広大な敷地と独創的な建造物を堪能しよう!大名庭園の粋を集めた後楽園

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

広大な敷地と独創的な建造物を堪能しよう!大名庭園の粋を集めた後楽園

広大な敷地と独創的な建造物を堪能しよう!大名庭園の粋を集めた後楽園

更新日:2013/10/11 17:14

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

後楽園といえば、金沢の兼六園、水戸の偕楽園とならび、日本三名園の一つに数えられています。約4万坪におよぶ広大な敷地には、池泉回遊式の庭園を中心に茶屋や東屋、その他、さまざまな施設が配置されており、いわゆる「大名庭園」の粋を集めた名園となっています。なかには、独創的な意匠をほどこした建造物もあり、見るものを驚かせます。後楽園を訪れ、大名庭園ならではの魅力を堪能してみませんか?

岡山藩主・池田氏と深い関わりを持つ後楽園

写真:乾口 達司

地図を見る

岡山城が写り込んでいるように、後楽園は、江戸時代、岡山藩主であった池田氏と深い関わりを持っています。1687年(貞享4)、岡山郡代官・津田永忠に対して、後楽園の造営を命じたのは、岡山藩第2代藩主・池田綱政です。造営は1700年(元禄13)に一応の完成を見ますが、その後も、歴代藩主の命により、改造が繰り返されます。明治時代に入り、池田氏が岡山藩主の座を降りると、岡山県が後楽園を買い取ります。太平洋戦争末期、空襲によって、園内の建物が焼失したり、戦後は進駐軍の宿舎として使われたりしましたが、1967年(昭42)にはすべての建物が復元され、現在にいたっています。ちなみに、後楽園の名は1871年(明治4)になってはじめて使われ、それ以前は「御後園」と呼ばれていました。

後楽園を俯瞰的に眺めてみよう!唯心山からの眺望

写真:乾口 達司

地図を見る

後楽園を訪れたら、まずは、園内の南に位置する唯心山に登ってみましょう。唯心山は、綱政の子・継政によって築かれた山で、高さは約6メートル。広大な敷地を持つ後楽園の全貌をとらえるのに、格好のスポットです。写真は唯心山の北側に広がる沢の池方面を撮影したものですが、もちろん、その左右にも敷地は大きく広がっています。その全貌を写真におさめることはできないため、ぜひ、ご自身の目でお確かめください。

屋内を水路が流れる!休憩所として利用された流店

写真:乾口 達司

地図を見る

唯心山の麓に、写真のような、開放感にあふれた建物が建っています。流店(りゅうてん)です。藩主や賓客が後楽園を訪れた際、休憩場所となった建物ですが、この流店、何と屋内を水路が走っているのです!写真では観光客が床に座り込んでいますが、実は、彼らの多くは流店を貫くようにして走る水路に足をつけているのです。夏の暑い時期、水路に素足をつけると、とても気持ちがよいものです。江戸時代、後楽園を訪れた藩主や賓客たちも、さぞ気持ちが良かったことでしょう。その独創的な意匠には、脱帽です。

歴代の藩主が居間として使った延養亭

写真:乾口 達司

地図を見る

水路に沿って建っているのは、延養亭と呼ばれる建物です。後楽園を訪れた歴代藩主が居間として使っていた建物で、後楽園に点在する建物のなかで、もっとも重要な施設です。延養亭の後方は栄唱の間と呼ばれており、能舞台も設けられています。能を好んだ綱政はみずからこの能舞台に立ち、家臣や領民にその舞姿を披露したといわれています。

橋にも注目!『伊勢物語』にちなんだ八橋

写真:乾口 達司

地図を見る

水路が縦横に走る後楽園には、たくさんの橋がかけられています。その種類や形もいろいろで、たとえば、写真のような木造の八橋も見られます。周囲にはカキツバタが植えられており、初夏になると、青紫の花が咲き乱れます。「八橋」と「カキツバタ」といえば、『伊勢物語』所収の「東下り」の段を連想する人も多いのではないでしょうか。事実、後楽園の八橋は『伊勢物語』の世界を意識して作られています。その斬新な構造ともども、当時の大名の教養の高さを思い知らされますね。

おわりに

後楽園がいかに魅力的な大名庭園であるかが、おわかりになったのではないでしょうか。園内には、ほかにも領民の安寧を祈って建てられた慈眼堂や、石橋でつながった小島に建つ廉池軒など、紹介しきれなかったスポットがまだまだあります。梅をはじめとしてさまざまな花も咲いており、季節の草花を愛でるために訪れるのも良いでしょう。後楽園は、春夏秋冬、いつ訪れても充分に楽しめるため、それぞれの季節に後楽園を訪れ、大名庭園の粋を堪能してみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/23 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ