本州最北端・下北半島の秘湯、薬研温泉で雪景色を眺めながらの露天風呂と日本一の大間のマグロで舌鼓!

| 青森県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

本州最北端・下北半島の秘湯、薬研温泉で雪景色を眺めながらの露天風呂と日本一の大間のマグロで舌鼓!

本州最北端・下北半島の秘湯、薬研温泉で雪景色を眺めながらの露天風呂と日本一の大間のマグロで舌鼓!

更新日:2013/11/06 10:53

大竹 進のプロフィール写真 大竹 進 元旅行会社勤務、元旅行専門学校講師

本州最北端にある青森県・下北半島。ここは北海道よりも「最果ての地」というイメージにぴったりの旅ごころをくすぐるエリアです。
その下北半島の中央部、恐山山地の麓にあるのが400年の歴史を誇る薬研(やげん)温泉。
今回は冬場にお薦め、情緒豊かな癒し空間、雪の薬研温泉と日本一の大間のマグロをご紹介します。

薬研温泉を代表する「ホテルニュー薬研」。雪深い秘湯への到着を、うず高く積もった雪の看板が歓迎!

写真:大竹 進

地図を見る

「薬研(やげん)温泉」の名は温泉の湧き出口が漢方薬種を細粉する「薬研」という道具に似ていたことが呼び名の由来。
今から四百年前、大坂夏の陣で敗れた豊臣方の落武者、城大内蔵太郎が落ち延びてきた際に発見したとされている温泉です。

《ホテルへのアクセス》
【JR利用】JR大湊線下北駅から下北交通 バスの駅大畑下車(45分)。バスの駅大畑から送迎バス(20分)。又はJR大湊線下北駅から送迎バス(45分) ※送迎バス無料・要予約
【マイカー】八戸自動車道下田IC→国道45号、4号、279号線を経て大畑町内に入り大畑川沿い県道を15分。

露天風呂への道

写真:大竹 進

地図を見る

「ホテルニュー薬研」は薬研温泉で唯一の大型旅館で、部屋数も73室あります。青森ひば造りの大浴場の他、他の旅館には無い自慢の露天風呂は長い渡り廊下の先、下北半島国定公園の大自然に囲まれ、薬研渓流を望む場所にあります。
厚く積もった雪を眺めながら行く露天風呂は期待でワクワク!
露天風呂と言いながら建物や塀に囲まれて眺めの悪い温泉や、露天風呂の場所が階段を何段も下りて行くため、せっかく温泉に浸かっても帰り道の階段で湯冷めしてしまうような温泉もありますが、薬研温泉は近過ぎず遠過ぎず、高低差も無く、眺めも良く、露天風呂として申し分のない条件を備えています。

「ホテルニュー薬研」ご自慢の露天風呂

写真:大竹 進

薬研渓流に面した露天風呂は四季折々の色彩に染まる渓谷を眺めながら入ることができる源泉掛け流しのアルカリ性単純泉(緩和低張性高温泉)。
「単純泉」とは成分が単純なのではなく、含有成分の量が一定量以下で、体にやさしい成分の薄い温泉なので、刺激が少なくお肌に良いお湯です。
木々に積もる雪、渓流のせせらぎを眺めながら、のんびり浸かる露天風呂は最高!

≪温泉データ≫
【源泉】57度
【適応症】疲労回復・胃腸病・神経衰弱・婦人病
【禁忌症】心臓病の代償機能不全・高度の運動硬化症・高血圧症・興奮型の神経症・悪性腫瘍・急性伝染病・肺結核
【その他】源泉温度が高いので加水しています。

大間のマグロ

写真:大竹 進

地図を見る

旅に出れば温泉と並んで食事も楽しみの一つ。
薬研温泉のある下北半島の突端の大間漁港で水揚げされるマグロは、「大間のマグロ」と呼ばれ、一度は食べてみたい日本で最も有名なマグロ。
「ホテルニュー薬研」ではその大間マグロをメインにした「特選大間マグロ御膳」など、旬の料理がお腹いっぱい楽しめます。
写真は基本の料理とは別注の「大間のマグロ盛り合わせ」

夜の露天風呂

写真:大竹 進

地図を見る

露天風呂は昼間も良いですが、夜はもっとロマンティック!
廊下やお風呂からの明かりが積もった雪に映えて情緒満点!お湯に浸かりながら思わず唄を口ずさんでしまいます。

おわりに

薬研温泉は本州最北端の下北半島中央部に位置し、青森ヒバの原生林と美しい渓谷に囲まれた癒しの空間。
日本三大霊場の一つに数えられイタコで有名な恐山、大間のマグロで知られる大間崎、奇勝仏ヶ浦など、周辺に景勝地も多く、下北観光にはお薦めの温泉です。
雪景色を眺めながら露天風呂に浸り、日本一の大間のマグロで舌鼓を打つ、そんな至福の時を過ごしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/02/24−2012/02/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ