行列必至な京都の抹茶ティラミス!滋賀なら並ばずに食べられます!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

行列必至な京都の抹茶ティラミス!滋賀なら並ばずに食べられます!

行列必至な京都の抹茶ティラミス!滋賀なら並ばずに食べられます!

更新日:2016/09/05 13:55

けいたろうのプロフィール写真 けいたろう 関西系フードアナリスト

最近、京都の街を騒がしているスイーツをご存じですか?四角い升に緑色の抹茶が美しく、可愛らしく、美味しそう。あまりのフォトジェニックぶりに、SNS上で人気が大爆発中の『MACCHA HOUSE 抹茶館』の抹茶ティラミス。お店の前は絶えず行列で、平日で1時間半、休日ともなると3時間近くの順番待ちは当たり前。そんな抹茶ティラミスを並ばずに、食べられる場所が滋賀県に誕生しました。これは要チェックです!

ビックリ!行列のない抹茶館?!

写真:けいたろう

地図を見る

MACCHA HOUSE 抹茶館は、香港やシンガポールなど、アジアを中心に展開中。2015年5月には、海外でアレンジされた抹茶文化を日本へ逆輸入するという『JAPAN SECOND WAVE』をコンセプトとして、京都の河原町四条に国内1号店をにオープンさせ、たちまち行列の絶えない人気店となりました。

上の写真をご覧ください。このお店は、まぎれもないMACCHA HOUSE 抹茶館、しかもお昼すぎの様子です。しかし、お店の前に行列がありません。京都の抹茶館を訪れた人なら信じられない光景かと思います。

行列のない理由は、写真をよく見ていただくと分かると思いますが、壁に『NEW OPEN』の文字と店頭のお花。そうなのです。このお店、2016年の8月末にオープンしたばかりの国内2号店!だから、まだまだ行列がありません。

お店は滋賀県

写真:けいたろう

地図を見る

並ばずに入れるMACCHA HOUSE 抹茶館。気になるのは肝心のお店の場所。実はこのお店は、京都府のお隣、滋賀県の三井アウトレットパーク滋賀竜王の中にあります。そう言うと、「えー。遠い。せっかく京都に旅行に来たのに、そんな所まで行けない!」という声が聞こえそうですが、心配には及びません。ちゃんと対策があります。

実は三井アウトレットパーク滋賀竜王へは、土日祝限定、完全予約制ではありますが、京都駅八条口から直通のシャトルバスが運行しています。シャトルバスは、30分間隔で運行、約50分で到着します。夏暑く冬寒い京都で3時間も待つくらいなら、滋賀県まで移動しちゃった方が楽だと思いませんか?

シャトルバスのない平日は、三井アウトレットパーク滋賀竜王最寄り駅の野洲駅まで移動してバスに乗る必要がありますが、野洲駅は京都駅から東海道本線で1本なので、思ったほど遠くないと感じるハズ。また他には、大阪駅発で名神茨木インター、名神高槻インター経由のシャトルバスも運行しているので、そちらのご利用も併せて、下記の関連MEMOのリンク先からご検討下さい。

待ち時間0で抹茶ティラミスとご対面!

写真:けいたろう

地図を見る

三井アウトレットパーク滋賀竜王に着いたら、はやる気持ちを抑えてお店へ向かいましょう。南モール2階に目的のお店があります。京都駅からシャトルバスで来た場合、この時点で1時間強くらい。かなりの時短になっています。

抹茶ティラミスをオーダーすると運ばれてくるのは、緑色のパウダーを頭に乗せた四角いヒノキの升。間違いなく、あのMACCHA HOUSE 抹茶館抹茶ティラミスです。実物に出会うと、やはり最高にキュート。しかも写真では伝わらない抹茶のいい香りもたまりません。

スプーンを入れるとトロ〜リ濃厚

写真:けいたろう

地図を見る

まるで芸術品のような抹茶ティラミス。食べるのがもったいないほどですが、勇気を持ってスプーンですくうと、上質な濃厚マスカルポーネチーズがトロ〜リ。口に入れると、ティラミスというには、あまりにトロトロな食感に思わずニンマリ。

また、抹茶ティラミスのアイデンティティである抹茶パウダーも絶品。京都宇治の老舗「森半(もりはん)」の抹茶を贅沢に使用しており、かなりストロングな苦味で、甘いティラミスとの相性ピッタリで、京都で3時間も並んでまで食べる価値があると言われているのも、うなずけます。

オリジナルメニューもあり!

写真:けいたろう

地図を見る

三井アウトレットパーク滋賀竜王のMACCHA HOUSE 抹茶館の魅力は待ち時間の少なさだけではありません。森半のお茶とダシでいただく、お茶漬けや抹茶クレープなど、こちらのお店だけのオリジナルも展開しています。

写真は、帆立と生海苔茶漬け。こちらのお茶漬けは、最初はどんぶりとして、そのまま味わい、途中で煎茶を注ぎ、お茶の香りを楽しみ、最後にダシを掛けて食べるスタイルで、1杯のどんぶりで味の変化が楽しめる仕組みになっています。

また、店内では森半の抹茶や煎茶も販売されています。京都店よりも落ち着いた雰囲気の中で、買い物できるのも魅力の一つです。

いつまで行列なし状態かは不明!

待たずに食べられると紹介した三井アウトレットパーク滋賀竜王のMACCHA HOUSE 抹茶館ですが、いつまで待ち時間ナシが続くかはわかりません。SNSであっという間に情報が拡散する現在なので、いずれは2号店がオープンしたと周知の事実となると思います。

そうなると、ドッと人が訪れて、となるともしかすると。いずれにしても、一日も早くお店を訪れて、お友達に自慢してみてはいかがでしょう?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ