お伊勢参りは、二見興玉神社に行くのが参拝のルール!

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

お伊勢参りは、二見興玉神社に行くのが参拝のルール!

お伊勢参りは、二見興玉神社に行くのが参拝のルール!

更新日:2013/10/08 16:22

葉山 花のプロフィール写真 葉山 花 フリーライター

2013年は、伊勢神宮の式年遷宮が話題になっていますが、参拝のルールがあるのをご存知ですか?昔から伊勢神宮に参拝する前には、二見浦で禊(みそぎ)を行うのが慣わしでした。つまり、二見興玉神社へ行ってから伊勢神宮の外宮、内宮とお参りするのが正式な「お伊勢参り」だと言われています。伊勢神宮に参拝するときは、是非この二見興玉神社を先に参拝して欲しいのです。そんな二見興玉神社の魅力をご紹介します!

海が広がる最高のロケーション!

写真:葉山 花

地図を見る

二見興玉神社は、海の側にある神社です。鳥居の前には海鮮が楽しめるお店や、その海で作った塩などが売られているお店も並んでいて海を楽しめるスポットでもあります。鳥居をくぐってから参道を歩くと、海風を心地良く感じながら歩く事ができます。右手には大きな海が広がり、最高のロケーションを楽しむ事ができます。波の音も心を落ち着かせてくれ、心も体も浄化してくれるような神聖な空気に包まれた場所です。晴れた日は、水面がキラキラして、とても綺麗な参道です。

境内にはカエルがいっぱい!

写真:葉山 花

二見興玉神社の参道には、多くのカエルの石像が置かれています。カエルはこの神社にとって大切な存在です。カエルはご祭神でもある猿田彦大神の神使とされています。「無事かえる」「貸した物がかえる」「若がえる」などのご神徳を受けた人がカエルの塑像を献納する事から神社の中にはたくさんのカエルがいるのです。猿田彦大神は天孫降臨の際に道案内をした神様でもあり、お伊勢参りが無事できるように道案内をしてくださる神様ともされているので、お伊勢参りの際は是非参拝しましょう!

願いを叶えてくれる満願蛙

写真:葉山 花

地図を見る

二見興玉神社の手水舎には、願いを叶えてくれるというカエルもしっかりいます。満願蛙です。神のご神示によって水の中にお鎮まりになったカエルに水をかけると、願いが叶うとの事。ここでよく目の前にあるカエルの像に水をかける人がいるのですが、それは間違い。満願蛙は水の中にいらっしゃいます。しっかりどのカエルか見てからかけましょう。きっと猿田彦大神様に願いを届けてくれるでしょう。できれば、お伊勢参りの無事を祈りたいですね。

「天の岩屋」がこんな所に!

写真:葉山 花

地図を見る

太陽の神、天照大御神がお隠れになったという天の岩屋。全国のいろんな場所に「天の岩屋」だとされる場所がありますが、ここにもあります。ここで祀られている神様は伊勢神宮の外宮にも祀られている豊受大神だとも言われています。内宮に祀られている天照大御神が隠れられた場所に豊受大神が祀られているというのにも、何だか関連性を感じて本当にここに隠れていたんじゃないかと想像が膨らみます。社の前には輪縄が置かれていて、これで体の悪いところをさすってお納めすると良いそうです。

夫婦岩の前で体を清めましょう!

写真:葉山 花

地図を見る

二見興玉神社の見どころといえば、何と言っても夫婦岩です。古来、伊勢神宮に参拝する人は、その前に二見浦で禊を行うのが慣わしでした。本当に禊に興味のある人は、毎月一度禊行を行っているそうなので、調べてみるのも良いかもしれません。でも、それが大変だと言う人には「無垢塩祓い」というのも受けられるのですが、 この大きな二つの岩の前で自身を清めるのも良いかもしれません。この夫婦岩の先には輿玉神石が沈んでいると言われています。輿玉神石は猿田彦大神縁りの霊石だと言われているのです。きっと伊勢神宮にお参りしても良いように身を清めてくれるでしょう。

お伊勢参りの前に行っておきたい場所!

二見興玉神社は、お伊勢参りの前の禊をする場所として有名でしたが、何よりも、お伊勢参りの案内人とも言える猿田彦大神や天の岩屋の存在を知った時に「絶対に伊勢神宮の前に参拝しておきたい場所だ!」と感じました。二見興玉神社から見える風景は、伊勢神宮を作った倭姫命があまりの美しさに二度景色を振り返ったと言われているところからこの「二見」という名前が付けられました。この場所に立って潮風を感じているだけでも、本当に身が清められる思いです。また、お伊勢参りはしなくても、何だか毎日忙しくて疲れを感じてしまっている人は、ご自身の身を清めるのに訪れてみても良いかもしれません。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/29 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ