京都・蓮の名所「法金剛院」で早朝から極楽浄土へ!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

京都・蓮の名所「法金剛院」で早朝から極楽浄土へ!

京都・蓮の名所「法金剛院」で早朝から極楽浄土へ!

更新日:2017/07/04 18:48

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都で蓮の名所として名高いのは「法金剛院」です。7月から8月にかけて、約90種類もの蓮が境内に所狭しと咲き、さながら極楽浄土のような光景が広がります。蓮は早朝に美しく咲くため、見頃の期間中は午前7時から開門!しかし、早朝でもあるにも関わらず多くの観蓮客で集まる蓮の名所なのです。

- PR -

蓮の名所「法金剛院」は早朝に訪ねたい寺「?

蓮の名所「法金剛院」は早朝に訪ねたい寺「?

写真:bow

地図を見る

京都は夏になると盆地特有の酷暑に見舞われることで有名。連日うだるような暑さが続く京都ではありますが、夏ならではの楽しみもあります。その一つは「法金剛院」の蓮です。

「法金剛院」は関西花の寺二十五ヶ所の十三番目の霊場でもあり、周辺の地名である「花園」の由来ともなっている由緒ある寺院。春の桜、初夏のアジサイや花菖蒲も見事ですが、やはり「蓮の寺」の別名にもあるとおり蓮が一番有名です。

蓮の寺「法金剛院」の見事な蓮

蓮の寺「法金剛院」の見事な蓮

写真:bow

地図を見る

蓮は午前中の早い時間帯に咲く花。蓮が見頃を迎える例年7月上旬から8月上旬にかけては「観蓮会(かんれんえ)」と銘打ち、「法金剛院」はなんと早朝7:00に開門!夏の涼やかな時間帯に蓮を愛でようと多くの観光客がやってくるのです。

「法金剛院」は平安時代の右大臣清原夏野が山荘を寺に改めたことが起源。その後、鳥羽天皇の中宮待賢門院が都の西方に位置するこの地に極楽浄土を求めて伽藍を建立し「法金剛院」とその名を改めたのです。

そんな「法金剛院」の蓮が咲き乱れる様子はまさに極楽浄土さながら。時を忘れて見入ってしまう光景が広がります。

「法金剛院」の池を埋め尽くす蓮

「法金剛院」の池を埋め尽くす蓮

写真:bow

地図を見る

丸太町通りという幹線道路に面した「法金剛院」ですが、小さな門構えとは裏腹に一歩境内に入ればなかなか広大な敷地を誇ります。その境内の大部分を占めるのが「苑池」と呼ばれる大きな池がシンボルの「池泉廻遊式浄土庭園」で、夏になると池の水面が見えない程に生育した蓮たちに覆われます。

数少ない平安時代作とされる庭園は特別名勝にも指定されていて、「青女の滝」と呼ばれる巨石を並べた人工の滝は日本でも最古のものとされる貴重な遺構が残る庭園でもあるのです。

おさえておきたい蓮の観賞ポイント

おさえておきたい蓮の観賞ポイント

写真:bow

地図を見る

蓮の花に関しては、かなり特徴的な咲き方をしますのでここで一つお勉強を。蓮の花の観賞に適した時間は早朝7:00〜9:00頃とされています。午後になると美しい状態を見ることはほぼできないとお考えください。

そして、花の命はなんとわずか4日間!開花初日は小さく、まるでお猪口のように咲き、再びつぼみの状態に。2日目には満開となり、もっとも美しく咲きます。そしてまたつぼみに戻り、3日目も2日目と同じく咲きますが、やや花の色は退色していきます。4日目も早朝から同じように咲くものの、昼ごろには全ての花弁が散ってしまうのです。

つまり、蓮の花を美しい状態で見るということはそれほど簡単ではないということがご理解いただけるでしょう。そんなはかなさと、泥水の中から美しく大輪の花を咲かせるということが仏教の教えと一致することから、蓮は仏教の象徴的な花としても知られます。

多種多様な蓮が咲く「法金剛院」は見頃が長い

多種多様な蓮が咲く「法金剛院」は見頃が長い

写真:bow

地図を見る

「法金剛院」は約90種類もの蓮があるとされ、回遊式庭園以外にも蓮の鉢が境内の至る所にズラリと並べられています。種類によって咲く時期も異なりますので「観蓮会」の開催中ならばいつでも蓮の花を見ることができるのは嬉しいところです。

極楽浄土には、青、黄、赤、白色の蓮の花が咲いているというといわれ、ここ「法金剛院」にも極楽浄土と同じ、色とりどりの蓮の花が咲いています。そんな蓮を楽しめるのはひと夏の限られた時間だけ。雨粒を集めた水滴が蓮の葉の上に貯まる姿も清涼感が漂い、夏の朝にピッタリです!

早起きは三文の得!「法金剛院」で蓮を愛でよう

「法金剛院」へのアクセスはJR嵯峨野山陰線「花園駅」下車徒歩3分。駐車場があるので車でのアクセスも可能です。2017年度の「観蓮会」は7月8日〜7月30日まで、拝観料は500円となっています。

ズッシリと重厚感にあふれる大輪の花を咲かせる蓮。しかし、間近で見ればその繊細さや、透明感のある美しさに気付くことでしょう。夏の朝、いつもより少し早起きをして蓮を愛でてみてはいかがでしょうか?

また、「法金剛院」は京都十三仏霊場の十番目の霊場でもあり、重要文化財の阿弥陀如来像は見応えのある名仏です。他にも素晴らしい仏像が並んでいますので時間が許すならばぜひご参拝を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ