モルディブ8000円のホテル!フルマーレ「リヴェティビーチ」

| モルディブ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

モルディブ8000円のホテル!フルマーレ「リヴェティビーチ」

モルディブ8000円のホテル!フルマーレ「リヴェティビーチ」

更新日:2017/04/05 13:07

マダム いくらのプロフィール写真 マダム いくら シングルトラベラー、世界穴場ホテル愛好家、バリュートラベラー

インド洋の楽園モルディブは、死ぬまでに一度は行きたい憧れのリゾート。しかしやっぱりお金がかかるから難しい・・・と思っていませんか。
確かにモルディブではホテルが1泊5万円、10万円が当たり前で、それが高額な旅費の原因になっています。しかし、実は1泊1万円以下のリーズナブルなホテルもたくさんあるのです。今回ご紹介するのは1泊8000円から泊まれるフルマーレにある「リヴェティビーチ」です。

モルディブ空港とフルマーレ

写真:マダム いくら

地図を見る

リヴェティビーチホテル(Rivethi Beach hotel)があるフルマーレの町は、空港に隣接する小さな人工島にあります。2002年にできたばかりの新しい人工島でまだ一部は開拓中です。

フルマーレから空港を挟んで反対側にある島が、モルディブの首都であるマーレです。マーレは東西2.5km南北1.5kmほどしかない小さな島で、その過密状態の緩和対策として造られたのがフルマーレなのです。

フルマーレは空港に近く陸路で移動できる利点から、旅の中継地として滞在するのに便利。ホテルがいくつも立ち並んでいます。

写真:マダム いくら

モルディブ空港は目の前がもうエメラルドグリーンの美しい海。可能であれば夜間ではなく昼間に到着したいもの。

リヴェティビーチホテル外観

写真:マダム いくら

地図を見る

リヴェティビーチホテルは空港から車でたったの10分ほど。空港とホテル間の送迎はホテルが手配してくれるので安心です。

ホテルの目の前はビーチで、道を一本挟んですぐに海に飛び込めます。4階建てのビルディングタイプホテルでワンフロアに部屋は4部屋、全12室の小さなホテルなので静かで落ち着きます。

写真:マダム いくら

地図を見る

ホテル前のビーチ、は大変美しく遠浅で、人工島とはいっても十分モルディブの海を楽しむことができます。ホテルが用意したビーチチェアやテーブルなどもあります。

リヴェティビーチホテルの部屋

写真:マダム いくら

地図を見る

部屋は数タイプあります。一番安いスーペリアは海と反対側にある部屋で海は見えません。デラックスはパーシャルオーシャンビューで窓から海が見えます。デラックスシービュールームがオーシャンフロントにあたる部屋になります。予算に応じて選ぶことができます。

インテリアはシンプルでモダンな設え。バスルームはシャワーのみですが十分な湯量で過不足なしです。

写真はデラックスルーム。料金はスーペリアルームで朝食・送迎付き一部屋8000円台から。時期によって変動します。

写真:マダム いくら

地図を見る

一階にはフロントとロビー、レストランがあります。朝食はここでビュッフェスタイルで提供されます。フロントのスタッフの対応もてきぱきとしてフレンドリーで、空港送迎の手配も丁寧に対応してくれます。

海を一望できるルーフトップ

写真:マダム いくら

地図を見る

ホテルのルーフトップ(屋上)は展望スペースになっており、海と街の爽快なパノラマを楽しむことができます。滞在客は誰でも利用できます。東に面しているので朝日が昇る時間がおすすめです。

写真:マダム いくら

その他のホテルや街並み

写真:マダム いくら

地図を見る

フルマーレにはリヴェティビーチ以外にも手ごろなホテルがたくさん並んでいます。写真の「hotel78」も、海に面して建つモダンでおしゃれなホテルとして人気が高いホテルです。

写真:マダム いくら

地図を見る

フルマーレの白い砂浜のビーチは美しく、散歩するだけでも清々しい。波打ち際まで小さな魚たちが泳いでいるのを見ることができます。

気軽にモルディブへ行こう

モルディブというと高額なツアーばかりが目につきますが、個人手配で航空券と今回のホテルを組み合わせればかなり安上がりに旅を組み立てることが可能です。
オプショナルツアーをうまく利用すれば、美しい離島をめぐることも可能です。また首都マーレ観光なども簡単に行くことができます。
高級リゾートだけじゃない、モルディブのローカルな一面を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/18−2016/09/19 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ