2時間で秀麗富士と360°のパノラマ!山梨・初狩「高川山」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

2時間で秀麗富士と360°のパノラマ!山梨・初狩「高川山」

2時間で秀麗富士と360°のパノラマ!山梨・初狩「高川山」

更新日:2017/01/12 17:54

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 フリーライター、カメラマン

山梨県・JR初狩駅から登る高川山(たかがわやま)976mは山頂からのパノラマが見事!2時間足らずで到達する手軽さに加え、山梨県が選定する「秀麗富嶽12景」にも指定された美しい富士山が眺められます。また初狩駅付近には天然ヤマユリが群生する場所もあり季節を問わず見どころ満載です。山里の風情たっぷりの初狩駅から目指す高川山お手軽ハイキングを記事内では動画でも紹介しています。

- PR -

山本周五郎生誕の地、JR初狩駅からスタート!初夏の駅付近にはヤマユリ増殖地も

山本周五郎生誕の地、JR初狩駅からスタート!初夏の駅付近にはヤマユリ増殖地も

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山梨県の「高川山」への登山ルートはJR大月駅からと富士急行線の田野倉駅からに分けられますが、お勧めはJR初狩駅からアクセスするものです。こちらからのアクセスなら初心者でも約2時間ほどで山頂まで行ける上に、JR初狩駅付近には天然ヤマユリの増殖地があり、7月上旬から大きな花弁を沿線に向けて咲かせています。

駅のホームからも見ることが出来ますが、高川山のルートに入る前に沿線へ赴き、ぜひ大きなヤマユリの姿を眺めてはいかがでしょうか。梅雨時期なら沢山のあじさいも咲くなど、ルート沿いは四季を感じさせる素敵な印象です。初狩は文豪「山本周五郎」の生誕地で、彼の作品にも高川山の沢の風情が書き留められているほど山里の風情たっぷりの地域です。

地域のボランティアが丁寧に整備している「ヤマユリ増殖地」。素晴らしい竹林の間に佐久ヤマユリの姿は必見!二週間ほどはヤマユリの姿を見られますが、その前にはアジサイなども咲きます。

山本周五郎生誕の地、JR初狩駅からスタート!初夏の駅付近にはヤマユリ増殖地も

写真:佐久田 隆司

JR初狩駅はひっそりとした無人駅。簡易スイカ設備が用意されています。駅前はのどかな風情が漂い、「高川山」へは駅を背にして右方向へ足を進め、鉄道のガードをくぐって山側に向かいます。

高川山へはしっかりした靴を用意!動画で確認

動画:佐久田 隆司

地図を見る

高川山の標高は976mありますが、JR初狩駅周辺が400m以上あるので、登りおおよそ2時間ほどで山頂までたどり着けます。森閑とした樹林帯ルートを一気に登っていくので、それなりに体力を使いますが、途中「男坂」「女坂」を選べるなど登山スキルに応じたルートも用意されています。大げさな装備は必要ありませんが、靴だけはアウトドア向けを用意するのがいいでしょう。さらにストックなどがあればなおさら安心して楽しめます。

山梨県は山岳地帯が多く熊の出没が懸念されますが、熊鈴や鳴り物を持参して自分の存在を誇示しながら登ればクマと遭遇することもないでしょう。静寂な森だけに静かに登りたいところですが、その点は注意しましょう。JR初狩駅周辺や高川山の様子を4K動画に収めてあります。ぜひご覧ください。

※スマホや環境の整っていないPC等では画質を1080,720等に落としてご覧ください。それでも十分美しい映像がご覧になれます。

高川山へはしっかりした靴を用意!動画で確認

写真:佐久田 隆司

登山口には最初で最後の簡易トイレがあるので、必ず済ませておきましょう。そこから高川山山頂までの登りが始まります。途中、男坂と女坂に分かれますが、体力に合わせてチョイスするのがいいでしょう。男坂は勾配がかなりきついですが、女坂はそこまでないまでもで距離が長くなっています。

秀麗富嶽十二景!山頂からの眺めは360°見渡す素晴らしさ

秀麗富嶽十二景!山頂からの眺めは360°見渡す素晴らしさ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

それまでの森が開けたら山頂に到着です。山梨県が選定する秀麗富嶽十二景の第十一番目の富士山が独特の構図で目に入るでしょう。山梨県は日本一富士山が美しく見える県として訴求していますが、まさに山々に囲まれながら富士山が裾野まで眺められる場所も珍しく、三つ峠山などの1700m級の山稜が眼前に迫る迫力は高川山山頂ならでは!

高川山の山頂標識に記載されているQRコードをスマホなどで読めば、ご褒美富士山画像もゲットできます。

秀麗富嶽十二景!山頂からの眺めは360°見渡す素晴らしさ

写真:佐久田 隆司

高川山山頂からは、遠くアルプスまでも眺められます。天候のよい日には素晴らしい景観が楽しめるでしょう。

昼食には最適な広さと眺望!

昼食には最適な広さと眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

高川山は単独峰ですので、他のピークはありません。さらに樹林帯も多く昼食にするなら山頂が最適でしょう。近隣に人気の山が多数あることや富士山に近いことなどから登山者の姿はあまり多くありません。その分山頂を独り占めできる確率も高くなります。

天候の急変には気を付けなくてはいけませんが、折り返してもさほど時間はかからずその点も初心者には安心でしょう。登山口には簡易トイレも用意されているので、女性の方も安心して山頂を目指せます。

昼食には最適な広さと眺望!

写真:佐久田 隆司

リニア新幹線の試験線が高川山の山腹を通っています。タイミングが良ければリニア新幹線の姿を眺められるかもしれません。

下山は大月駅方面や田野倉駅方面へ

下山は大月駅方面や田野倉駅方面へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

下山は初狩駅に戻るより、むすび山を縦走するJR大月駅方面、反対方面へ下る田野倉駅などのルートが一般的です。中でもむすび山経由の大月駅方面は稜線を行くすがすがしいもので、ルート上も迷う場所もなくお勧めです。途中の分岐から花咲市道方面へ左折すると「大月市総合福祉センター」で温泉に浸かって帰ることも可能です。料金も割安で汗を流すには最適です。

※写真はむすびやま山頂からの大月方面

下山は大月駅方面や田野倉駅方面へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

「大月市総合福祉センター」は地域の方向けに開放されている施設ですが、登山客でも温かく迎えてくれます。ここの温泉は低料金で清潔感もあり高川山の帰りに寄るには最高の立地です。施設の目の前からJR大月駅雪のバスも出ているので、湯ざめもせずに帰宅できるでしょう。

美しい富士山の姿を手軽に眺められる高川山

山頂までの標高差は約500mほど。これだけの登りで美しい富士山を眺められる高川山はひっそりとした穴場といえます。賑やかな山と違った静かなハイキングは日頃のストレスを解消するにも最高。近隣は草花が絶えることのない山里ののどかさを堪能できます。ぜひしっかり準備をしてあなたも山頂を目指してみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/24 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ