モロッコ最大級を誇るモスク!カサブランカ「ハッサン2世モスク」

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

モロッコ最大級を誇るモスク!カサブランカ「ハッサン2世モスク」

モロッコ最大級を誇るモスク!カサブランカ「ハッサン2世モスク」

更新日:2016/10/31 15:31

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり ユニークホテルライター

モロッコの港町・カサブランカの有名な観光スポットとして知られる「ハッサン2世モスク」。国内最大級のモスクで全長200メートルもの高さを誇るミナレット(尖塔)を擁しています。2015年には映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のロケ地として注目されました。タイルの小片で美しい模様を作り上げるゼリージュという技法も一見の価値がありますよ。カサブランカで一度は見たいモスクをご紹介します!

カサブランカでも有名な観光スポット

写真:篠宮 あかり

地図を見る

モロッコ北部の大西洋沿岸に位置しており、国内最大の経済都市でもあるカサブランカ。旅行者にとっては「ムハンマド5世国際空港があるから行くけど、観光スポットが少ないからすぐマラケシュやフェズに移動しちゃうなー」という人も多いのではないでしょうか?旅の初日や最終日でも気軽に行ける観光スポットが、これからご紹介する「ハッサン2世モスク」です。

モロッコの先代国王ハッサン2世が、北アフリカを象徴するモスクを建設するため、全土から数多くの職人を集めて建設。1986年から8年もの時間をかけて、モロッコ最大級のモスクを作り上げました。全長200メートルもの高さを誇る世界最大のミナレット(尖塔)が特徴的です。モスクの礼拝堂には約2万5000人、敷地には約8万人を一度に収容することができます。

職人技が光る!伝統的な技法ゼリージュ

写真:篠宮 あかり

地図を見る

モスク外観には、職人の技術による素晴らしい装飾が施されています。例えばこちらの水汲み場で見られるのは伝統的な技法「ゼリージュ」。小さくカットされた施釉(せゆ)タイルを組み合わせて幾何学模様のモザイクにしたものです。エメラルドグリーンがベースになっていますが、よく見ると赤や青や黄色など様々な色が散りばめられていてカラフルですね!

水汲み場の両側にある壁面装飾は、ひし形の網目模様になっています。こちらもエメラルドグリーン一色に見えますが、中央に異なる色を配色することで奥行きのある印象を与えていますね。長い年月をかけてこの美しい装飾を作り上げてきたのかと思うと、職人さんの技術にただただ圧倒されるばかりです…!観光客もこちらの前で記念撮影を行う人が多いようですよ。

モスク内部のガイドツアーも実施

提供元:モロッコ王国大使館

http://www.morocco-emba.jp/地図を見る

通常はモロッコのモスクに入ることはできませんが、ハッサン2世モスクはガイドツアーのみ内部見学できます。土〜木曜日までが9時、10時、11時、14時(7月、8月のみ15時の回もあるので要確認)金曜日は9時と14時のみ催行しています。アラビア語、フランス語、英語、スペイン語になりますが、一見の価値はあるのでぜひ参加してみて下さいね。

モスクの広場からすぐに大西洋へ!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

モスクの広場はかなり広々としておりベンチも設置されているので、旅行者はひと休みできるところが嬉しいですね。また大西洋に面しているため、モスクの広場からすぐ海に出ることができます。海辺では地元の子供たちが遊んでいたりカップルがデートしていたり、なんとも和やかな雰囲気ですよ。カサブランカ市民の憩いの場所になっているのかもしれませんね。

今回は昼間に行きましたが、夕暮れ時はモスクのアザーンが流れるなか、大西洋に日が沈んでいく幻想的な光景を見ることができますよ。さらに夜になるとモスクが華やかにライトアップされて、また違った表情になります。もし時間に余裕があるなら、夕暮れから夜までモスクの移り変わりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

カサブランカでは必ず見たい「ハッサン2世モスク」

ハッサン2世モスクは旧市街から少し離れた場所にありますが、タクシー利用なら約10分ほどで行けます。ガイドツアーに参加できなくても、モスク外観の美しい装飾を見たり、海沿いをふらっと歩くだけでも十分に楽しめますよ。モロッコの初日や最終日を飾るにふさわしい観光スポットになるのでぜひ行ってみて下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/24 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ