霧島で女性に人気の家族湯、そのワケは?「かれい川の湯」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

霧島で女性に人気の家族湯、そのワケは?「かれい川の湯」

霧島で女性に人気の家族湯、そのワケは?「かれい川の湯」

更新日:2013/10/03 17:37

六三四のプロフィール写真 六三四 日本旅のペンクラブ会員、3つ星温泉ソムリエ、温泉フリーライター

霧島市隼人町を流れる天降川(あもりがわ)。上流にはヤマセミやカワセミ、下流域にはサギなどの野鳥が多く生息する恵み豊かな川です。この川沿いにはいくつもの温泉地が点在し新川温泉や安楽温泉、妙見温泉など一般に新川渓谷温泉郷と呼ばれる温泉郷を形成しています。この天降川に並行して走る国道223号沿いにあるのが今回ご紹介する「かれい川の湯」。霧島で評判の家族湯は特に女性ファンが多いことで知られています。

落ち着いた雰囲気のロビー

写真:六三四

地図を見る

妙見温泉と日当山温泉、霧島を代表する温泉地のほぼ中間点に位置する「かれい川の湯」。名泉エリアにある家族湯は国道沿いの木製看板が目印。

「かれい川の湯」に入ってまず目を引くのがロビー。
白を基調としたおしゃれな空間はギャラリーとなっていて、地元の作家さんオリジナルの作品が展示販売されていました。可愛らしい小物やバックなどが並び女性には温泉以外の楽しみも味わえます。

これが女性に人気の理由

写真:六三四

地図を見る

受付を済ませ部屋の鍵と一緒に手渡されるのがお部屋ごとにこだわったスキンケア用品。
「かれい川の湯」は3タイプ18のお部屋があります。内風呂と露天風呂を備えたお部屋にはエッセンシャルオイルや植物の恵みたっぷりの化粧水、乳液など女性に嬉しいスキンケア用品。そして内風呂のみのお部屋には年齢や性別を問わず安心して使える無添加のスキンケア用品を無料で貸出してくれます。

こういうサービスは女性でなくともうれしいもの。
湯上りに使ってみると武骨な著者の肌もスル艶なお肌になり温泉との相性も考えられたチョイスなのだろうと感心させられました。

やすらぎタイプのお部屋「かわせみ」

写真:六三四

地図を見る

「かれい川の湯」は3タイプ18の部屋がありますが、今日は1室利用料90分3,500円の「かわせみ」のお部屋へ。
広々とした脱衣所には3畳の小上がり畳、大きな洗面台。もちろんトイレも完備。時間めいいっぱいゆっくり寛げる室内になっています。

こちらの浴室は2槽式の内湯で1つは水風呂となっています。都度入れ替えが出来るよう浴室入口の壁面のスイッチを押すと内湯に新鮮な湯が注がれます。

泉質はナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉。泉温49℃、pH7.3の中性。温泉の性状は無色透明、収れん味(渋み)、無臭。とろみやツルツルした肌触りではなくサッパリとした浴感です。

露天風呂で霧島の自然を満喫

写真:六三四

地図を見る

併設の露天風呂は岩風呂。こちらは常にかけ流しですので、すぐ温泉に入りたいという方は内湯が溜まるのを待つ間、こちらを利用するといいでしょう。

この日は暑かったためか湯量を程よく調整してあり、ぬるめの湯で気持ちよく入ることができました。

露天風呂は天降川に面しているので川のせせらぎと四季の風景、そしてやさしい風に癒されます。

ここのイチオシはこれ!

写真:六三四

地図を見る

「かわせみ」のお部屋イチオシは露天風呂からそのまま移れるウッドデッキ。つまり何も身にまとわず誰に気兼ねすることもなくマイナスイオンをたっぷり吸収!紅葉の美しさでも知られる天降川沿い。シーズンにはさらに素晴らしい景色も堪能できます。

こんなにも贅沢な造りの家族湯ですから、男女問わずきっと満足できる温泉ではないでしょうか。利用する人に喜ばれることにこだわったおもてなしと癒しを提供してくれる「かれい川の湯」。霧島で人気の家族湯という理由がわかっていただけたのではないでしょうか。

【施設名】かれい川の湯
【住 所】鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4471-2
【電 話】0995-54-6060
【泉 質】炭酸水素塩泉
【適応症】きり傷,やけど,慢性皮膚病など
【時 間】10:00〜24:00
【料 金】¥1,200〜¥3,500(1室60分と90分料金何名でも1室料金)

「かれい川の湯」おすすめ情報!

「かれい川の湯」には平日のおすすめプランがあります。
平日お一人で利用される場合は今回ご紹介した「かわせみ」のお部屋通常90分3,500円が2,000円、60分では1,750円。各3タイプのお部屋にそれぞれ割引サービスがありますので利用料金など詳しくは「かれい川の湯」公式HPをご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ