長野県小布施に来たら味わってほしい、地元人がお勧めのスイーツ店

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

長野県小布施に来たら味わってほしい、地元人がお勧めのスイーツ店

長野県小布施に来たら味わってほしい、地元人がお勧めのスイーツ店

更新日:2014/01/07 15:41

高橋 しゅうのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 高橋 しゅう 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

長野県北部の小布施は「栗と北斎と花のまち」と言われ、町内には北斎館を中心に美術館や博物館、岩松院等の観光スポットが点在し、各地から観光客が訪れる人気の観光地として知られています。そしてもう一つの魅力となっているのが、当地の名産の栗や林檎等のフルーツを素材として使った和洋菓子店が多いことです。どのお店も魅力的な品揃えですが、今回は中でも地元(隣町)在住の私がお勧めするお店のスイーツを紹介します。

栗の町小布施の一押しスイーツ。「栗の木テラス」のモンブラン

写真:高橋 しゅう

地図を見る

まずご紹介したいのが、観光客のみならず地元の人にも人気がある「栗の木テラス」のモンブランです。このお店は老舗栗菓子店の桜井甘精堂の系列のカフェで、紅茶とケーキの美味しいお店として知られています。中でも生クリームの周りを風味ある栗ペーストで包んだモンブランはとても人気で、上品な甘さが美味しい逸品です。

観光スポットの集まる中心エリアにありますので、散策の途中で店内のカフェで紅茶とあわせて楽しんだり、テイクアウトもできますので旅路の途中で食べるのも良いと思います。

小布施に来たらまずは欠かせない一押しのスイーツで、多くのガイドブック等でも紹介されています。また秋の新栗の時期には、さらに魅力的な新栗モンブランも登場しますので、お店のホームページよりチェックしてみて下さい。

自家栽培の栗を使った栗菓子が評判。栗林の中の隠れた名店「松仙堂」

写真:高橋 しゅう

地図を見る

数多くある小布施の栗菓子店の中で、自家栽培の栗を使い素材にこだわったお店として地元で評判なのが「松仙堂」(しょうせんどう)です。

観光客で賑わう栗菓子店が並ぶ中心部からは、車で5分程度離れた栗林の中の隠れ家的な場所に構える小さなお店です。通りすがりで入る場所ではありませんが、地元産の栗にこだわった栗菓子を購入でき、わざわざ訪ねる価値のあるお店です。

写真は新栗がでる季節を中心に販売される「空蝉」(うつせみ※左側)と「雲井の雁」(くもいのかり※右側)で、空蝉は栗と砂糖だけの素材を茶巾で絞って作られた素朴でありながら、栗の本来の味わいが引き立つお菓子です。また雲井の雁は程よい甘さの栗の餡の入った美味しい最中で、どちらも特に秋から冬の時期にお勧めです。

他には栗ようかんや栗かの子、栗甘露煮等が通年で販売され、どれも小布施栗の素材を活かした商品ばかり。こだわりの小布施土産にいかがでしょうか?

信州と言えば林檎の産地。「ベルジュ」の美味しいアップルパイ

写真:高橋 しゅう

地図を見る

小布施は栗の産地として栗菓子のお店が目立ちますが、ここではアップルパイがメインの地元でも評判の小さなお店「ベルジュ」を紹介します。

信州と言えば有名な林檎の産地。その林檎を使ったアップルパイは、周りはサクサク生地と、たっぷりと紅玉を使った程よい甘酸っぱさの中身が相まってとても美味しいパイになっています。またシナモン入りとシナモン無しがあり好みによって選ぶことができます。あわせて栗の町小布施ならではのマロンクリームの入ったマロンパイもあり、2人以上なら両方を買って分け合って食べてみても良いのでは?

お店は栗菓子店の建ち並ぶ中心エリアから少しだけ離れた場所(徒歩圏内)にありますが、町の散策がてらに足を運ぶ価値があると思います。店内には喫茶スペースもありますので、お店で食べることもできます。

「山屋天平堂」で「林檎ようかん」をお土産にしては?

写真:高橋 しゅう

地図を見る

小布施の栗菓子店では、栗を使った栗羊羹をどこのお店でも販売していて、お土産にも選ばれていますが、珍しいお土産として、他ではあまり見かけない「林檎ようかん」はいかがでしょうか?信州では林檎を使ったお土産を各地で見かけますが、羊羹は他では見かけません。

この羊羹は、小布施駅から程近い「山屋天平堂」(やまやてんぴょうどう)で手に入れることができます。単に珍しいだけでなくその味ももちろんお勧めです。
林檎と寒天と砂糖だけで作られた素材の味が活きた羊羹は、紅玉の甘酸っぱさと林檎の風味をしっかり感じることができる、香料等を使わない本物の味です。ゼリーとは違ってしっかりとした歯触りと凝縮された味わいが特徴です。

こちらのお店では、栗や林檎、杏を煮詰めたグラッセ等も評判で、どれも地元産にこだわり余計なものを使わないこだわりの味として、各種メディアにも取り上げられています。

お店は賑やかな中心エリアから離れた場所(徒歩圏内)にありますが、わざわざ立寄る価値のある地元でお勧めのお店の一つです。

小布施で人気のお洒落な洋菓子店「パティスリーロント」

写真:高橋 しゅう

地図を見る

これまで信州・小布施ならではの栗菓子や林檎を使ったお菓子を紹介してきましたが、ここではフランス洋菓子の美味しいお店として、地元のみならず観光客にも知られている、観光の中心エリアに程近い「パティスリーロント」を紹介します。

ここはグルメサイト等でも長野県内で人気上位になっているお店で、東京の有名店で修業したシェフが作るケーキや焼き菓子、チョコレート、パン等が店内に綺麗に並べられ、どれも魅力的で選ぶのを迷ってしまします。

ここでのお勧めは、散策の途中でちょっと食べるのにお手頃な「パン・オ・パティシエル」(写真)と名付けられたクリームパンです。買ってからバニラの入ったカスタードクリームまたはチョコレートのクリームを詰めてくれるのでパンの触感をそのままに、濃厚なクリームとあわせて美味しくいただけます。尚、こちらのお店もテイクアウトだけでなく、店内にカフェスペースがありますので、ゆったり座って美味しいケーキやパンを食べながら、ティータイムを楽しむことができます。

まだまだ小布施には魅力的なお店がたくさん。

小布施にはここまで紹介した以外にも、栗を使ったアイスが美味しい「傘風楼(さんぷうろう)」の栗アイス、人気のジェラート店「トゥエル」、大行列の出来る季節・数量限定の小布施堂の栗菓子「朱雀」(9月中旬〜10月中旬の時期限定※2013年はすでに終了。)等々、時間の許す限りお腹とお財布と相談しながら巡っていただきたい私のお勧めのお店がたくさんあります。

小布施観光を計画される際には、観光スポットだけでなく魅力的なスイーツ店もたくさんありますので、時間を多めにとって来てくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/10/22 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ