開国の歴史舞台、幕末ロマン漂う「ペリーロード」〜静岡県下田市〜

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

開国の歴史舞台、幕末ロマン漂う「ペリーロード」〜静岡県下田市〜

開国の歴史舞台、幕末ロマン漂う「ペリーロード」〜静岡県下田市〜

更新日:2014/01/07 14:58

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

江戸時代の末期、開国の舞台になった下田。市内には史跡や名所がたくさんあります。中でも一番お勧めしたいのが「ペリーロード」! ペリー艦隊が下田に上陸した「ペリー上陸記念公園」から日米和親条約付録下田条約が結ばれた「了仙寺」までの道です。道沿いには、レトロな建物や柳並木が美しい景観を見ることができ、歴史的な場所も点在しています。「ペリーロード」のお勧めなスポットをご紹介します。

開国の原点「ペリー上陸記念公園」

写真:sachie

地図を見る

ペリーの胸像「ペリー上陸記念碑」が建つ「黒鼻の地」。この場所は「ペリーロード」の起点です。1854年にペリー提督と乗組員達が最初に上陸した地点で、開国の原点でもあり新時代の幕開けを迎えた場所でもあります。
この場所は「ペリー上陸記念公園」と名付けられ「下田富士」・「寝姿山」や下田市街・下田港も見ることができ、「静岡県景観賞」を受賞しているくらい美しい眺めが見られます。
ペリーの胸像の右隣にある説明看板に、ペリー艦隊の乗組員で画家の「ウィルヘルムハイネ」が描いた「ペリー上陸の図」や、説明看板の後ろにはペリー艦隊の停泊図があるので、今と当時の情景を比べたり、偲びながら見ることができます。
ペリーがもたらした日米友好。そのシンボルとして、下田開国150周年のときに点火された「ともし火」があり、今も灯され続けています。

美しい景観のペリーロード

写真:sachie

地図を見る

ペリーロードのメインストリートとも言えるこの場所は、石造りの蔵、古民家など、どこか懐かしさが感じられるレトロな街並みが見られます。平滑川に沿って続く石畳のペリーロード。
ペリーは、この道を大砲を曳いた水兵300人を先頭に、音楽隊付の行進で了仙寺まで進んだと言われています。
ここから徒歩約2分の場所には、日露和親条約が締結された「長楽寺」があります。平滑川に架かる赤い蘭干の橋「柳橋」を渡って近くの場所です。この条約で、日本とロシアの国境が決められました。長楽寺は、下田市指定史跡文化財にもなっていて、見所の一つです!
是非立ち寄ってみてください。

食べ歩きにぴったり「ペリーアイス」

写真:sachie

地図を見る

ペリーロード沿いにある「PEPE」(喫茶店)で売られている「ペリーアイス」です。チョコベースのアイスで、レーズン・ナッツ・チョコレートなどが入った、異国を思わせる、ちょっと贅沢なアイスクリームです。テイクアウトができるので、散策しながら食べるのにぴったりです。
また、大正初期の建物を利用したギャラリー兼カフェ「草画房」や、約150年前に回船問屋だった建物を利用した、パスタと雑貨の店「PAGE ONE」など、お洒落なお店もあるので、覗いてみるのも楽しいかもしれませんね。

国指定史跡文化財「了仙寺」

写真:sachie

地図を見る

ペリー上陸記念碑から、700m歩いたところにある「了仙寺」。ペリー一行の応接所となったところで、日米和親条約付録下田条約が結ばれた場所です。本堂の正面上には「ペリー提督黒船陸戦隊訓練の図」があります。図の右下には音楽隊が描かれていて、この音楽隊によって了仙寺で演奏が披露されました。地元住民も聞くことが許されたので、日本で初めてコンサートが行われた場所とも言われています。了仙寺は、国指定史跡文化財になっています。

開国当時のことを、もっと詳しく知りたい人は境内にある「了仙寺宝物館・黒船美術館」(有料)がお勧めです! 3000点を越える開国の資料や、実物の展示物などがあり、DVD映像による説明もあるので解り易く知ることができます。当時の人々が英語を聞いてカタカナに置き換えた言葉や、天狗や西郷隆盛などに見たてて描かれたペリーの似顔絵などもあります。2・3ヶ月ごとに展示物が入れ替わるので、様々な展示物を見ることもできますよ。

了仙寺宝物館前の道を、北方向へ歩いて約2分の場所(左手側)には「欠乏所跡」があります。ここは、了仙寺で取り決めが行われた第六条「必要の品物その外相叶うべき事は双方談判の上取極めること」によって、事実上の貿易が開始された場所です。当時の歴史を垣間見ることができますよ。

お土産にお勧め

写真:sachie

地図を見る

竹の皮で編んでできた箱には「了仙寺」所蔵の天狗っぽく描かれたペリー「マッチウセヘルリ」の絵が描かれ、開国黒船銅鑼焼・ペリーロード・ペリーさんの林檎・亞米利加焼・黒船来航最中など、幕末の黒船来航に因んだお菓子が勢揃い。
いずれもパッケージにはペリーや黒船が描かれていて、黒船を形どった最中もありお土産に最適です!

ロロ黒船は、下田らしい創作和菓子がたくさん売られているお店で、了仙寺から徒歩5分の場所にあります。口コミでうわさが広がるほど人気の商品「黒船焼き」(バターカステラを厚手のクッキーで包んだ創作菓子)もあり、こちらもお勧めです!

無料観光施設「旧澤村邸」

ペリーロードには「旧澤村邸」があります。なまこ壁が美しく、旧家を利用した無料観光施設です。昔の下田の風景パネルの展示や、休憩場所として利用ができるので、一息つくことができます。芸者さんの稽古場にもなっているので、三味線が奏でる素敵な音色を聞くことができるかもしれませんよ!
ペリーロードは、伊豆急「下田駅」から徒歩で約10分の場所にあります。今回ご紹介した場所は、すべて駅から歩いて見られる範囲です。開国ロマンに思いをはせながら、ペリーロードを散策してみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/10/28 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ