霧島の家族湯と聞かれたらココ鉄板です!「いやしの湯山翠」

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

霧島の家族湯と聞かれたらココ鉄板です!「いやしの湯山翠」

霧島の家族湯と聞かれたらココ鉄板です!「いやしの湯山翠」

更新日:2013/10/04 17:35

六三四のプロフィール写真 六三四 日本旅のペンクラブ会員、3つ星温泉ソムリエ、温泉フリーライター

鹿児島県の家族湯(貸切風呂)発祥の地、日当山温泉郷。低料金で家風呂感覚で利用できるものや、ちょっとした旅行気分を味わえる高級志向の家族湯などタイプも様々。家族湯激戦地区ともいえるこの地域で他店との明確な差別化を図り異彩を放つのが今回ご紹介する「いやしの湯山翠」。一歩足を踏み入れると時の流れが変わる・・・そんな感じのする温泉です。

老舗の温泉旅館の雰囲気

写真:六三四

地図を見る

霧島市国分中心部から北西に約5km。2010年にオープンした「山翠」。鹿児島空港から国分市街地に抜ける幹線道路県道2号沿いの立地。道路沿いの看板から少し入ると木々に彩られ老舗の和風旅館を彷彿させる受付棟が見えてきます。

長屋風の家族湯(1棟にこぢんまりとした家族湯が何部屋も)が多いこの地域で、「山翠」の重厚で落ち着いた外観、ワンランク上の趣ある雰囲気が訪れた人に極上のおもてなしを約束してくれます。

時間が仕上げさらに趣ある装いに

写真:六三四

地図を見る

受付を済ませいざ家族湯棟へ。

「山翠」は全9棟18部屋の家族湯があります。全室に内湯と趣向を凝らした露天風呂。部屋はすべて花木の名前がつけられ、さらに各部屋の露天風呂は部屋の名と同じ花木をイメージしたつくりとなっています。

飲泉場もある中庭を中心に家族湯棟が取り囲む敷地内。様々な植栽が施され、まるで山間のような雰囲気をかもしだしています。

オープン直後に訪問した時は植えられたばかりの木々はまだ若く、心もとない感じさえありました。しかし月日の流れとともに成長した木々は青々と生い茂り、今ではまるで別世界。これから先、この木々が「山翠」の歴史とともに時を重ね、折々に彩を添えてくれるでしょう。

贅沢な戸建の離れ「いろは紅葉」

写真:六三四

地図を見る

「山翠」と言えば離れ。家族湯棟は2部屋型のものや長屋タイプなど全部で9つありますが、うち2棟はプライベートを重視する戸建の離れ。贅沢なつくりで評判の高い家族湯です。

今回は「いろは紅葉」のお部屋をチョイス。
12畳ほどの広々とした和室。一枚物のテーブル、テレビ、マッサージチェアもあります。飲食物の持ち込みもでき、こんなに自由にくつろげる家族湯は鹿児島広しといえどもなかなかありません。

内湯の湯は完全入れ替え制

写真:六三四

地図を見る

「山翠」は全室内湯と露天風呂があり、内湯の湯は完全入れ替え制。利用者ごとに新鮮な湯が注がれ、足し水もできますから好みにあった温度でたのしむ事ができます。優しいなめらかな肌触りの湯は、心も体も癒してくれます。

「山翠」は全室にアメニティ(ボディソープ、シャンプー、リンス)も完備。
脱衣所洗面台にはコラーゲン配合スキンローション、蜜馬油ボディミルクもあります。温泉の泉質は美肌の湯と呼ばれる炭酸水素塩泉。皮膚の表面を乳化させ肌表面をきれいにしてくれる別名クレンジングの湯。ただし浴後は水分が抜ける湯でもありますのでクレンジング効果の後は保湿が肝心。ローションやボディミルクでしっかり潤いを与えられるよう配慮され、まさにいたれりつくせり。

なんといっても露天風呂!

写真:六三四

地図を見る

「山翠」の魅力は何といっても露天風呂。
今回のお部屋にはうたせ湯がありました。家族湯にうたせ湯があるとはさすがに驚きです。

こんな素敵な風呂のあるお部屋泊まりたい!と感じる人も少なくないはず。しかし「山翠」は立ち寄りのみの家族湯。利用時間は1時間を基本としていますが、受付時に延長時間を伝えれば営業時間内なら何時間でも滞在できます(来店受付時のみ対応、要別途料金)。

日常の喧騒を離れ日帰り立ち寄り入浴で、ちょっと贅沢な立ち寄り入浴でリフレッシュ。
ご家族、気の合う仲間、恋人同士でのんびりとした時間をお過ごし下さい。

【施設名】いやしの湯 山翠
【住 所】鹿児島県霧島市国分剣之宇都町207-1
【電 話】0995-45-2226
【泉 質】炭酸水素塩泉
【適応症】きり傷,やけど,慢性皮膚病など
【時 間】10:00〜25:00
【料 金】¥1,800〜¥3,500(1室1時間4名料金)

「山翠」おすすめ情報!

「山翠」の料金設定は通常1部屋1時間での利用が原則ですが平日限定で30分の延長無料サービスを行っています。のんびりとした時間を大切な方とゆっくり。お時間がある方は平日がおすすめです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ