アクティビティ派におすすめ!「ホテルリブマックス那覇泊港」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

アクティビティ派におすすめ!「ホテルリブマックス那覇泊港」

アクティビティ派におすすめ!「ホテルリブマックス那覇泊港」

更新日:2017/06/09 11:59

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

沖縄本島から離島航路への出発点「とまりん」こと泊港へ徒歩3分という好立地に立つ「ホテルリブマックス那覇泊港」。アクティビティ派にもってこいのリーズナブルな宿泊料金が魅力で、その高いコストパフォーマンスからビジネスユースにも人気!沖縄に行くのなら知っておきたいお得なホテルをご紹介します。

「とまりん」こと泊港は離島への架け橋

提供元:沖縄観光コンベンションビューロー

http://www.ocvb.or.jp/地図を見る

沖縄本島、那覇市にある大きな港「泊港」は「とまりん」の相性でも知られる離島航路の出発点です。ここからは慶良間諸島や久米島、粟国島、渡名喜島、更には絶海の孤島でもある南大東島、北大東島への船も出ています。

提供元:沖縄観光コンベンションビューロー

http://www.ocvb.or.jp/地図を見る

特に多くの人が利用するのは平成26年3月5日「サンゴの日」に全国31番目の国立公園に指定された慶良間諸島への船ではないでしょうか。ケラマブルーと呼ばれる世界でも有数の美しい海へは高速船であれば1時間の距離です。実は意外と近い離島でもあるのです。

提供元:沖縄観光コンベンションビューロー

http://www.ocvb.or.jp/

世界でも屈指の透明度を誇るという慶良間諸島の海は日本全国のみならず、世界からも多くのダイバーが訪れています。もちろん、ダイビングだけでなく、シュノーケリングでも存分のその海の美しさを堪能することができますし、様々なマリンレジャーも楽しめます。

「ホテルリブマックス那覇泊港」は泊港近し!

写真:bow

地図を見る

「沖縄に行ったらホテルでステイしてる時間がもったいない!」「アクティビティーにお金を使いたい!」きっとそんな方も少なからずいることでしょう。そんなアクティビティ派におすすめしたいホテルが「ホテルリブマックス那覇泊港」です。離島航路への発着点である泊港からは徒歩3分の好立地。リーズナブルな宿泊料金が魅力で、離島へのベースキャンプにもってこいです。

写真:bow

地図を見る

沖縄らしくシーサーがお出迎えしてくれる「ホテルリブマックス那覇泊港」。こういったちょっとした演出があると、仕事で沖縄に来ているビジネスマンもちょっとほっこりしてしまうものです。

快適ルームの「ホテルリブマックス那覇泊港」

写真:bow

地図を見る

何度かのリブランドを経て、全国で50以上のビジネスホテルチェーンを展開するリブマックスブランドになった経緯のある「ホテルリブマックス那覇泊港」。決して新しいホテルではないものの、全国ブランドの安心できるサービスと高いコストパフォーマンスで評判。シングルルームでもゆったり幅のベッドで快適な眠りが確保されています。

写真:bow

地図を見る

高いコストパフォーマンスからビジネスマンのリピーターも多い「ホテルリブマックス那覇泊港」は、コンパクトながらも機能的な室内が好印象。室内は有線LANだけでなく無料のWifiも整っていますので、ちょっとしたデスクワークも問題ありません。

写真:bow

地図を見る

また、特筆しておきたいのが各部屋に電子レンジがあること!ビジネスホテルの1Fロビーフロアに電子レンジが置いてあることはしばしば見かけますが、各部屋にというのはなかなかありません。

長期滞在で食事にお金をかけたくないアクティビティー派や、仕事で外食に出歩く元気がないビジネスマンにとっては電子レンジの存在はなかなか嬉しいものです。コンビニは近くにあるので、部屋に電子レンジがあるということは覚えておきたいポイントです。

ゆったりバスルームの「ホテルリブマックス那覇泊港」

写真:bow

地図を見る

ビジネスホテルといえばスペースを切り詰めたようなユニットバスが多く、窮屈な思いをすることも少なくありません。しかし「ホテルリブマックス那覇泊港」はバスルームがゆったりサイズ。特にアクティビティ派にとってはバスルームが広いということは嬉しいポイントの一つです。

「ホテルリブマックス那覇泊港」なら多彩な部屋を選べる!

提供元:ホテルリブマックス那覇泊港

https://www.hotel-livemax.com/okinawa/tomariko/

ビジネスユース等に便利なシングルルームがメインとなる「ホテルリブマックス那覇泊港」ですが、実は他にも多彩な部屋が用意されているのも知っておきたいところ。シングルルームの他にダブルルーム、ツインルームだけでなく、ファミリールームまであるというのは大きなポイント。部屋数は7室もありますので、アクティビティ派の家族やグループ旅行にはもってこいです。

提供元:ホテルリブマックス那覇泊港

https://www.hotel-livemax.com/okinawa/tomariko/

また、定員4名の和室まで用意されているというのはちょっと驚きです。こちらは2室しかありませんが、和室派の方やお子様が小さいファミリーにはありがたい存在かもしれません。リーズナブルなだけでなく、用途に応じて様々な部屋がチョイスできるのも「ホテルリブマックス那覇泊港」がおすすめできるポイントです。

沖縄はリゾートホテルだけじゃない!「ホテルリブマックス那覇泊港」も選択肢に!

沖縄といえばやはりリゾートホテルというイメージがつきもの。近年どんどんと新しいホテルもオープンしていますが、どれもラグジュアリーなものが多く、なかなか旅行情報を見ていてもリーズナブルなホテルというのは出てこないものです。

そんな中ビジネスにレジャーに、「ホテルリブマックス那覇泊港」は沖縄を存分に楽しむためには格好の存在となるホテル。多種多彩なプランが用意されており、中には驚くほどリーズナブルなプランを目にすることも。そんな選ぶ楽しさもある「ホテルリブマックス那覇泊港」を知っておいて損はないハズ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/03 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ