レインボーブリッジを歩いて渡る!芝浦からお台場まで上からも下からも徹底観光

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

レインボーブリッジを歩いて渡る!芝浦からお台場まで上からも下からも徹底観光

レインボーブリッジを歩いて渡る!芝浦からお台場まで上からも下からも徹底観光

更新日:2016/12/05 14:19

Kaycom Dのプロフィール写真 Kaycom D 旅行ライター

東京のシンボルともいえる「レインボーブリッジ」は、臨海地区に架けられた美しい吊り橋で、海面からの高さは52.4m、吊り橋部分は798mに及びます。橋は車とゆりかもめで通ることができるのは一般的に知られていますが、実は遊歩道もあり無料で歩いて渡ることが可能。観光客の他、ランニングをしている人も多く、夜景が綺麗に見えることから三脚を持ったカメラマンの姿も見られます。

レインボーブリッジの遊歩道

写真:Kaycom D

地図を見る

お台場と芝浦を結ぶ「レインボーブリッジ」には、約1.7キロメートルの遊歩道(レインボープロムナード)があり、片道20分から30分ほどで歩いて渡ることができます。遊歩道は橋の両側にそれぞれ「サウスルート」と「ノースルート」があり、お台場側の入口付近の通路以外は途中で行き来できません。

遊歩道の網が張られている部分は、網越しに景色を眺めながら歩くことになりますが、途中に設置された展望台では、網の間に隙間が設けられているので写真も綺麗に撮ることができます。お台場側にいくと網もなくなり視界も良好。

橋は二重構造になっていて、一階が遊歩道と一般車道、ゆりかもめが通り、二階が高速道路になっています。遊歩道のすぐ脇は車道になっていて、大型車両などが勢いよく通って行くとけっこう揺れるので、写真を撮る場合は車がいない時を狙って撮影するといいでしょう。

2016年12月3日(土)から2017年1月3日(火)の日没から24時まで(クリスマス時期や大晦日から元旦は変更あり)は、「レインボーブリッジスペシャルライトアップ」が開催され、橋の主塔が虹色に彩られます。

ノースルート

写真:Kaycom D

地図を見る

ノースルートからの景色は東京都心方面で、芝浦ふ頭や晴海ふ頭、東京タワー、スカイツリーなどを見ることができます。お台場側へいくと、橋の上からでも大きくカーブした先に続く橋全体の姿が見られ、夕暮れ時には、赤く染まった夕焼け空と対岸に連なる高層ビルの明かり、そしてその手前に聳えるライトアップされた橋とのコラボがとても美しい。

サウスルート

写真:Kaycom D

地図を見る

サウスルートからの景色は臨海副都心と品川・天王洲アイル※方面で、東京湾入口や品川ふ頭、大井ふ頭、お台場海浜公園一帯、芝浦側のループ橋などを見ることができます。また羽田空港に離発着する飛行機や、天候に恵まれれば富士山をはじめとした山並みも一望。夕暮れ時には真っ赤な夕日も見られます。

※天王洲アイルについては、関連MEMOに記載の別記事「魅力満載のスモールアイランド!品川「天王洲アイル」のおすすめ散策スポット」をご覧ください。

レインボーブリッジを下から見る

写真:Kaycom D

地図を見る

レインボーブリッジのもうひとつの隠れたビューポイントは、芝浦側入口の麓にある「芝浦南ふ頭公園」から見える橋の真下からの風景。レインボーブリッジの入口となる「芝浦アンカレイジ」の出入口付近も迫力の光景なのですが、公園の端っこまで行くと、頭上を走る巨大な橋と対岸のお台場まで見えるのでおすすめ。夜には橋の下を通る屋形船も間近で見られます。

お台場海浜公園

写真:Kaycom D

地図を見る

「お台場海浜公園」はレインボーブリッジのお台場側入口から続く湾岸の公園で、橋の全景が見えるスポットとして代表的な場所。沿岸には商業施設やホテルが立ち並び、日本のみならず世界各国からたくさんの観光客が訪れています。海沿いを歩いていると、ほとんどの場所から橋を見ることができますが、特に眺めのいいポイントには、夕闇が迫ると三脚を立てた人たちが集まっているのですぐにわかるでしょう。

また、海岸沿いにあるレストランからは、店内からも素晴らしい景色が見られるので、歩いて渡った後はその橋を見ながら食事をするのもおすすめ。窓側の席は人気があるので、予約をした方が無難です。

最後に・・・

秋から冬になると空気も澄んで景色も綺麗に見えますが、風が強いことが多いので防寒はしっかりとしていきましょう。また、あまりに気象条件が悪いと通行禁止になるので、怪しい場合は事前に要確認。

自転車に乗っての通行は禁止ですが、専用の台座(貸出無料)に乗せて手押しする場合や解体などして袋に入れて持って行くことは可能。手押しする場合、芝浦側からはサウスルート、お台場側からはノースルートの通行のみとなります。

開場時間は4月〜10月は9時から21時、11月から3月は10時から18時(毎月第三月曜日は利用休止、イベント開催時などは変更あり)で、いずれも最終入場は閉場の30分前になります。最寄の駅は、芝浦側はゆりかもめの「芝浦ふ頭駅」より徒歩約5分、お台場側は「お台場海浜公園駅」より徒歩約10分。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/03 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ