタジアミュージックギフト〜カヌチャの音まつり〜」、大晦日にバルーンを空に放つ「ザ・ファイナル カウントダウンイリュージョン」といった楽しいイベントが用意されています。詳しくは、下記関連MEMOからご確認ください。

イベント期間中は、イルミネーションがさらにキラキラ見られるファンタジアホログラスという不思議なメガネや、ファンタジアメッセージタグなどの特典が付いたスターダストファンタジア特別宿泊プランも用意されています。

ただ、イルミネーションを楽しむ宿泊プランとはいえ、選べる客室タイプは様々。お部屋からガーデンプールと「ルミナスガーデン」のイルミネーションが楽しめるのは「ノースウィング棟」と「オーキッド棟」だけなので、ご予約される時はご注意くださいね。こんなはずじゃなかった!ってことのないように。

なお、宿泊しなくても入場チケットを購入すればイルミネーションを楽しむことができます。スターダストファンタジア パスは、前売:1,000円、当日:1,500円(税込)なので、事前に購入されることをオススメします。販売場所は、下記関連MEMOからご確認ください。

暖かい冬の沖縄でイルミネーションを楽しむ旅はいかがでしょう? 冬の沖縄未体験な方も是非一度! 沖縄のイメージが変わるかもしれませんよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/01−2013/11/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ