バンコク・絶景リバーサイドホテルの老舗「ロイヤルオーキットシェラトン」の魅力

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バンコク・絶景リバーサイドホテルの老舗「ロイヤルオーキットシェラトン」の魅力

バンコク・絶景リバーサイドホテルの老舗「ロイヤルオーキットシェラトン」の魅力

更新日:2017/03/12 16:56

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

ホテルが安く世界の五つ星ブランドホテルに気軽に泊まれるバンコク。年々新しいホテルが建ち、買収されいつの間にか名前が変わっているホテルも多数あります。そんなバンコクで34年間、チャオプラヤー川に君臨するホテルが「ロイヤルオーキッドシェラトン」。リバーサイドホテルの中ではあのオリエンタルホテルの次ぐ老舗ホテルです。長く愛される理由は絶景とリバーサイド観光に便利な立地!今回はその魅力をご紹介します。

- PR -

チャオプラヤー川に翼を広げて建つ堂々たる佇まい

チャオプラヤー川に翼を広げて建つ堂々たる佇まい

提供元:ロイヤルオーキッドシェラトン

http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/ov…

バンコク旅行に行った人でチャオプラヤー川リバークルーズや、アユタヤから船で帰ってきたならこの外観を見ればすぐに「ここか!」と分かるはず。ロイヤルオーキッドシェラトンは今から34年前の1993年創業。リバーサイドではオリエンタルホテルに次ぐ老舗中の老舗なのです!
そのせいでしょうか。シャングリラやザ・ペニンシュラバンコクのような荘厳な美しさやおしゃれな外観、という訳にはいきません。

無機質なので一瞬巨大なオフィスビルと勘違いされそうですが、翼を広げた鳥が川のほとりで休んでいるような不思議な外観はとても目を引きます。
オープン当初はこのあたりに高層ビルはなかったはず。かなりの存在感だったでしょうね!

チャオプラヤー川に翼を広げて建つ堂々たる佇まい

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

建物は古いですが客室は細目にリノベーションしています。頻度は他のホテルより短く6,7年に一度は全客室をリノベーション。だからいつも新しく、時代遅れにならない客室を保っていられるのです。
現在は茶色を基調に、幅広い年齢層に好まれる落ち着いた客室。窓は足元から大きく取られ、この景色こそが客室の最高のインテリアとなっています。

チャオプラヤー川に翼を広げて建つ堂々たる佇まい

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

翼を広げた鳥のような建物は「この構造こそがリバーサイドの絶景を全ての客室から楽しめる」と考えたであろう建設者の愛に満ち溢れています。リバーサイドの豪華ホテルの夜景が眺められる客室や、ライトアップされ浮かび上がる寺院が眺められる客室まで様々。ホテルの客室にいるだけで、バンコクの素晴らしい景色を独り占めできるなんて最高です!
ちなみに夕日はホテルの対岸、トンブリー側に沈むので、夕日も素晴らしいですよ!

五つ星ホテルが建ち並ぶチャオプラヤー川沿いですが、全室リバービューのホテルが意外に少ないのをご存知でしたか?
あのオリエンタルホテルは1室40000円もする高級ホテルですが、この40000円の客室、一番安い客室カテゴリーで川が見えないんです!衝撃でしょ?

この絶景でありながら、ロイヤルオーキッドシェラトンは宿泊サイトによっては1部屋9000円から。通年平均でも朝食付12000円程度から泊まれ、五つ星であるシェラトンに一人朝食付6000円以下で宿泊できる事もあるというのは、ホテル天国バンコクならでは。そしてこのホテルが宿泊費をほとんど上げない、という良心的な姿勢を貫いているから。物価が上がったタイでは値段が急に上がるホテルも珍しくありません。

優しい、おじいちゃんのような五つ星ホテルというイメージです。

「古き良きタイ」を大切にしたロイヤルオーキッドシェラトンのロビー

「古き良きタイ」を大切にしたロイヤルオーキッドシェラトンのロビー

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

最近の新しいホテルはモダンなロビーが多く、おしゃれですが「わー!タイに来た!」というワクワクを感じなくなってきたなあ、というのがタイが好きな人たちの素直な感想。ロイヤルオーキッドシェラトンのロビーはチーク材と大理石を多用した、昔ながらのタイのゴージャス感があります。入った瞬間、まるで寺院のような装飾に圧倒されますよ!

2つのプールでリバーサイドリゾート満喫♪

2つのプールでリバーサイドリゾート満喫♪

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

南国の五つ星ホテルのお楽しみはなんといってもプールですよね!ロイヤルオーキッドとシェラトンのプールは二つ。一つはリゾート気分が満喫できるガーデンプール。

2つのプールでリバーサイドリゾート満喫♪

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

もう1つはガラスの仕切りの向こうにチャオプラヤー川が広がるリバーサイドプール。深水3メートルもあるので、大人専用です。デイベッドはチャオプラヤー川に向いていて、まるで川の上を飛んでいるようなうたた寝を楽しめますよ。

ロイヤルオーキッドシェラトンのプールの魅力は他の記事に書かせていただきましたので、関連MEMOから読んでくださいね!

水を隔てるのはガラス1枚!チャオプラヤー川に一番近いレストランで朝食を

水を隔てるのはガラス1枚!チャオプラヤー川に一番近いレストランで朝食を

提供元:ロイヤルオーキッドシェラトン

http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/ov…

旅のお楽しみの1つ、朝食は「盛宴」でいただきます。はっきり言いましょう!ロイヤルオーキッドシェラトンの朝食はとても美味しく、種類もかなり多いです。
ただしロイヤルオーキッドシェラトンは昔から知られた五つ星ホテルであり、大型のホテルなので、団体客も利用します。屋内はとても賑やかになる日もあるので、静かに食事をしたい人はテラス席がお勧め!

水を隔てるのはガラス1枚!チャオプラヤー川に一番近いレストランで朝食を

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

なぜテラスがお勧めなのかというと、この「盛宴」のテラス席、テーブルセッティングが常軌を逸しています…あ、言いすぎました。でも見てください。川を隔てているのは1枚のガラスのみ。椅子の横はすぐ川です。乾期は良いのですが雨期は洪水になるほど水かさの増すチャオプラヤー川。そうなると膝の下に川面が来ることも。まるで川の中で食事をしているような不思議な経験ができます。

水を隔てるのはガラス1枚!チャオプラヤー川に一番近いレストランで朝食を

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

テラス席は暑そうだな…と思いませんか?このホテル、朝日を巨大なホテルのビルがさえぎってくれます。だからのんびり過ごしてもとても涼しい!どんなに高級なホテルでも、3月から8月のテラスでの朝食は、流れる汗を止められません。ロイヤルオーキッドシェラトンの朝のテラスはとても稀少な涼しい場所なのです。

隣接のシープラヤー船着き場から寺院観光!ショッピングはリバーシティー!豪華なシャトルボードも便利

隣接のシープラヤー船着き場から寺院観光!ショッピングはリバーシティー!豪華なシャトルボードも便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ロイヤルオーキッドシェラトンが長い間愛されるもう一つの理由は、その利便性。ホテルから廊下でつながっている「リバーシティー」はまだバンコクにショッピングコンプレックスやデパートが少なかった頃からあり、タイの民芸品やかわいい小物、衣料品を売るショップがずらりと入っています。

更にレストランも豊富で、リバービューなのにお手頃価格で食事ができる穴場レストランも多いんです。これならバンコク名物のスコールに降られても、雨期で1日中雨でも「どこにも出かけられなかった」なんてことはありません。専用通路からショッピング、食事に行ける環境は、とてもありがたいですね。

また、ホテルからちょっと歩けばバンコクの中華街「ヤワラート」。散策がてら10分ほど歩けば、古き良きタイの魅力あふれるオールドシティー「ジャルンクルン通り」です。フロントでタクシーを呼んでもらえばローカル色溢れるマーブンクロン(MBK)や繁華街シーロム通りも渋滞が無ければ5分ほど。とても便利。

隣接のシープラヤー船着き場から寺院観光!ショッピングはリバーシティー!豪華なシャトルボードも便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ロイヤルオーキッドシェラトン宿泊者専用のシャトルボートもあります。ゴージャスな皮張りのソファー席がうれしいこの船は、オリエンタルやペニンシュラより豪華な内装で、素敵なクルーズ気分を楽しませてくれます。この船に乗ってサトーン船着き場まで出れば人気のナイトマーケット「アジアティーク」や、BTS高架鉄道でシーロムやサイアムエリアにもくり出せます。

隣接のシープラヤー船着き場から寺院観光!ショッピングはリバーシティー!豪華なシャトルボードも便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ロイヤルオーキッドシェラトンはシープラヤ船着き場のすぐ隣。チャオプラヤーエキスプレスに乗り、バンコク三大寺院ワットポー・ワットアルン(暁の寺)・エメラルド寺院に簡単アクセス。おしゃれな店が集まるカオサン通り最寄りのプラアティット船着き場もすぐです。

川景色だけではなく川の交通も最大に使える立地は、バンコク観光の強い味方。

バンコクのホテルステイなら絶景リバーサイドホテルで決まり!

バンコクは魅力のあるホテルがいっぱい!値段も自分の予算に合ったホテルがすぐに見つかります。
でもせっかく泊まるなら、「東洋のベニス」と讃えられるチャオプラヤー川を望む絶景を楽しみたいもの。

客室をはじめ全ての施設がこの絶景を楽しむために作られたバンコク最初のホテル「ロイヤルオーキッドシェラトン」でバンコク観光とリゾート気分を一度に味わってみてはいかが?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/25−2016/04/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ