鑑真が渡日し今も眠る地〜奈良・世界遺産「唐招提寺」〜

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

鑑真が渡日し今も眠る地〜奈良・世界遺産「唐招提寺」〜

鑑真が渡日し今も眠る地〜奈良・世界遺産「唐招提寺」〜

更新日:2016/11/17 17:55

Masahiro Tokitoのプロフィール写真 Masahiro Tokito 旅好きブロガー

古都・奈良には歴史の教科書に登場するような有名寺社が数多くあります。その中でも特にオススメしたいのが、ユネスコ世界遺産にも登録されている「唐招提寺」です。
当時日本の仏教は私欲等により乱れており、日本の仏教を正したいと願った聖武天皇により要請され、正しい仏の教えを授けようと唐から命がけで来日してくださった鑑真和上。そんな鑑真和上の想いがつまった唐招提寺をご案内します。

- PR -

世界遺産・唐招提寺とは

世界遺産・唐招提寺とは

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

唐招提寺は、奈良県奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院のことで、南都六宗の1つである律宗の総本山です。ご本尊は東大寺と同様、廬舎那仏です。来日された鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、戒律を学ぶ人たちのためにひらいた修行の道場「唐律招提」という私寺から発展し現在に至ります。鑑真が晩年を過ごされたお寺であり、1998年に世界遺産に登録されています。

境内は広大で、隅から隅まで歩くのはなかなかの広さ。しっかり歩ける恰好で行きましょう。

見どころのひとつ、美しい金堂

見どころのひとつ、美しい金堂

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

こちらの金堂の見どころは、中に祀られている「盧舎邦仏坐像」「薬師如来立像」「千手観音立像」です。そして、本尊の手前左右に梵天立像と帝釈天立像が、四隅には東西南北をそれぞれ守護する四天王が守護しています。仏像の大きさ、美しさに圧倒されてしまいますが、完璧なまでの配置にも圧倒されてしまいます。

醍醐井戸

醍醐井戸

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

醍醐井戸は、唐招提寺創建当初に鑑真が自ら掘ったとされる井戸です。その水の味が最上であることこら醍醐井戸と名付けられたとのこと。現在も健在の井戸です。

醍醐とは、五味の一つ。牛乳を精製した中で最も美味しい味とされ、濃厚な味わいとほのかな甘味を持った液汁とされています。仏教の大乗経典『大般涅槃経』の中で、五味として順に「乳→酪→生酥→熟酥→醍醐」と、精製され一番美味しいものとして、涅槃経も同じく最後で最上の教えとして書かれています。つまりは、鑑真が掘られた最上の井戸。まさにこれが醍醐味ってやつですね。

開山堂

開山堂

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

開山堂は元禄時代に徳川家歴代の御霊殿として建立されました。その後、明治14年(1881)に鑑真大和上の尊像を安置するため現在の位置へ移築。国宝の和上像が「御影堂」へ移されたのち、覚盛上人・聖武天皇・徳川家康を安置した本願殿として参拝されていましたが、改修工事後「御身代わり像」が作られ現在に至ります。

そういった経緯もあり、瓦には徳川家の家紋である「葵の御紋」も見受けられます。徳川家も懇意にされるほどのお寺、時の権力者に大事にされたからこそ、平成の世にも現存しているんですね。

開山御廟

開山御廟

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

そして唐招提寺境内の北東の奥、美しい苔の絨毯に囲まれた静かな場所に、鑑真和上の墓所があります。唐招提寺に行くからにはここまで足を運びたいところです。

冒頭でも触れましたが、鑑真は渡日しようと5回試みるも失敗。その過程で失明してしまいます。それでも再度命がけで渡航し日本へ来てくださいました。そして日本の仏教を立て直すべく、上皇から僧尼まで400人に戒律を授けると、戒壇院を建立し、戒律制度を整備。また、重い税や貧困に苦しんでいた民衆を救済することにも積極的に取り組みました。現在の日本の仏教の礎を築いた素晴らしい人物であったことは、歴史が証明しているのかもしれません。

おわりに

鑑真が日本に伝えたものは仏教だけではありません。学問、芸術、文化、さまざまな技法など、幅広いものが持ち込まれました。当時の日本にはないものを鑑真が授けてくださらなければ、今の日本はないかもしれません。

「戒律を授ける」ためだけに失明しても、不屈の精神で日本に渡航してくれた鑑真の功績は、まさに世界遺産にふさわしいもの。その鑑真の熱い想いを垣間見ることができるのが唐招提寺です。今回ご紹介しきれなかった美しい建築物、仏像も数多くあり、国宝に指定されているものもたくさんあります。もしも興味がわいたら是非、その目で見に行って感じていただければ幸いです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ