2ドル50セントで行けるポリネシアのパワースポット!ホノルル「マノア渓谷」で森林浴

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

2ドル50セントで行けるポリネシアのパワースポット!ホノルル「マノア渓谷」で森林浴

2ドル50セントで行けるポリネシアのパワースポット!ホノルル「マノア渓谷」で森林浴

更新日:2017/01/26 10:51

Fumie McIntyreのプロフィール写真 Fumie McIntyre 留学・ロングスティアドバイザー、添乗員、個人旅行・業務視察のアテンド

プールサイドでビールを飲みながらのんびりすごすのも、ショッピングのはしごも楽しいホノルル。シャネルやエルメスなどのブランド品の店や、おしゃれなレストランが立ち並ぶ街からわずか20分ほどバスに揺られた場所に、映画「ジュラシックパーク」やドラマ「LOST」のロケ地としても有名な「マノア渓谷」があるのをご存知ですか?
「マノア渓谷」でのトレッキングで、心身ともにリフレッシュしませんか。

- PR -

「マノア渓谷」って、どこ?

「マノア渓谷」って、どこ?

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

「マノア渓谷」はアラモアナショッピングセンターの裏側から5番のバスでおよそ20分で行けるパワースポットです。終点ですので降りそびれる心配もありません。ワイキキからですとアラモアナ行きのバスに乗る際「トランスファー、プリーズ」と言って切符をもらえばそのまま「マノア渓谷」行きのバスに乗れます。なお、ドライバーさんはおつりの用意がないので、一人2ドル50セント(2016年12月現在)ぴったりご準備下さい。

「マノア渓谷」への行きかた

「マノア渓谷」への行きかた

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

5番のバスで終点の「マノア」に着いたら、停留所のポールに書いてある数字3266を「ザ・バス(The Bus)」のウェブサイトに入力して帰りのバスの時間を調べれば安心ですね。
バスは降りた場所からそのままアラモアナに折り返します。

「マノア渓谷」への行きかた

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

バス停から山側に向かってまっすぐ歩くと10分位で「マノア渓谷」の駐車場とカフェが見えてきます。そのまま「Manoa Trail」と書いてある標識を見ながら歩いてください。

ホノルルの暑さと喧騒を逃れ、渓谷のせせらぎを聞きながらのトレッキング

ホノルルの暑さと喧騒を逃れ、渓谷のせせらぎを聞きながらのトレッキング

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

難しいコースではありませんので、ご家族でのトレッキングも十分可能です。ただ、雨の多い地方でぬかるみが多いので、しっかり歩ける靴を履くことをお勧めします。

地元ロコだけでなく、アジア圏やヨーロッパや、勿論日本人観光客も。時には赤ちゃんを背中に背負っていたり、小さい子ども連れの家族連れや、お年寄りも。みんなお喋りしながら気軽にトレッキングを楽しんでいます。
狭い山道をすれ違うときに挨拶したり、降りてきた人に「あとどれくらい?」と尋ねると「10分も歩かないで滝が見えてくるよ。楽しんでね。」などと見知らぬ人と言葉を交わしたりできるのはトレッキングの醍醐味でもありますね。

ホノルルの暑さと喧騒を逃れ、渓谷のせせらぎを聞きながらのトレッキング

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

トレッキングの途中でうねうねした枝のある大木をご覧になるかと思います。これは「ハウツリー」という名前ですが、英語名ですと「ビーチハイビスカス」と言うようにハイビスカス科の植物です。首長の許可なしに枝を切ることができなかった神聖な植物だったそうです。鮮やかな黄色の花は一日数時間しか花開くことがないので、日本人が散り際の見事な桜を愛でるように、ポリネシアの人々も「ハウツリー」に特別な思いを抱いているようです。神聖な「ハウツリー」のパワーをたくさんもらってくださいね。
「ポリネシアにいるんだな」と感じさせられるジャングルのなかでの森林浴、心身ともにリフレッシュします。

ホノルルの暑さと喧騒を逃れ、渓谷のせせらぎを聞きながらのトレッキング

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

緑深くまるでジャングルにでも迷い込んだような神秘的な山道でマイナスイオンをたくさん浴び、滝から落ちる水音が聞こえてきたら、まもなく「マノア渓谷」です。
実はここ、映画「ジュラシックパーク」やドラマ「LOST」のロケ地でもあるんです。ホノルル中心地からアクセスがいいので、役者さんの宿泊ホテルも確保しやすいし、ロケには便利ですから今後もロケ地として使われる可能性大ですね。

天候と相談して、ベストなトレッキングを!

天候と相談して、ベストなトレッキングを!

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

雨の後は道が滑るので「マノア渓谷」へ行き着けませんし、逆にあまり降水量が少ないと滝が落ちてこないので、見ることができません。そんなこともありスピチュアルな場所として知られているのです。
ベストなトレッキングをするためには、全く雨の降らない季節は避けながらも、雨に降られる心配の少ない午後で、暗くなる前がお勧めです。
また、蚊に刺されないよう虫除けスプレーをして、長ズボンとソックスに歩きやすいスニーカー、水分補給も忘れずに。

「マノア渓谷」で癒されよう!

いかがでしたか。一味違うハワイの楽しみ方として「マノア渓谷」へのトレッキングをご紹介させていただきました。アクセスも良く、初心者向けのトレッキングでいい汗をかいてリフレッシュした後は、沈みゆく夕日を見ながら飲むビールも格別においしく感じるのではないかと思います。次回のハワイ旅行のコースに是非組み込んでくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ