都心のランドマーク群を一望!東京「世界貿易センタービル」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

都心のランドマーク群を一望!東京「世界貿易センタービル」

都心のランドマーク群を一望!東京「世界貿易センタービル」

更新日:2016/12/19 17:00

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

JR山手線や東京モノレールなどが乗り入れる浜松町駅には、隣接した形で「世界貿易センタービル」があります。最上階の54階には「シーサイドトップ」と呼ばれる展望台が存在し、東西南北の全方向を眺めることができるため、都心の夜景を手に取るかのような距離感で味わうことができます。また展望フロアーにはおしゃれなカップル用のベンチが設置されているため、週末の夜に大切な人と利用してみよう!

太陽が沈む西側には東京タワーと六本木ヒルズの共演が!

写真:木村 優光

地図を見る

展望フロアーに到着したら、まず最初は西側を見ることができるロビーへ向かいましょう。東京タワーと六本木ヒルズの共演を見ることができる方角が西になります。こちらは太陽が沈む方角のため、日没時刻は綺麗な夕焼けを見ることができます。

写真:木村 優光

地図を見る

太陽が沈んで30分が経過したあたり、西の空は非常に綺麗なカラーグラデーションと化します。そのような空の下、東京タワーや六本木ヒルズなどがライトアップされていく様子は、正真正銘の東京夜景!刻々と変わっていく夕景に思わず時間を忘れるほど!

それだけではありません。周囲を取り囲む光の海原は、夕景から夜景へと変わりゆく序章の始まり!徐々に明かりがつき始める都心の光景は本当に美しいものです。そして、遥か彼方には富士山のシルエットも浮かび上がります。

北側のロビーへ向かうと新橋や銀座方面の眩い夜景が!

写真:木村 優光

地図を見る

次は北側が見えるロビーにアクセスしてみましょう。こちらは都心でも光量が非常に多い有楽町や新橋、銀座などを眺めることができます。その中でもひときわネオンが多いエリアが見えますが、そちらが銀座になります。煌々たる光量につい目が行ってしまいますね。

そして真下を通過するJR各線を走る電車が光の線となって、行き来する姿は、動夜景の醍醐味!路線が多いため、1分おきにやってくる電車の本数の多さには圧倒されるでしょう。昼間もひっきりなしに電車が走ってくるので、電車好きのお子さんを連れて行くと喜ぶかもしれません。

また、銀座の手前の汐留周辺には、高層棟のオフィスがたくさんことがよくわかります。これぞ東京のオフィス街とも言えるべき光景です。

南側のロビーへ向かうと品川・芝浦方面の夜景が広がる!

写真:木村 優光

地図を見る

南側のロビーにもアクセスしてみましょう。こちらは都心でもベイエリアを望むことができ、はるか遠くにはレインボーブリッジのライトアップされる姿を眺めることができます。その根元周辺は、臨海副都心であるお台場で、こちらもネオンが煌々と点いています。

手前は田町や品川周辺で、特に品川駅周辺の高層ビル群は非常に迫力があります。現在自分が立っている、世界貿易センタービルより若干低いくらいのビルの多さには圧倒されます。

写真:木村 優光

地図を見る

また、東側のロビーにアクセスすると、こちらは汐留周辺の高層ビルに視界を奪われつつも、その隙間から竹芝や晴海、有明方面のベイエリア夜景を見ることができます。

ここで面白い現象がひとつ!手前にある、視界を遮っている高層ビルの側面が半ミラー状になっている関係で、周辺の夜景を写していることがわかります。これにより、ただでも眩しい夜景がさらに光量が多くなり、煌びやかで見ごたえのある夜景となっています。

展望フロアーはまるで高級ホテルの廊下のよう!

写真:木村 優光

地図を見る

世界貿易センタービルは眺めも非常に美しいですが、展望フロアーの雰囲気の良さもピカイチ!大人の雰囲気を十分に引き出した装飾で貴方を向かいいれてくれます。そして視界面のガラスのサイズが大きく、風景が非常に見やすくなっています。

夜景を見る時間帯になると、室内の照明が悪戯してガラス面に反射して、外の夜景が見にくい展望台がありますが、ここ「シーサイドトップ」では照明の角度を計算して、なるべくガラス面に照明が当たらない構造になっているんですよ。

写真:木村 優光

そして、北側にはカップル専用のベンチがたくさん設置されています。向かい合いながら夜景を楽しむことができるなんて、ラブラブの二人には最高のシチュエーションですよね!このようなおもてなしも、「シーサイドトップ」ならでは!

なお、「世界貿易センタービル」は略して「WTC」と称され、「ワールドトレードセンター」の頭文字をとって略したものです。内部は中層階のほとんどは企業オフィスとなっていて、下層にはショップ、展望フロアーの下には結婚式場が入っています。

「世界貿易センタービル」は都心という立地から・・・

「世界貿易センタービル」は都心でも中心に近い浜松町に位置することから、観光スポットは山ほど!特に東京タワーや芝公園は側近です。そしてショッピングであれば銀座、有楽町など、食事であれば新橋など、付近でほとんど済ますことができてしまいます。

なお、東京タワーは曜日や日にちによってさまざまなライトアップが施されるため、訪問する日のライトアップ情報を東京タワーのウェブサイトで確認するとよいでしょう。いつもとは違った東京タワーのライトアップを、「世界貿易センタービルシーサイドトップ」から見るのもオススメです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/08/28 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ