伊勢神宮参拝で忘れてはいけない!神様とのアポイントとおすすめグルメ

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伊勢神宮参拝で忘れてはいけない!神様とのアポイントとおすすめグルメ

伊勢神宮参拝で忘れてはいけない!神様とのアポイントとおすすめグルメ

更新日:2013/10/10 16:26

西脇 聖のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 西脇 聖 神社検定2級

式年遷宮で伊勢神宮は2013年最も注目されているパワースポットと言えるかもしれません!伊勢神宮は外宮から内宮にお参りするのが順序だとされていて、最近ではそれを知って参拝する人も増えてきました。しかし、神様に参拝する際にちゃんとアポイントをとる必要がある事を知っていましたか?今回は内宮に足を運び、どのような順序で参拝すればいいか、そして内宮の近くで味わえるグルメを紹介したいと思います。

五十鈴川で自身を清める!

写真:西脇 聖

地図を見る

内宮の鳥居をくぐり、少し行くと右手に手を洗える手水舎があります。最近は、どこの神社に行っても、正しい方法で手と口を洗っている人を見かけます。しかし、内宮ではもう一段階、自身の身を清めたい方法があります。それは手水舎のちょっと先にある五十鈴川の手洗所。ここで手を洗います。五十鈴川の清流は雨で濁っても次の日にはすぐに清流となるとされる綺麗な水。この清流で手を洗い、心を澄ませるのが本来の伊勢神宮参拝の作法なのです。冷たい水に触れ、心を引き締めて参拝しましょう!

瀧祭神は素通りしないで、しっかりアポイントを!

写真:西脇 聖

地図を見る

五十鈴川の手洗所の近くに瀧祭神(たきまつりのかみ)と呼ばれる小さな社があります。
こちらは、遷宮で立て替えられたようで、とても美しい社になっています。しかし、残念な事にこの社に参拝せずに天照大御神を祀る正宮を参拝する人も多いのです。実は、この瀧祭神は「皇大神宮所管社」とされています。ここにまず参拝して、天照大御神様に参拝をお願いするのです。現代で言えば、アポイントをとるイメージです。挨拶なしに勝手に会いにいく神様ではないのです。最近、神社を参拝する人も多くなり、古事記などに登場する神様なら知っているという人も多いです。しかし、そんなメジャーな神様ばかりが人気があり、神社にたくさん社が立っていてもそこだけ参拝する人も少なくありません。神様がその神社に祀られているには何か意味があるものです。もちろん相性が合わない神様もいるとは思いますが、意味合いを理解して参拝すると、より神社を楽しめます。

正宮では感謝を、荒祭宮では願い事を!

写真:西脇 聖

地図を見る

よく、神様にお願いをしてはいけないと言いますが、それが全てだとは言いません。信心深い人には、神様はちゃんと願いを叶えてくれるものです。この伊勢神宮でもそうだと思っています。もちろん、感謝が第一です。この内宮の「正宮」とされる場所は、天照大御神様が祀られている場所です。ここでは、日々の感謝を述べてお礼を伝えてください。そして、その近くにある荒祭宮(あらまつりのみや)に行って願いを述べましょう。ここには、天照大御神の荒御魂が祭られています。ちなみに、どこでも一緒ですが、参拝の際には最低でも住所と名前を最初に述べましょう。神様に自己紹介。どの世界でもいきなりお願い事では驚かれます。

若松屋のひりょうずは絶品です!

写真:西脇 聖

地図を見る

内宮の近くには、おかげ横丁などグルメを楽しめるスポットが多々あります。伊勢の名物である赤福や、伊勢うどんも人気ですが、私がいつも絶対に食べるくらいオススメなのが、若松屋のひりょうずです。練り物なんですが、たけのこや枝豆やにんじんなど野菜がたくさん入っていて、真ん中にうずらのゆで卵が入っています。揚げたてを歩きながら食べるのがポイントです。かなり熱いので食べる時に気をつけましょう!食べる前は、しっかり感謝してから口に運んでください。お伊勢参りは感謝の旅なのです。

伊勢の海産物は見逃せません!

写真:西脇 聖

地図を見る

内宮の近くでは、たくさんの海鮮を使った料理も楽しめます。伊勢えびが名産ですが、少し値段が高いと感じる人は伊勢えびコロッケ。また、美味しい干物の店もあって試食が楽しめたりします。また、これも必ず寄りたいのが、伊勢の海産物を焼いて食べさせてくれる鈴木水産。牡蠣やホタテなどをその場で焼いてくれて楽しめるのですが、最近では焼ウニが登場!濃厚で新鮮なウニを堪能できます。もちろん、お土産に新鮮な海産物を持って帰る事もできます。海の恵みをしっかり味わえるお店です。

お伊勢参りは、正しく・楽しく!

最近では、パワースポットブームで参拝ルールを勉強してから来る人も多いと言います。しかし、あまりそこに縛られず楽しく参拝しても良いとは思います。ただ、伊勢神宮がここまで大きく取り上げられているのは、それだけ神聖で厳格な場所であるからです。しっかりルールを守るところは守って正しい参拝をしてから、周辺の観光やグルメを楽しむのがオススメです。これから伊勢神宮を参拝する人も増えてくるでしょう。しっかり予習してから足を運ぶのもいいですね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/29 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ