謎の巨大アート!ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」をセスナと展望台から見る

| ペルー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

謎の巨大アート!ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」をセスナと展望台から見る

謎の巨大アート!ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」をセスナと展望台から見る

更新日:2016/12/17 19:44

Kaycom Dのプロフィール写真 Kaycom D 旅行ライター

ペルーの荒野に描かれた「ナスカの地上絵」は、ペルーのみならず世界の中でも有名な世界遺産のひとつ。セスナに乗って上空から見る地上絵は、その巨大さと精巧さに誰もが驚かされることでしょう。ここでは、セスナでの観光の他に、地上絵の研究に半生を捧げたマリア・ライヘ氏が設置したミラドール(展望台)からの景色や、ナスカの地上絵から程近い不思議な景色が広がるワカチナオアシスまでご紹介します。

謎に満ちた「ナスカの地上絵」

写真:Kaycom D

地図を見る

ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」は、数学者のマリア・ライヘ氏をはじめとした多くの研究者によって、作られた理由や描き方などの解明がされてきた謎の遺跡。近年では長年の研究が進み、作り方などが推察されるようになってきましたが、それでもまだ全容解明とまではいかないようです。

そんな多くの謎に包まれた神秘の遺跡は、研究者だけでなく世界中の遺跡好きやミステリー好きの人たちも惹き付けてきました。上空から大地に刻まれたいくつもの巨大絵図を実際に目撃すると、不思議と何かのメッセージを投げかけられているような気持ちにさせられます。

ナスカの飛行場とセスナ

写真:Kaycom D

地図を見る

セスナが発着するナスカの飛行場はとてもこじんまりとしていて、受付カウンターと椅子が並べられているだけの簡素なつくり。外にはいくつかのお店があり、地上絵をモチーフにした様々なお土産が売られています。

写真:Kaycom D

地図を見る

搭乗の順番が来てタラップに出ると、大小さまざまなセスナが駐機していて、なかなか壮観な光景。大きい機体のほうが小さいのに比べて揺れないそうですが、それでもジェット機のような安定感を想像していると、ほぼ裏切られます。

一緒に乗るパイロットによっては、操縦桿を握らせてくれるなどのサービスもあるようなので、搭乗したら交渉してみるのもいいでしょう。

圧巻の地上絵

写真:Kaycom D

セスナが水平飛行を始めると、ほどなく地上絵が見え始めます。「クジラ」や幾何学模様に続いて山肌に描かれた「宇宙人」が登場。地上絵の中でも線が濃くわかりやすい絵なのですぐに発見できます。

その後は、「サル」や「コンドル」「ハチドリ」など、有名どころが次々出現。その度にセスナは右に左に大きく旋回し、左右どちらに座っていても良く見えるように機体を傾けてくれます。

絵が近づくとパイロットが教えてくれるのですが、上空を通過する時間が短いので、特に写真を撮りたい人にとってはかなり忙しい。絵によっては、他にたくさんある線と混ざって見つけ辛いものもあり、探しているうちに時間切れになって発見できなかったということもあるので、そういう場合は、とりあえず広範囲で写真を撮っておきましょう。

とにもかくにも、上空からしか全貌が見られない地上絵は、世界遺産好きミステリー好きに限らず、訪れた人誰しも感動させてくれること間違いなしの巨大アートです。

地上絵をミラドールから見る

写真:Kaycom D

地図を見る

セスナで上空から見た後は、マリア・ライヘ氏が研究のために建設したミラドール(展望台)からも見てみましょう。

ミラドールは、下から見るとそうでもありませんが、上に上がるとけっこうな高さをリアルに感じるので、高所恐怖症の人はセスナに乗るより怖いかも。吹きっさらしで簡素な欄干があるだけなので、風の強い時や雨が降って濡れているときなどは気をつけてください。

写真:Kaycom D

地図を見る

ミラドールからの地上絵は、セスナからの眺めのように全体を見渡すことはできませんが、絵を形成している線の部分がよくわかり、また違った発見があります。ここからは主に「手」と「木」を見ることが可能。

展望台の麓でも、地上絵が描かれたお土産が売られていて、売り上げの一部は展望台の維持費に充てられるそうです。

ワカチナオアシス

写真:Kaycom D

地図を見る

ナスカの地上絵を観光するのに一番近い街はナスカですが、そのもう少し先に「ワカチナオアシス」という場所があり、とても面白い景色が見られるのでぜひ足を伸ばしてみてください。

広大な砂漠の中に水が湧き小さな湖(というよりは池と言ったほうがいい大きさ)があり、その周りにホテルやレストランなどが並んでいます。周囲を取り囲む砂丘では、サンドバギーなども楽しめ、丘の上に上るとどこまでも広がる砂漠のうねりと、砂に埋もれそうなワカチナオアシスの全景を見ることができます。

※ワカチナオアシスについては、関連MEMOに記載の別記事「ぺルーの砂漠に湧き出るオアシス!リゾート地「ワカチナ」で秘境気分を味わおう」もご覧ください。

最後に・・・

セスナは12人乗りの大きなものでもけっこう揺れを感じるので、乗り物酔いをしやすい人は、事前に酔い止めを飲んでおくといいと思います。また、左右両方の窓から景色を見ようとすると酔いやすいので、自分の側だけ見るようにしましょう。

飛行場へは、最寄のナスカの町から車で10分ほどと便利ですが、ワカチナからでも2時間ほどなので、砂漠の絶景が広がるワカチナに泊まってナスカを観光するのもおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/04/30 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ