イタリアが誇る工芸技術都市!ヴァイオリンの聖地・クレモナ

| イタリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

イタリアが誇る工芸技術都市!ヴァイオリンの聖地・クレモナ

イタリアが誇る工芸技術都市!ヴァイオリンの聖地・クレモナ

更新日:2016/11/27 20:17

橘 凛のプロフィール写真 橘 凛 ライター、エッセイスト

北イタリアにあるクレモナという街をご存知ですか?
映画「耳をすませば」では、ヴァイオリン職人を目指す主人公の恋人の修行の地として登場したクレモナ。クレモナは、今も昔もヴァイオリンはじめ、弦楽器製作の聖地で、街中に工房が点在する芸術都市です。近年では、総合的に学べるヴァイオリン博物館も新オープンし、さらなる話題を呼んでいます。
観光が楽しいクレモナの最新情報やアクセスなどについて、ご紹介いたします!

ヴァイオリン博物館と併設のコンサートホール

写真:橘 凛

地図を見る

クレモナで最もオススメしたいのが、2013年にオープンした新名所「ヴァイオリン博物館(Museo del Violino)」。街の中心地にある立派な博物館です。
ヴァイオリンの製作技法や歴史などが具体的に紹介されており、ストラディヴァリ、アマティ、グァルネリといった超有名ヴァイオリンが美しく展示されていて、一見の価値あり。クレモナで3年に一度開かれるヴァイオリン製作の歴代コンテストで受賞した作品なども飾られているので、現地在住のヴァイオリン職人も、研究のために足繁く通うそう。

併設のコンサートホールには、日本人音響技術家も携わったという、世界最高水準の音響技術が施されています。ここでは、博物館のコレクションであるヴァイオリンや弦楽のリサイタルが日常的に行われています。毎年秋には、ストラディヴァリ・音楽フェスティバルも開催されます。美しい響きを持つホールで、名器の音色を聴かれてみてはいかがでしょうか?
日本語パンフレットも充実していて、事前予約をすれば、日本語でのガイドツアーも申し込み可能です。月曜日は休館なので、ご注意を。

クレモナ大聖堂(Cattedrale di Cremona)と広場

写真:橘 凛

地図を見る

イタリアのどんな小さな街にもあり、その街を代表する建物が、大聖堂です。クレモナの中心地にも、12世紀から建設が開始された大聖堂があります。正面のファサードは、当時におけるロマネスク美術の重要なモニュメントとしてして知られています。内部には、聖母マリアとキリストの生涯を描いたフラスコ画などが描かれ、荘厳な雰囲気に包まれています。

大聖堂前の広場は、クレモナ市民(Cremonese:クレモネーゼ)の憩いの場。広場周辺には、レストランやカフェなどあるので、食事をするのもおすすめです。牛煮込みとポレンタ(トウモロコシから作るお粥)やリゾットなど、多彩なクレモナ郷土料理を美味しくいただけます。

トッラッツォの塔から眺めるクレモナの街並み

写真:橘 凛

地図を見る

大聖堂の隣にあるのが、トッラッツォの塔(Torrazzo)。
高さ112.7メートルあり、実は、イタリアで1番、世界では3番目に高いレンガ造りの鐘楼です。この塔の歴史は大聖堂よりもさらに古く、なんと754年から建造が始まったと言われており、現存するレンガ造りの塔では、世界で最も古いものです。

塔は、もちろん登れますが、頂上に到着するまでには500段を超える階段を使わなければなりません。最後の方は、間がスカスカの螺旋階段で、高所が苦手な人は特に注意して登るようにしてください。
しかし、塔の上からの景色は、まさに絶景。統一されたオレンジ色の屋根が続くクレモナの美しい街並みと、クレモナが属するロンバルディア州、隣のエミリア・ロマーナ州の遠景が見晴らせます。

ヴァイオリン製作の歴史を感じるクレモナ街歩き

写真:橘 凛

地図を見る

クレモナには、ストラディバリウスのゆかりの地が多く残されています。ストラディバリウスの像(ストラディバリ広場)、住んでいた家(ガリバルディ通り沿い)、墓碑(ローマ広場)と、歩いているだけでその痕跡を見ることができます。

15世紀頃からヴァイオリン製作が盛んになったクレモナですが、それは現在も変わらず活発です。街の中には、80を超える工房や、国立弦楽器製作学校などがあるといいます。クレモナに大きな街ではありませんが、修行をしている職人が世界中から集まっていることもあり、街ゆく人々も国際的な顔ぶれです。近年では、様々な賞を受賞し、高い評価を受けている日本人の職人も多くいます。軒先には、Liutaio(ヴァイオリン職人)の名札を掲げていたり、楽器を飾っている工房などが建ち並ぶクレモナの街を歩くことで、雰囲気を身近に感じることができることでしょう。

ミラノから簡単アクセスのクレモナへ行ってみよう

クレモナへは、ミラノからのアクセスがおすすめ。ミラノ中央駅から、マントヴァ(Mantova)行きの電車に乗り、約1時間余りで到着です。日帰り旅行をするには最適な距離でしょう。
時間によっては直行電車がなく、Codogno駅で乗り換えが必要な場合もあるので、気をつけてください。

クレモナは、イタリアの工芸技術が詰まった、とてもイタリアらしい古都です。音楽や楽器が好きな方はもちろん、歴史や芸術、伝統工芸に興味がある方々も楽しめることでしょう。北イタリアに旅行の際は、クレモナに行ってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ