開放感に富んだアーケードデザインに注目!商店街再生のモデルケースとして注目される高松丸亀町商店街

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

開放感に富んだアーケードデザインに注目!商店街再生のモデルケースとして注目される高松丸亀町商店街

開放感に富んだアーケードデザインに注目!商店街再生のモデルケースとして注目される高松丸亀町商店街

更新日:2013/10/31 17:29

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

商店街再生のモデルケースとしてメディアでも紹介され、年間13000人の視察者が訪れる、高松丸亀町商店街。独自のアイデアと再開発によって復活を果たした商店街は開放感と透明感に富み、その名声にふさわしく、地方の商店街とは思えないほど、洗練された街並みを演出しています。今回、特に注目したいのは、アーケードを中心とした空間設計の妙!高松旅行の折、その構造美に魅了されながら、そぞろ歩きを楽しんでみましょう。

賑わいを感じさせる北側の玄関口・ドーム広場

写真:乾口 達司

地図を見る

高松丸亀町商店街の名は、江戸時代初期、第3代高松藩藩主・生駒正俊が、現在の香川県丸亀市に住んでいた商人たちを当地に移してきたことにちなみます。以来、400年以上の長い歴史を持つ高松市内有数の商店街として、地元の人たちに親しまれてきました。

ところが、1990年代に入ると、大規模なショッピングセンターが郊外に次々に建てられ、商店街はかつての賑わいを失っていきます。将来を懸念した商店街では有志が集まり、検討を重ねた結果、2006年より大規模な再開発事業に着手。商店街は集客力を取り戻し、いまでは商店街再生のモデルケースとして、全国から注目されるまでになりました。

写真は、定期的にイベントがもよおされている商店街北側の玄関口・ドーム広場。臨時の屋台が立ち並び、そぞろ歩きを楽しむ人たちが、商店街に集ってきていることがわかります。通行量も90年代の数倍に増えており、再開発事業が、功を奏したことがうかがえます。

圧倒的な迫力!日本一の規模を誇るクリスタルドーム

写真:乾口 達司

地図を見る

復活を果たした高松丸亀町商店街の魅力の一つに、訪れる人を魅了する、斬新な空間設計を挙げることができます。ドーム広場を訪れたら、ぜひ、上を見上げてください。広場全体が、巨大なクリスタルドームによって覆われているんです!2007年の夏に完成したドームの直径は26メートル、高さは32メートルあり、その規模は日本一です。まさしく高松丸亀町商店街のシンボル的な存在で、実際に現地を訪れると、その大きさに圧倒されます。

青空が見える!開放感と透明感にあふれたアーケードの構造美

写真:乾口 達司

地図を見る

ドーム広場から南へとのびる商店街には、写真のような、アーケードが設けられています。高さは一般的な商店街に設置されているアーケードの約2倍、20メートルほどもあります。天井部分も透明なガラス張りになっているので、従来のものより、はるかに開放感と透明感に富んでいます。アーケードを支える支柱もシャープで洗練されており、その現代的な構造美にも魅了される、建築好きの方も多いでしょう。

光と陰のコントラストが見るものを魅了する商店街の全体像

写真:乾口 達司

地図を見る

ドーム広場の横に立つ建物から、商店街を俯瞰的に撮影したものです。上でも記したように、アーケードの位置が、一般的な商店街のものよりもかなり高いことが、これでよくわかるでしょう。自然の光が差し込むことによって生まれるコントラストも、一般の商店街では決してお目にかかれない、高松丸亀町商店街ならではのものです。どこかしら、異国の商店街に迷い込んだような気分になりませんか?

空襲の被害をまぬがれた近代建築・百十四銀行高松支店

写真:乾口 達司

地図を見る

高松丸亀町商店街を訪れたら、ドーム広場の近くに建つ、写真の建造物にも注目してください。香川県の地方銀行・百十四銀行の高松支店で、1966年まで、本店として使われていました。1926年に建てられ、戦時中、空襲の被害をまぬがれた貴重な近代建築です。20世紀前半に建てられた建物と、21世紀に入って生まれ変わった商店街とが、何の違和感もなく共存しているのも、高松丸亀町商店街の魅力です。

おわりに

斬新な空間設計によって生まれ変わった高松丸亀町商店街が、いかに多くの人を惹きつけているかが、おわかりになったのではないでしょうか。現在、商店街の再開発はその周辺地域におよんでおり、今回、紹介した高松丸亀町商店街の周辺の商店街も、洗練された、魅力的な商店街に次々生まれ変わっています。もちろん、商店街には、土産物屋をはじめ、さまざまなお店が立ち並んでいるので、高松旅行の折、お土産を探しがてら、商店街をのんびり散策してみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/22 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ