パノラマ夜景に酔いしれよう!神奈川県秦野市「弘法山公園」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

パノラマ夜景に酔いしれよう!神奈川県秦野市「弘法山公園」

パノラマ夜景に酔いしれよう!神奈川県秦野市「弘法山公園」

更新日:2016/09/20 19:01

木村 優光のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

「弘法山公園」は神奈川県秦野市の中央部に位置する公園で、春になると園内に植えられた約2000本の桜が咲き誇ることでも知られています。そして、夕刻以降は展望台から雄大なパノラマ夜景を一望することができ、その様子は神奈川県でもトップレベル!展望台までは、車を降りて暗い道を約10分ほど歩きますが、夜景が見えた瞬間はあまりの眩しさに感動間違いなし!素晴らしいパノラマ夜景を見に弘法山公園に出かけましょう。

空気が澄んだ日の日没後に西の方角を見ると富士山を一望!

写真:木村 優光

地図を見る

「弘法山公園」からの夕景を見るのであれば、陽がまだ高いうちから山頂展望台にアクセスすることをオススメします。夜間になると、駐車場からアクセスする散策路が真っ暗になり、さらには外灯も一切ないため、弘法山へのアクセスの経験がない方はオススメできません。したがって、太陽が沈む前に駐車場から山頂へのアクセス経路の雰囲気をつかみつつ、山頂展望台へアクセスしましょう!

山頂展望台で太陽が沈むシーンを拝見し、太陽が完全に沈んだら、秦野市街の明かりが徐々に明るくなっていきます。そして蒼と橙で形成された空のカラーグラデーションも非常に美しいでしょう。空気が澄んでいれば、箱根山のさらなる奥側に富士山のシルエットを見ることができます。実は「弘法山公園」、関東の富士見百景に認定されているんですよ。

数分ごとに変わりゆく風景に、感動指数もクライマックスとなり、素晴らしい夜景に見入ってしまうでしょう。そして時折、下界から聞こえてくる小田急線の走る音がロマンを掻き立てます。

南東方面は蒼い空の元、光の大海原!

写真:木村 優光

地図を見る

上で紹介した夜景は西の方角である小田原や松田方面ですが、ここであえて日没30分後の南東方面の夜景を見てみましょう。展望台から少し南側にアクセスすると、南東側の視界を見ることができるポイントがあります。

昼間の青い空とはやや異なった色合いの「蒼」系の空の下、南東の方角である平塚や横浜方面の夜景が光の大海原となって、非常に見ごたえのある夜景を見ることができます。西方の夜景とは対照的な、蒼い空が非常に印象的です。

そして街明かりが増してくる頃、遠方に目をやると、木々の隙間から横浜ランドマークタワーを確認することができます。これは秦野から南東側がほぼ平坦な地形であることがわかるでしょう。

南東側の風景を見ることができるビューポイントの昼間の様子

写真:木村 優光

地図を見る

上で紹介した南東方面の夜景ですが、実は写真のようなビューポイントから眺めることができるのです。このビューポイント、一見、舞台のように見えますが、これは目の前に見える夜景がメインステージと捉えると、面白い試みですよね。

といっても夜景が見える時間帯に客席がすべて埋まるわけではないので、この広い客席の中、大切な人と二人っきりで夜景を眺めれば、開放的な気分に浸ることができるでしょう。もちろん最前部のフェンスのポイントにアクセスして、夜景を眺めてもよし!

なお、昼間からの訪問の場合は、お弁当を持参してこちらで広げて、風景を楽しみながら昼食をとると、普段以上においしく召し上がることができるかもしれませんね。スペースも広いので、横になることも可能!特に夜間に横になると、満天の星空が見えるかもしれませんよ。

山頂の展望台はユニークな中華風の形状

写真:木村 優光

地図を見る

弘法山公園の山頂にある展望台としては最高峰の高さを誇る2階建ての展望台で、2階部分に上れば秦野市街を中心とした360度のパノラマを見渡すことができます。やはり一番の見どころは西側の富士山を含めた眺めです。

なお、この展望台があるエリアを弘法山公園でも、別名があり、「権現山」と呼ばれており、その権現山の山頂がこの展望台にあたるわけです。眺めも非常に良いことから、関東の富士見百景に認定されたことが非常に納得できます。

なお、桜の咲く時期にこの展望台から園内周囲を見渡すと、ピンク一色の世界が!そんな様子を見たら思わず声を上げてしまうでしょう。夕刻以降の眺めも素晴らしいですが、桜の咲く時期も非常に美しい風景を見せてくれます。

ハイキングとしても十分に楽しむことができる弘法山公園

秦野市内にはその自然が織りなす地形と立地条件から、数多くのハイキングコースが存在します。この弘法山公園も権現山と連なる浅間山、弘法山、吾妻山などと縦走が可能です。ハイキング旅行としても十分に楽しむことができますよ。

なお、弘法山公園の北側の麓には、「めん羊の里」があり、羊とふれあうことや、オーストラリア産の新鮮なジンギスカン料理を頂くことができます。こちらも昼食時などにお勧めですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/01/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ