茨城・水戸といえば納豆!絶対行きたい納豆博物館&工場見学

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

茨城・水戸といえば納豆!絶対行きたい納豆博物館&工場見学

茨城・水戸といえば納豆!絶対行きたい納豆博物館&工場見学

更新日:2016/12/28 16:41

塚本 隆司のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

茨城・水戸といえば、黄門様と納豆では?
黄門様ゆかりの観光スポットはあるが、納豆は食べるだけと思ったら大間違い。
「おかめ納豆」でおなじみのタカノフーズ株式会社水戸工場には、納豆博物館があるのだ。
予約をすれば工場見学&食べ比べの試食もできる。しかも無料!
工場直売所には、ここでしか買えない限定品もあり、納豆好きなら絶対行きたいスポットなのだ。
さぁ、ご飯の友、納豆の世界をのぞいてみよう。

蒸した大豆の香り漂う納豆博物館

写真:塚本 隆司

地図を見る

「おかめ納豆」といえば、日本全国どこでも売られているおなじみの納豆。「ウチの冷蔵庫にも入っているよ」という人も多いのでは。なんといっても、タカノフーズは国内販売シェア第一位なのだ。

タカノフーズ水戸工場に近づくと、大豆を蒸した甘い香りが周辺に漂っている。誘われるがまま、工場内へと矢印に沿って進もう。

写真:塚本 隆司

地図を見る

タカノフーズ水戸工場は、公共の交通機関ではちょっと行きにくいので、車を使うのが望ましい。飛行機とレンタカーを利用しての旅なら茨城空港から車で15分の距離なので、行き帰りの立ち寄り先としては絶好の場所にある。

いつでも自由に無料で見学「納豆博物館」

写真:塚本 隆司

地図を見る

スーパー・コンビニで当たり前のように必ず並んでいる納豆。でも、納豆については意外と知らないもの。「納豆って、いつからあるの?」「誰が考えたの?」「なぜ、水戸の名物なの?」そんな疑問に答えてくれるのが納豆博物館だ。
営業時間は、年末年始を除いて毎日開館。9時から16時までなら、いつでも無料で見学ができる。

写真:塚本 隆司

地図を見る

館内では、納豆の歴史や古来の製法などを紹介。なかでも、からくり人形を使い、江戸時代の納豆がある暮らしを見せてくれるコーナーは必見。

写真:塚本 隆司

地図を見る

シェア日本一の納豆工場!見学も無料で

提供元:タカノフーズ株式会社

http://www.takanofoods.co.jp地図を見る

機械やベルトコンベヤーが目まぐるしく動く様が見られるのが、工場見学の魅力。タカノフーズ水戸工場では、おなじみ「おかめマーク」のパック入り納豆の生産工程を見学できる。工場内に入れば、香りが一変。蒸した大豆の香りが、納豆特有の香りに変化するので楽しもう。

通常の見学コースでは、パック詰めが見られる。納豆菌がついた煮豆をパックに入れて発酵させ包装するまでの、数々の工夫に驚くことだろう。

提供元:タカノフーズ株式会社

http://www.takanofoods.co.jp

納豆販売シェア一位のタカノフーズ。全国で1日に約400万パックを製造するといから驚き。日本全国どこでも販売されている人気商品だけに、定期点検以外は毎日休まず生産を続けている。詳しい内容は来てのお楽しみ。見学の後には、数ある商品の中から数種類を食べ比べできる試食もある。

工場見学は、10時からと13時30分からの通常2回。所要時間は約90分で事前の申込が必要だが、こちらも無料。夏休みやゴールデンウィークは回数を増やして開かれる。小中学生の課外授業はもちろん、家族連れや外国人観光客も訪れているそうだ。

工場直売所も併設、限定品のBigな納豆!

写真:塚本 隆司

地図を見る

納豆について理解が深まると、お土産に買って帰りたくなるもの。ましてや、ここでしか買えない限定品があるとなれば、なおさらだ。

まずは、1番人気。タカノフーズ自慢の商品を詰め合わせた「工場見学セット」は、お得感もあり喜ばれること間違いなし。

写真:塚本 隆司

地図を見る

そして、納豆好きにはたまらない、ここにしかない一品「極小粒Big3」。おなじみ「極小粒ミニ3」の2倍量と、腹一杯食べたい人には嬉しいサイズだ。

関東と一部地域でしか見かけない商品も。「おかめ豆腐」だ。大豆について熟知したタカノフーズが作る豆腐は、ぜひ味わってみたい逸品。
他にも、変わりダネの納豆や納豆のタレなどの商品がならぶ。タカノフーズオリジナルの笠間焼納豆皿や納豆混ぜ専用箸など、さすが納豆王国と思わせるグッズもいっぱいだ。

納豆博物館と工場見学を楽しむために

納豆好きなら、テンションが上がりっぱなしになる納豆博物館と工場見学について、まとめておこう。

<納豆博物館>
営業時間は、年末年始を除く毎日9時から16時
入館無料
<工場見学>
通常10時からと13時30分からの2回
事前予約が必要、無料
<行き方>
電車ならJR常盤線石岡駅からタクシーで約30分。車なら茨城空港北ICから15分、茨城空港から15分。

納豆好きなら絶対行きたい納豆博物館。知れば知るほど奥が深く、苦手な人も食べたくなる・・・かも知れない。あしたからの納豆ライフが豊かになること、間違いなしだ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/08 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ