世界最大の滝!イグアスの滝をアルゼンチン側から楽しむ5つの方法

| アルゼンチン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界最大の滝!イグアスの滝をアルゼンチン側から楽しむ5つの方法

世界最大の滝!イグアスの滝をアルゼンチン側から楽しむ5つの方法

更新日:2016/09/17 13:44

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 旅ブロガー、トラベルライター、1人女子旅応援サポーター

「世界最大の滝」として、世界中からの観光客を魅了するイグアスの滝。ブラジルとアルゼンチンの国境に跨がるようにかかり、幅4500メートルもの大きさを誇るこの滝は、見方によってさまざまな表情を見せてくれます。

一般的に滝全体を見渡せ、景色が良いとされるブラジル側に対し、アルゼンチン側ではより滝の近くで大迫力を感じることができ、楽しみ方のバリエーションも豊富!今回ははその魅力と楽しみ方をご紹介します!

- PR -

1、落差82メートル!イグアス最大の「悪魔の喉笛」を目の前で眺めよう!

1、落差82メートル!イグアス最大の「悪魔の喉笛」を目の前で眺めよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

イグアスの滝の最大の魅力と言えば、落差82メートルにも及ぶ「悪魔の喉笛」。そのニックネームにふさわしく、流れ落ちる水の量は半端じゃありません!

ブラジル側の遊歩道からは数十メートルの距離があり、場合によっては水しぶきで見えないこともあるこの「悪魔の喉笛」。アルゼンチン側からは、なんとその「悪魔の喉笛」のすぐ目の前まで歩いていくことができます!

目の前で轟音を立てながら流れ落ちる滝はとてつもない大迫力!周囲の人の声が聞きづらくなるほどです。ちなみに午前中ほど水量が少なく、午後は水量が増すと言われるイグアスの滝。迫力はもちろん水量の多い方が良いですが、その分水しぶきで周囲の景色が見えなくなってしまうということもあります。季節によって水量は変化しますが、その時期の「悪魔の喉笛」見学にベストな時間帯は街のインフォメーションで教えてくれるので、事前に確認してから訪れるようにしましょう!

2、ボートで大迫力の滝へダイブしよう!

2、ボートで大迫力の滝へダイブしよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

イグアスの滝に行ったら絶対に体験したいのがボートツアー。ブラジル側からも同様のツアーに参加できますが、アルゼンチン側の方がお手頃な価格で参加することができます。

参加する際は、水着など濡れても良い格好で参加しましょう!荷物は事前に配られる防水バッグにしっかり保管することも忘れずに。ボートに乗り込んだら、早速周囲の滝へボートごとダイブ!例えるなら、頭から10杯分のバケツをかぶるような大迫力で、全身ずぶ濡れになること間違えなしです!

ボートは何回か滝にダイブし、15分ほどでツアーは終了します。カメラは直前まで撮影することはできますが、ダイブする前に係の人が教えてくれるので、濡れないようにビニール袋などにしっかりと保管しましょう!

3、水しぶきを浴びながら遊歩道を散歩しよう!

3、水しぶきを浴びながら遊歩道を散歩しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

アルゼンチン側のイグアスの滝には主に2つの散歩ルートが整備されていますが、その1つが滝を下から眺めることができるルート。公園内の表記では「Lower Circuit」と記されています。

こちらの散歩ルートの特徴は、滝を下から眺めて散歩するルートなので、場所によって水しぶきを浴びながら歩くということ。また、太陽が反射して虹がきれいにかかることも多々あります。ゆっくり歩いて全部で1時間半ほどの行程なので、スニーカーなどの歩きやすい格好を用意しましょう!

4、イグアスの滝を上から眺めながら遊歩道を散歩しよう!

4、イグアスの滝を上から眺めながら遊歩道を散歩しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

もう一つのルートが滝を上から眺めることができるルート。公園内の表記では「Upper Circuit」と記されています。

こちらはさまざまな滝を上から眺めることができるので、滝の落差を肌で感じることができます!ルートの途中にはもうすぐ目と鼻の先が滝という地点もあり、下を見るだけで足が震えてしまいそうになります。こちらはゆっくり歩いて1時間ほどのルートなので、より気軽に散歩できるのが魅力的です!

5、イグアス国立公園内の移動には列車を利用しよう!

5、イグアス国立公園内の移動には列車を利用しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

とてつもなく広いイグアス国立公園ですが、アルゼンチン側は列車に乗って公園内を移動することができます。国立公園の入り口付近、2つの散歩ルートのスタート地点、悪魔の喉笛の3つの駅がありますが、最初の2駅は歩いて10分くらいなので、緑の中を散歩するのがおススメです。

2つ目の駅から悪魔の喉笛までは、列車での移動が必須となります。列車は約30分間隔で運行しており、約20分ほどで到着します。列車は非常にのんびりと走りますが、風を感じながら緑の中を走り抜ける列車はとても気持ちよく、サルや珍しい鳥などの動物に巡り会えることも!ぜひ開放的な列車で自然を満喫しましょう!

イグアスの滝はアルゼンチン側も面白い!

いかがでしたでしょうか?ブラジル側、アルゼンチン側とそれぞれ違った楽しみ方ができるイグアスの滝。ぞれぞれ好みは分かれますが、今回紹介したアルゼンチン側では悪魔の喉笛、ボートツアー、二つの散歩ルートなど、実にさまざまな楽しみ方があり、一日丸々満喫することができます!

ブラジル側のみに行く方も多いようですが、ぜひアルゼンチン側にも足を延ばして、その魅力を思う存分満喫してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/11−2016/09/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ