山梨県の極上湯!富士山も望める驚異の泡付き「韮崎旭温泉」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

山梨県の極上湯!富士山も望める驚異の泡付き「韮崎旭温泉」

山梨県の極上湯!富士山も望める驚異の泡付き「韮崎旭温泉」

更新日:2017/02/21 11:19

なべ部 FGのプロフィール写真 なべ部 FG

山梨県韮崎市の「韮崎旭温泉」は浴室や休憩室から富士山の雄姿が眺められる日帰り温泉施設です。地元で大人気のこの源泉100%かけ流し温泉の特徴は、何と言っても泡。きめ細かい気泡が身体じゅうにまとわり付き、徐々に大きくなっていきます。その泡の付き方が驚異的です。浴室からも富士山が望め、八ヶ岳や南アルプスに囲まれた大地で、悠久の泉を体感してみませんか?

富士山も眺められる韮崎旭温泉

写真:なべ部 FG

地図を見る

韮崎旭温泉は、正面に富士山、北に八ヶ岳、西に南アルプス望む田園地帯にあります。この地域はフォッサマグナ(糸魚川−静岡構造線)の上にあり、二本の温泉断層が重なった地点の地下1200メートル、石英閃緑石の岩盤から涌き出る極上の天然温泉です。加水・加温・循環などせずに源泉100%かけ流しの湯を楽しめます。

ガラス張りの入口を入り、左側にある券売機でチケットを購入します。大人600円、子供(小学生)300円。

写真:なべ部 FG

地図を見る

屋内には飲食物持ち込み可能な座敷の休憩スペースがありますが、屋外にあるウッドデッキの休憩スペースからは、写真のように、富士山が眺められます。さすがに冬は寒くて外で休憩は難しいですが、温かい季節には絶好の場所です。

写真:なべ部 FG

地図を見る

浴室内からも、富士山の眺望があります。目隠しの柵越しなので、湯船に浸かったままでは残念ながら望めません。ガラス張りの浴室は、晴れた日には空のスカイブルーと、エメラルドに輝く湯の色のコントラストが素敵です。

源泉100%かけ流しの極上湯

写真:なべ部 FG

地図を見る

湯口から流れ出る源泉は、湧出量1日570トン、毎分260リットル以上湧き出します。源泉100%かけ流しの湯は、ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉で、血行が良くなり、老廃物が体外に排出される効果があり、湯上りでもポカポカする温まる湯です。ツルツルして肌に柔らかい美人の湯でもあります。また源泉で眼を洗うと花粉症のかゆみが抑えられます。

毎朝10時のオープン前に、3時間かけて職員の沼田さんが清掃しています。それでも湯口の近辺の湯船の底だけは、鉄分で茶褐色に変色しています。運がよければ一緒にお湯に浸かった沼田さんから、温泉の効果や泡付きの素晴らしさなどを解説してもらえることも。

写真:なべ部 FG

地図を見る

コップで湯口から源泉をすくうと、ほぼ無色透明。やや鉄分の匂いがします。

写真:なべ部 FG

地図を見る

全国各地の有名な炭酸泉は、低温の湯が多いのですが、韮崎旭温泉は約40℃で、長く浸かるに最適な温度で、多くの人が長湯しています。そして、お湯に浸かって間もなく、小さくきめ細かな気泡が身体にまとわり付いてきます。さらに浸かっていると、気泡が徐々に大きくなり、弾けて水面に上がってきます。

湯口の近くの方が、温かく多くの人が近づいて入浴しますが、湯口から離れた場所でも同じように気泡が付きます。

源泉を直接飲むことも、持ち帰りも可能

写真:なべ部 FG

地図を見る

湯船の脇に、かけ湯用に、源泉が出る蛇口があり、こちらで、コップから飲泉しても、ホースをつないで、ペットボトルに注ぐことも可能です。持ち帰りは、ペットボトル3本までに制限されています。冷めた源泉を飲ませてもらうと、鉄分の匂いが感じられずに、癖もなく、焼酎の水割りなどに最適。

写真:なべ部 FG

地図を見る

源泉の場所は、温泉施設から100メートル程離れた、介護老人保健施設あさひホームとその理事長が経営する歯科医院の間にあり、柵で囲ってあります。あさひホームでも、この天然温泉を利用した入浴サービスをしています。

元々、あさひホームの施設で利用するために、先代の理事長が温泉を掘りました。湯量が豊富なために、日帰り入浴施設を造って一般に利用できるようになりました。

写真:なべ部 FG

地図を見る

温泉施設の前には、温泉を掘った先代理事長が、大地のガイアが授けてくれた温泉の恵みへの思いを綴った悠久の泉の石碑が残されています。

一緒に訪れたい展望塔 その1

写真:なべ部 FG

地図を見る

釜無川流域の甲府盆地は、富士山だけでなく、北岳などの南アルプスや八ヶ岳山麓の眺望も良い地域です。そんな周囲の山々を望める無料の展望塔をご紹介します。一つ目は、中央自動車道の双葉サービスエリア下り線の展望塔。上り線側の駐車場からでも、階段を登れば、下り線側にたどり着けます。

晴れていれば、写真のような富士山の姿が拝めます。

写真:なべ部 FG

地図を見る

北西側には、ご覧のような横に広がった八ヶ岳山麓が望めます。

写真:なべ部 FG

地図を見る

階段を建物3階分位登って、展望エリアに到着します。

一緒に訪れたい展望塔 その2

写真:なべ部 FG

地図を見る

もう一つの展望塔は、甲斐市の赤坂台総合公園(ドラゴンパーク)にあります。9時〜17時までの時間限定ですが、無料で登れます。こちらは、階段を登るのではなく、エレベーターで、展望フロアへ向かいます。
甲府盆地が一望でき、一周ぐるりと回ることができ、写真の富士山だけでなく、八ヶ岳山麓も望めます。

写真:なべ部 FG

地図を見る

さらに、北岳や白根三山などの南アルプス山脈も望めます。

写真:なべ部 FG

地図を見る

三角屋根の展望塔の一階部分には、武田信玄の治水事業である信玄堤の展示スペースがあります。また、展望塔の隣には、25000平方メートルの広大な芝生広場が広がり、ピクニックに最適で、家族連れで賑わいます。

おわりに

山梨県には、韮崎旭温泉をはじめとして、極上のかけ流し温泉がたくさんあって、地元の人々に愛されています。富士山・八ヶ岳・南アルプスの眺望も楽しみながら、極上の湯あみに出かけてみませんか?

山梨県のお薦め湯3軒を紹介した、たびねすの別記事「極上湯かけ流し!山梨・意外な場所にある穴場の日帰り温泉」も参考にどうぞ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/04−2017/02/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ