窓からケーブルカー!サンフランシスコ「ホテルユニオンスクエア」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

窓からケーブルカー!サンフランシスコ「ホテルユニオンスクエア」

窓からケーブルカー!サンフランシスコ「ホテルユニオンスクエア」

更新日:2017/01/17 14:43

凜風 杏花のプロフィール写真 凜風 杏花 ライター

サンフランシスコと言えば、長い坂道を駆け上るケーブルカーの姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? こちら「ホテルユニオンスクエア(HOTEL UNION SQUARE)」では、『サンフランシスコまで来た〜!』と感じるケーブルカーの姿を、部屋にいながら窓の外に見ることが出来るんです! 今回は鉄道好きの方に特におススメのホテルをご紹介します。

鉄道好きはぜひケーブルカーが見える部屋を!

写真:凜風 杏花

地図を見る

「ホテルユニオンスクエア」では、目の前をケーブルカーのパウエル〜ハイド線とパウエル〜メイソン線が通ります! ケーブルカーが見える部屋に泊まりたい方は、次の三つの方法を試してみてください。

◆予約サイトの希望欄やリクエスト欄に「ケーブルカーが見える部屋希望」と書く
◆予約確認を兼ねて前日くらいに電話して希望を伝える
◆チェックイン時に「ケーブルカーが見える部屋ですよね?」と念を押す

空室状況にもよりますので、絶対泊まれるというわけではありません。けれどこれをしておくと、ホテル側に「ケーブルカー愛」が伝わり、きっと希望を叶えてくれるはず!

ケーブルカーは朝から夜遅くまで運行するため、合図のベル音が気になる人は、逆に通り側ではない部屋を希望しておいた方が良いかもしれません。

サンフランシスコ「ホテルユニオンスクエア」はアクセスも最高

写真:凜風 杏花

地図を見る

「ホテルユニオンスクエア」は、おしゃれな外観やレトロな雰囲気の客室も素敵な上に、ケーブルカーの発着所やバートのパウエル駅へは徒歩1分、街の中心地「ユニオンスクエア」までは徒歩4分という便利さもうれしい。

街の主要道路でもあるパウエルストリート(Powell St.)にあり、白黒の外観に特徴があるので迷うことがありません。おまけに、サンフランシスコ空港へもバートなら30分。

レトロな客室が素敵!サンフランシスコ最初のブティックホテル

写真:凜風 杏花

地図を見る

「ホテルユニオンスクエア」は1913年創業。サンフランシスコ最初のブティックホテルというだけあって、レンガ壁や昔の映画の写真が「アメリカ!」を感じさせてくれる部屋も。

ホテルの朝食は別料金で準備可能ですが、周辺にはパンケーキなどのアメリカらしい朝食を提供するお店も多く、散策がてら出かけてみるのも楽しいですよ。

写真:凜風 杏花

地図を見る

ホテルユニオンスクエアのお風呂はバスタブ付、シャワーだけなど部屋のタイプで違います。また、多くの部屋は冷蔵庫付ですが、ない場合も希望すれば応じてくれるとのこと。

滞在中は、ホテルの向かいにある24時間営業のWalgreens(薬局)もとっても便利。スーパーマーケット並みの品ぞろえで、薬や化粧品以外にも、日本食を含む各種お惣菜や新鮮なカットフルーツ、お土産用のケーブルカー等小物、チョコやドライフードまで揃いますのでぜひのぞいてみてください。

ホテルユニオンスクエアで古き良きアメリカを

写真:凜風 杏花

地図を見る

時間にゆとりがある時は、エレベーターではなく階段を使ってみてください。レンガ壁や手すりの雰囲気が昔のアメリカ映画のようで、タイムスリップした感覚におちいります。踊り場に座って雑誌を開けば、気分はハリウッドスター!?

ロビーでのサービス

写真:凜風 杏花

地図を見る

ホテルユニオンスクエアのロビーでは、朝のコーヒーや夕方のワインサービスもあります。コンシェルジェは日本語対応ではありませんが、とても親切なので簡単な英語で大丈夫。また、ここからもホテルの前を通るケーブルカーが見えますよ!

「ホテルユニオンスクエア」でケーブルカー三昧

立地最高のホテルユニオンスクエアで、ケーブルカーのベルが鳴る度に窓に駆け寄る特別な楽しさを味わってください。サンフランシスコにはユニオンスクエアと名がつくホテルが他にもありますので、特徴あるホテルの外観を目印に。では、楽しいサンフランシスコ旅を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/24−2016/11/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ