高原に聳える孤高のホテル!群馬県「水上高原ホテル200」で大自然と温泉にどっぷり浸かる

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

高原に聳える孤高のホテル!群馬県「水上高原ホテル200」で大自然と温泉にどっぷり浸かる

高原に聳える孤高のホテル!群馬県「水上高原ホテル200」で大自然と温泉にどっぷり浸かる

更新日:2016/11/03 22:12

Kaycom Dのプロフィール写真 Kaycom D 旅行ライター

「水上高原ホテル200」は、周辺を雄大な山並みに囲まれたリゾートホテル。視界の開けた高原に11階建ての建物が聳える光景はかなり存在感があります。ホテル内には、そんな絶景を十分楽しめる温泉や休憩スペース、レストランなどがあり、ホテルにいながらにして大自然を楽しむことが可能。また、ホテルで用意している様々なアクティビティに参加することで、車がなくても周辺の見所を観光することができます。

- PR -

ホテルを囲む360度の絶景

ホテルを囲む360度の絶景

写真:Kaycom D

地図を見る

標高約1000mにある「水上高原ホテル200」は、200万坪の敷地を有する広大な高原の中に聳えるホテルで、このホテル以外にはまわりに高い建物や障害物がないため、360度の景観を楽しむことができます。尾瀬や照葉峡、谷川岳などの観光スポットにも近く、水上駅周辺の水上温泉や、映画『テルマエロマエ』のロケ地となった宝川温泉などへの立ち寄り湯も可能。

ホテルまでは、上越新幹線の上毛高原駅とJR上越線の水上駅から無料の送迎バスを利用することができるので、利用日の2日前までに予約しましょう。山間の風景を眺めながら標高を上げていくとホテルのある水上高原に着くのですが、一気に視界が開け目が覚めるような景色が広がります。

つるすべ美肌の湯

つるすべ美肌の湯

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルのお風呂は、内湯の「大浴場」と、別棟にある露天風呂「凛楽(りらく)」があり、どちらからも周辺の大自然を眺めながら入ることができます。ここの「上の原温泉」の泉質は、PH値が9.26と高いアルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)で、肌触りが柔らかくヌルヌルとした感触。クレンジング効果があり美肌の湯としても有名です。

露天風呂は宿泊者専用で、「眺望の湯」と「白樺の湯」があり、男女入れ替え制になっています。露天風呂は眺望のいいホテルの駐車場の脇に建てられているので、一旦外に出て入りに行くことになりますが、その分、人工物がほとんど見えない絶景や、ホテルの明かりが届かない漆黒の夜空に広がる満天の星などが見られます。

内湯はホテルの中2階にあり、ちょうど視線の高さに山並みが広がります。内湯とは言っても、広い浴室と大きな窓から雄大な景色が見られるため開放感は抜群。こちらは宿泊者以外でも時間限定で利用することができます。

居心地のいいライブラリーとロビー

居心地のいいライブラリーとロビー

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルの最上階には、読書やインターネットができるライブラリーがあり、誰でも自由に利用することができます。壁一面の窓からは、周りの高原の景色が絵のように広がり、まさに大自然を独り占めという感じ。すぐ隣にはフィットネスジムもあり有料(スーペリア・ツイン、スーペリア・コネクトに宿泊の場合は無料)で使うことができます。

ホテルのロビーの片隅には大きな暖炉があり、その前のソファーも居心地がいいのでおすすめ。ロビーなので人の行き来は多いのですが、フロントとは離れて奥まった場所にあるので、それほど騒音などは気になりません。暖炉の脇のテレビには、山の映像が映し出されていたりするので、天気の悪い日などは、ここでお茶を飲みながら寛ぐのもいいでしょう。

ホテル内のグルメ

ホテル内のグルメ

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルの夕食は、選ぶのが楽しい「和洋中60種の旬材バイキング」やおしゃれな「みなかみイタリアン」の他、「期間限定特選メニュー」や「夏の高原バーベキュー」などがあります。

バイキングは見た目にも鮮やかな料理がずらりと並び、ローストビーフからデザート、キッズメニューまで、子供から大人まで満足できる内容。「みなかみイタリアン」は、11階にある「レストラン藤原」でいただくことができ、ちょっと贅沢なコース料理となっています。また「レストラン藤原」内の「Bar 月夜の」では、各種アルコールの他、夜食メニューとして、ラーメンや焼きおにぎりなどもあります。

1階の「白樺ダイニング」では、11月下旬までランチ営業もしているので、ホテルの敷地から出ることなく一日中ホテル近辺で過ごすこともできます。

※「レストラン藤原」は事前予約が必要で、宿泊者でも浴衣、スリッパでは入れません。「Bar 月夜の」はOK。

退屈知らずの豊富なアクティビティ

退屈知らずの豊富なアクティビティ

写真:Kaycom D

地図を見る

ホテルでは色々なアクティビティが用意されているので、車がなくてもホテルからのツアーで様々な場所に連れて行ってくれます。季節によって内容は変わりますが、宝川温泉の入浴(入浴料とタオル付)や、尾瀬のトレッキング、利根川のラフティング、星空観賞などなど、限られた滞在日数の中ではどれを選ぶか迷ってしまうほど。アクティビティは予約が必要なものが多いので、参加したい場合は事前に申し込みをしましょう。

また、ホテルの敷地内には、ゴルフ場やテニスコート、散策コースなどがあるので遠出をしなくても十分楽しめます。キッズアクティビティエリアもあるので小さな子供連れでも大丈夫。冬にはスキーや犬ぞりなど、スノーアクティビティも豊富です。

最後に・・・

温泉、絶景、観光、グルメと、旅行の楽しみがみんな用意されているホテルです。車で来れば色々と出かけることも簡単ですが、そうじゃない人でもホテル発着のツアーで周辺の見所の観光ができるというのはありがたい。

トレッキングやゴルフなどに必要な道具もホテルで揃えられるものが多いので、向こうに行って急に参加したくなったらスタッフに相談してみましょう。ホテル周辺の絶景を見たら、あっちにもこっちにも行きたくなると思うので、ぜひ連泊して大自然を満喫してください。

※それぞれの施設やアクティビティの利用期間は要確認

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/15−2015/10/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ