東京・亀有で楽しむ「こち亀銅像」巡り!漫画の舞台で両さんたちに出会う旅!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東京・亀有で楽しむ「こち亀銅像」巡り!漫画の舞台で両さんたちに出会う旅!

東京・亀有で楽しむ「こち亀銅像」巡り!漫画の舞台で両さんたちに出会う旅!

更新日:2016/09/16 14:36

渡部 洋一のプロフィール写真 渡部 洋一 フリーライター、カメラマン

「こち亀」の愛称で親しまれ、絶大な人気を博す国民的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。2016年9月3日には作者の秋本治氏によって連載終了が発表され、大きな話題となりました。

そんな「こち亀」の舞台は、東京の下町「亀有」。今回は、亀有の街中で個性的な魅力を放つ、「こち亀銅像」の数々をご紹介します。

- PR -

亀有駅前に両さんの銅像!「両津勘吉像」はまさに必見!

亀有駅前に両さんの銅像!「両津勘吉像」はまさに必見!

写真:渡部 洋一

地図を見る

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作品名が示す通り、「こち亀」の舞台は東京都葛飾区亀有。情緒ある下町であり、街の中心となるJR亀有駅から徒歩圏内には、「こち亀」のキャラクターを象った銅像が多数(2016年8月現在15体)設置されています。その中で今回は、「こち亀」の主要キャラクターを網羅する、特におすすめの「こち亀銅像」5体をご紹介します。

東京の下町・亀有で楽しむ「こち亀銅像」巡り。まず最初は、何と言っても「こち亀」の主人公・両津勘吉(通称「両さん」)から始めましょう。

亀有駅の北口では、満面の笑顔で手を挙げる「両津勘吉像」が人々を迎えてくれます。2006年、亀有に初めて出来た両さんの銅像で、豪快で男気溢れる性格がよく表現されています。亀有の街に数ある「こち亀銅像」の中でもその代表格と言える必見の一体です。

「こち亀」のマドンナ!「薔薇と麗子像」!

「こち亀」のマドンナ!「薔薇と麗子像」!

写真:渡部 洋一

地図を見る

「こち亀」のマドンナと言えば、秋本・カトリーヌ・麗子。日本人とフランス人のハーフで才色兼備な、両さんの同僚です。

亀有駅北口交番の近くにある「薔薇と麗子像」も、その美しさは健在。漫画の中と変わらない美貌と完璧なスタイルで見る者を魅了する、人気の「こち亀銅像」です。

銅像になってもイケメン!スマートすぎる「中川像」!

銅像になってもイケメン!スマートすぎる「中川像」!

写真:渡部 洋一

地図を見る

「こち亀」のマドンナが麗子なら、「イケメン」は中川圭一巡査。財閥の御曹司であり、185cmの高身長、そしてタレント並みの甘いマスクを兼ね揃えた究極のモテ男です。

そんな中川は、銅像になってもとにかくスマート。豪快な男らしさ溢れる「両津勘吉像」とはまた異なる魅力を放つ「中川像」は、「こち亀」ファンならずとも必見です。

銅像も気弱!ナヨナヨ感全開の「本田像」!

銅像も気弱!ナヨナヨ感全開の「本田像」!

写真:渡部 洋一

地図を見る

「こち亀」に登場する個性豊かなキャラクターたちの中でも一際異彩を放つのが、元暴走族の白バイ隊員・本田速人。普段は弱気な性格でありながら、バイクにまたがると強気でワイルドな男に豹変するという設定が特徴的な人気キャラです。

亀有の街に立つ「本田像」は、完全に「普段」の姿。そのあまりにもにこやかな笑顔、そしてナヨナヨとした腰のくねりと膝の角度に、本田の気弱な性格がこれでもかというほど見事に表現されています。銅像とは思えないほどに弱々しく頼りない姿が、「こち亀」ファンには堪らない一体です。

記念撮影に最適!ベンチに座る両さんの銅像!

記念撮影に最適!ベンチに座る両さんの銅像!

写真:渡部 洋一

地図を見る

亀有の街に点在する「こち亀銅像」は、どれもが人気の撮影スポットであり、その姿を写真に収めようとカメラを構える人が後を断ちません。中でも、「記念撮影」スポットとして特に人気なのが、亀有駅南口のバス停留所にある「ようこそ亀有へ両さん像」です。
ベンチに座る形で造られた両さんの銅像。その隣に腰掛ければ、背中に伸びる両さんの右手に人情を感じます。

また、ベンチに座る両さんの銅像は、この「ようこそ亀有へ両さん像」の他にもう一体、亀有公園内に「ひとやすみ両さん像」もあり、そちらも記念撮影に人気です。

他にもたくさん!「こち亀」の舞台・亀有で楽しむ銅像巡り!

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台、亀有。情緒ある東京の下町で人々の視線を集める人気者、「こち亀銅像」の数々をご紹介しました。
亀有の街には、今回ご紹介した5体の他にも、多くの「こち亀銅像」があり(2016年8月現在15体)、全てJR亀有駅から徒歩でアクセスが可能です。それらを効率的に周るには、亀有駅に置かれる「銅像めぐりマップ」を手に入れると良いでしょう。

連載開始から40年もの長きに渡り人々に親しまれ、連載終了後も永久に愛され続けるであろう、「こち亀」。国民的漫画の人気キャラクターたちに会いに、あなたも亀有の街に足を運んでみませんか?
銅像となっても変わらない、人間味溢れる魅力を放つ彼らの姿を目にすれば、「こち亀」ファンならずとも心が暖かくなるはずです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ